• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    成長する会社が会社のステージ/文化に合った採用ができない理由 – Isoparametric – Medium

    成長する会社会社ステージ文化に合った採用ができない理由だってエントリ記述した通り、面...

    ブックマークしたユーザー

    • hirogasa2017/11/06 hirogasa
    • nabinno2017/10/23 nabinno
    • uchidaryo182017/10/18 uchidaryo18
    • rAdio2017/10/18 rAdio
    • satosssi2017/10/17 satosssi
    • kuronat2017/10/17 kuronat
    • k12u2017/10/17 k12u
    • charleyMan2017/10/17 charleyMan
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 政治と経済

    新着記事 - 政治と経済

    同じサイトの新着

    • 2,646行もあるUE4のTArrayのヒミツ – Isoparametric – Medium

      3 usersmedium.com/@isoparametric

      2,646行もあるUE4のTArrayのヒミツということで、Unreal Engine 4 (UE4) Advent Calendar 2017、18日目ですので、唐突にUnreal Engine 4のTArrayの話をします。 TArrayは一言で言えば、Epic Games, Inc.が考えた最強の可変長配列です。 (誇張あり) そもそもC++で可変長配列を扱うならばstd::vectorを使うべきだ! そう主張する人もおられるでしょう。 確かにそういった主張は一理あるのですが、 (私もNintendoDSの開発ではstd::vectorを使っていましたが) ゲーム開発で求められる厳密なメモリ操作などをするには std::vectorでは不十分なケースが多いため、 速度とメモリを優先したい、 または本来セーフティではないが、どうしてもこの操作を行いたい、 という状況を求められる環境では
    • 私とお金の話 – Isoparametric – Medium

      131 usersmedium.com/@isoparametric

      私とお金の話はじめに私のお金の使い方は無茶苦茶です。 というか、今までまともにお金を管理したことはなかったという方が正しいですね。 贅沢三昧してきた、というのではなくて、お金についてきちんと考える機会がなかったのです。 そんな自分がお金の使い方を見直してみました、という話です。 そして、給与が年収162万から年収1,000万を超えるまでの簡単な軌跡でもあります。 (しかし、残念ながらこの方法は再現性がないので他の人には何の役にもたたないのです) 給与をあげる話とか、自慢したいという話ではないので落ち着いて聞いてほしいです。 色々な人の経験を聞く限り、給与というのはほぼほぼ選択と運とタイミングですので、給与が上がらない、正しく評価されてない、という人はまず転職(社内の異動でも可)を考えましょう。 他で通用するスキルが身についているかどうかは不断の努力次第ですので、それでもダメならあとは方法を
    • エンジニア採用面接の難しさ – Isoparametric – Medium

      55 usersmedium.com/@isoparametric

      エンジニア採用面接の難しさエンジニアを採用していく中で「採用面接」は非常に難しい問題と言える。 経験上、今までかなり多くの面接をこなしてきたが、未だに「完璧な面接」というものにはほど遠い。 60分といった短い時間でお互いを知るには時間が足りない。 また面接は「お見合い」であり、極々短い時間の間にお互いに「相手と結婚するか」を決めなければならない。 失敗するとお互い不幸なことになることが解っているのにもかかわらず。 ……とはいえ、数百回と繰り返してきた面接の中で見えたこともあり、それを書いていくようにする。 主にゲーム関連のエンジニアを対象にしてきたケースが多いが、領域としては、クライアント、サーバ、インフラと一通りの人を見ている。 担当したプロダクトに使われている技術をどれくらい理解しているかを尋ねる面接の質問において「職務経歴書」に記載されている技術の周辺をどれくらい理解しているかを問う
    • 成長期のベンチャーにおける採用の失敗 – Isoparametric – Medium

      214 usersmedium.com/@isoparametric

      成長期のベンチャーにおける採用の失敗2011年2月「任侠道」などのゲームがヒットし、売上が伴ってきたとき、それは終わらないマラソンが始まったことを意味していた。 そして、以後横展開した「道」シリーズがヒットを飛ばしていくために、様々な問題が噴出し始める時期である。 プロジェクトを広げようにも、どのプロジェクトも人が足らない。 加えてエンジニアだけではない「初期の頃のメンバー」が退職を重ねていく時期でもあった。 バックオフィスも開発も、見よう見まねでやっていたところに経験者が入ってきて、ポジションが入れ替わるようなことが頻繁に起きていた。 「自分の好きだったgumiは死んだ」というような事を言って辞めていく人たちもいた。 開発現場でも、のんびりと仲良く売れないゲームを運営していれば良い時代は終わってしまったのである。 「任侠道」が明確なヒットを飛ばしている傍らで、のびのび結果のでないプロジェ

    イッテQ 出川、驚異のメモリー不足で大暴走ww はじめてのおつかい inディズニーワールド | 動画で見る芸能速報ニュース

    0 users http://talentfavorite.net/

    Lottery Dominator System Review - Vestidos de Novia (Bodas) -

    1 users http://www.milevento.com/