• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    階層ベイズモデルでサッカーチームの攻撃力と守備力を推定する【プレミアリーグ編】

    階層ベイズモデルを用いて、プレミアリーグの主要チームの攻撃力と守備力を時系列推定しました。 過去...

    ブックマークしたユーザー

    • fornext11192019/01/17 fornext1119
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - エンタメ

    新着記事 - エンタメ

    同じサイトの新着

    • プレミアリーグのチームごとの攻撃力・守備力を可視化する

      1 usersintrondatalab.com

      前回はポアソン回帰を使って、勝敗の予測をしました。 今回は回帰結果の係数を使って、チームごとの攻撃力・守備力の可視化を行いたいと思います。 前回、下記の式を使って、各係数の推定を行いました。 : 得点を推定したいチーム : 対戦相手 : ホームグラウンドか否か をあらわしていますので、 それぞれにつく係数は : 攻撃力 : 守備力 : ホームグラウンド効果 を意味します。 プレミアリーグ2014-2015シーズンの各チームの攻撃力・攻撃力 前回と同様プレミアリーグのデータを用いるのですが、2014-2015シーズンの前半(第1節 ~ 第19節)で計算しなおしました。 リーグ内の平均値を0とし、プロットすると下記のようになります。 攻撃も守備も優れるチーム : チェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスターユナイテッド、サウサンプトン 攻撃は優れるが、守備が劣るチーム : エバートン、(
    • ポアソン回帰を使ったサッカーの勝敗予測

      1 usersintrondatalab.com

      統計モデルを使ったサッカーの予測をしてみたいと思います。 今回はサッカーの得点数をポアソン分布へあてはめることで、 それぞれのチームが勝つ確率がどの程度あるのかを計算します。 ポアソン分布 サッカー試合の得点数はポアソン分布に従うと言われています。※1 ポアソン分布は、下記の式で定義される確率分布です。 Pは単位時間中に平均でλ回発生する事象がちょうどk回発生する確率で、 サッカーでいうと、「1試合という時間内」に「得点する」という事象が起こる回数の確率です。 1年間の地震の発生件数や台風の上陸件数、一定期間内の交通事故や火災の発生件数などのあてはめにも用いられています。 ポアソン分布にあてはめるにあたり、パラメータλを求める必要があります。 λは単位時間内の平均発生回数です。 しかし、サッカーの場合対戦相手等によって、平均発生回数(期待得点数)が異なることが想定できます。 例えば、柏レイ
    • サッカーの勝敗予測モデルをベイズモデル化する

      1 usersintrondatalab.com

    • Ruby + NokogiriでWebスクレイピング入門

      1 usersintrondatalab.com

      Webスクレイピングとは ※1 ウェブスクレイピング(Web scraping)とは、ウェブサイトから情報を抽出するコンピュータソフトウェア技術のこと。ウェブ・クローラー(Web crawler) あるいはウェブ・スパイダー(Web spider)とも呼ばれる。 Webサイト上のテキストデータを活用したいけど、APIやCSV等が提供されていないというケースは結構多いですよね。 今回はウェブサイトからテキストデータを取得する方法を紹介をしたいと思います。 RubyのNokogiriというライブラリを使います。 環境構築 構築環境はUbuntu 14.04です。 sudo apt-get update sudo apt-get install make ruby ruby-dev zlib1g-dev sudo gem install nokogiri

    ログイン - はてな

    1 users http://b.hatena.ne.jp/rii_092/

    「不公平」という思考は仕事が我慢大会になっているから出てくる - 脱社畜ブログ

    4 users http://dennou-kurage.hatenablog.com/