• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
tkmstyle tkmstyle 労災上乗せ保険

2018/11/18 リンク

hiroaki0120 hiroaki0120 労災上乗せ保険,補償内容,必要性

2018/11/18 リンク

    関連記事

    労災上乗せ保険とは|補償内容・必要性などわかりやすく解説

    経営者にとって従業員けがをする、病気になるといった事は大きな悩みの種です。通勤・退勤中の交通事...

    ブックマークしたユーザー

    • ing-hoken2019/01/24 ing-hoken
    • tkmstyle2018/11/18 tkmstyle
    • hiroaki01202018/11/18 hiroaki0120
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 政治と経済

    新着記事 - 政治と経済

    同じサイトの新着

    • 建設工事保険の比較、見直しのすすめ | 法人保険ラボ

      4 usershoujinhoken-labo.com

      一般的に保険は常に見直しが必要と言われますが、建設工事保険も見直しが必要でしょうか?保険会社による違いはあるのでしょうか?余分な保険料を支払わないために、見直すポイントを確認しましょう。 1.保険会社による商品内容の違いは? 保険会社による保険料の差はそれほどありません。したがって、個別工事の受注の度に、競争見積もりを行う必要はそれほど感じられません。ただし、事業実績の推移が保険契約にも影響するため、より効率的な保険転嫁のために、見直すポイントはあります。 2.見直しのポイント 経営事項審査の結果評点の変化による保険料割引適用の可否を確認することです。年に1回、評点結果判明時に確認することで良いでしょう。 大規模工事(例:建設工事保険料が100万円以上)の場合、保険会社によって保険料差が出てくる可能性がありますので、競争見積もりをとってみる価値があります。 年間包括契約を締結している場合、
    • 建設工事保険で施工ミスは補償されるか | 法人保険ラボ

      4 usershoujinhoken-labo.com

      損害保険は、一般的に人為的な誤った行為を補償するケースは少なく、過失か重過失かの判定が問題となることもありますが、施工ミスは補償されるのでしょうか? 1.施工ミスは補償される 建設工事保険は作業員の故意、過失または作業遂行上の拙劣によって生じた損害を補償対象としているため、いわゆる「施工ミス」は補償対象となります。 ただし、工事現場責任者の故意、重過失、法令違反によって生じた損害は補償されません。 2.「施工ミス」を補償することに、モラルリスクはないのか 建設工事保険の保険契約者・被保険者は、建設事業者(建設会社)であり、建設事業者にとって作業員の施工ミス自体が業務遂行上のリスクと考えられます。施工ミスは人間の作業の精度によるもので、予測不可能であり、一定数は必ず起きるもので保険の基礎概念である「大数の法則」に合致すると考えられます。一方で工事現場責任は、建設事業者と一体の者と考えられ、そ
    • 建設工事保険の種類について | 法人保険ラボ

      5 usershoujinhoken-labo.com

      建設工事保険の加入について、その種類に選択肢はあるのでしょうか?建設工事保険は、請負契約に応じて、保険契約の内容はほとんど決定されますが、選択が必要な類型は概ね次の通りです。 1.普通契約 ごく一般的な契約であり、1工事ごとに請負契約書にそった契約で補償内容は予め決められた内容となります。 2.ワイド補償型 普通契約の補償内容に追加して水災(高潮、洪水、豪雨による土砂崩れ・落石など)と雪災(自然変象に伴う寒気、霜、氷または雪)による損害を特約条項で追加補償した契約内容となります。 3.個別工事契約と年間包括契約、どちらかを選択する 個別契約は工事請負契約ごとの契約です。これに対し、年間包括契約は1年間に請け負うすべての契約を包括的に補償する契約です。普通契約(個別契約)に対し、10%割引が適用されます。補償内容は、普通契約かワイド型のいずれかを選ぶことになります。なお、保険料は、年間に請負
    • 建設工事保険と火災保険の違いについて | 法人保険ラボ

      5 usershoujinhoken-labo.com

      建築中の建物は、火災保険と建設工事保険のどちらに加入すべきでしょうか?建設工事保険に加入する方が、補償される対象物、補償される事故の範囲は広がります。 1.建設工事保険は、工事工程の進捗に応じた補償が設計されている 建設工事保険はその名のとおり、建設工事中の工事物件を補償対象としていますが、建設目的物である建物のみならず、工事で付随して施工される設備なども補償対象となること、さらに設計ミスや作業ミスによる損害も補償することなど、建設工事現場に沿った保険設計となっています。一方で工事の補償対象物を火災保険で対応する場合、予め付随工事で成功される仮設物や設備について列挙・明記する必要があるなど、加入手続きが煩雑になり、実務上の不可を考えると選択の余地はありません。 さらに、設計ミスや作業ミスについては、そのミスよって発生した事故の形態により補償されるか明確でないなど、建設工事保険よりも補償面で

    持ち運べる工具箱誕生! LEDライトを搭載したポケットサイズのマルチツールキット - BiTool 2.0 Lit | GREEN FUNDING by T-SITE

    1 users https://greenfunding.jp/

    【日米野球】侍J初黒星も、カープ岡田1回三凡好ピッチング!菊池スタメン出場でタイムリー含むマルチヒット! : 鯉速@広島東洋カープまとめブログ

    1 users http://koisoku.ldblog.jp/