• 人気のコメント(10)
  • 全てのコメント
tsutsumi154 tsutsumi154 やっぱりー俺はー

2018/06/26 リンク

aquos12345 aquos12345 ゲノムが鉄で出来たアイアンマンなのかな?

2018/06/26 リンク

monofreely monofreely 日本刀でしか倒せないモンスターが現れるかもしれないので技術は伝えていかなければならない

2018/06/26 リンク

masudatarou masudatarou 月二本も刀が売れるわけ無いだろ。。 海外に売れるんなら売ればいいと思うが 廃刀令と警察を廃止して 銃は規制するが刀は開放するとかw 現代のサラリーマンが刀を帯びてたら面白い事になりそうだw

2018/06/26 リンク

ninjaripaipan ninjaripaipan 阿修羅閃空

2018/06/26 リンク

peterpansyndrome peterpansyndrome 実物より大きく見えて光るもの。そういうものにわたしはなりたい

2018/01/09 リンク

versatile versatile ライスワーク=生活のために、ごはんを食べていくために働くこと ですよ。だからタイポじゃなさそうだ

2018/01/09 リンク

keitone keitone 正宗「ワイの打った刀が子孫を…?」

2018/01/09 リンク

sato0427 sato0427 興味津々の2歳かわいい

2018/01/09 リンク

mrwkn8832 mrwkn8832 トップ画像のデザインが変で思わず開いた

2018/01/09 リンク

maxk1 maxk1 長生きして引き継いでもらいたいのう『後継者問題は悩みだね。でも、この前娘の方の孫が来て、結構興味深々でさ。でも2歳なんだよ。早くしないとこっちは生きてないよって(笑)。』

2018/01/09 リンク

runeharst runeharst 武器には代わりない・・・とはいえ失われるには悲しい技術だと思う

2018/01/09 リンク

kohgethu kohgethu 美術品でない刀は「武器」で「凶器」だから、規制は致し方なし、なんだろね。なんとかして技術だけは遺したいものだけど、それもまた難しそうだ。

2018/01/09 リンク

yajicco yajicco 需要としては「終わっている」し、規制が満載な業界なので、産業としては破綻してるよなあ、としか

2018/01/09 リンク

munetak munetak 月2本作ってもいいものができるとは限らない。厳しいな。食べてくのは大変だわ。/かといって、廃れたら哀しいな。

2018/01/09 リンク

Iridium Iridium 鎌倉にあるんだ。今度鎌倉に行ったら寄ってみよう。 正宗工芸美術製作所 〒248-0012 神奈川県鎌倉市御成町13−29 https://goo.gl/maps/aVBpiA3sAK92

2018/01/08 リンク

gendou gendou 美術品か実用か? https://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/miuraakinari/entry-11397586373.html

2018/01/08 リンク

sbedit1234 sbedit1234 デオキシリボ核酸がなんだって?

2018/01/08 リンク

hogeai hogeai 24代目って凄く重い。鍛冶職人は日本では食っていけないのでアメリカに行く人が多いと聞いたことがある。100年後には、ロストテクノロジーになるのかなー。 / “名刀「正宗」のDNAを受け継ぐ山村綱廣さん(74歳) 「先祖

2018/01/08 リンク

ledsun ledsun これは原産地呼称制度でがっつり囲い込んで、海外で展示即売会したら、それなりの商売になるのでは?

2018/01/08 リンク

YukeSkywalker YukeSkywalker 利益になるようにしないと続かないし夢もないよな……

2018/01/08 リンク

jin294 jin294 いい話

2018/01/08 リンク

kingate kingate この記事とは関係ないがゼンカモンが職人を馬鹿にしたことは忘れてはならん。

2018/01/08 リンク

robot-san robot-san 刀を作るために利益になる仕事をキッチリやりましょうって話をしてるんで、文脈から見ても「ライスワーク」で正しいと思うけど。

2018/01/08 リンク

peketamin peketamin 食うのが大変そう…悲しい

2018/01/08 リンク

zund4 zund4 日本での作刀規制と輸出手続きの煩雑さからあまり日本刀ビジネスは奮って無いようだ。でも美術品としてのマーケットは海外にはありそうなので、適当な外国に工房を作り職人連れて行って打ってもらい、そこから輸出…

2018/01/08 リンク

soraboby soraboby “作刀は許可が必要で、刀匠のもとで連続して5年以上修業したうえで、…教育委員会の推薦を取り付け、…「美術刀剣製作技術保存研修」を受講し修了しなければ…。また、一人あたり月に2本までしか制作できない”ひえ

2018/01/08 リンク

mengold mengold いずれ滅びる業界なのかもね。

2018/01/08 リンク

nanohanakirei nanohanakirei 日本刀作るのにも国の許可が必要だったり、国家試験もあったりするんだ。初めて知った。国は日本古来の伝統のある技術を守るためにもう少しお金を出したほうがいい。老人に使うんじゃなくてさ...。

2018/01/08 リンク

ringomoon ringomoon 黒地に白字はよみにくいなぁ。しかも文字小さいし。

2018/01/08 リンク

    関連記事

    名刀「正宗」のDNAを受け継ぐ山村綱廣さん(74歳) 「先祖が確立した技術で最高の日本刀を完成させたい」

    洗練された曲線のフォルム、極限まで研ぎ澄まされた切れ味――世界でも類をみ ない美しい刃物日本刀」。...

    ブックマークしたユーザー

    • gagaganogan2018/06/27 gagaganogan
    • apapa55152018/06/27 apapa5515
    • hiratetsusaka2018/06/27 hiratetsusaka
    • hamayanaha2018/06/27 hamayanaha
    • smallpalace2018/06/27 smallpalace
    • Matoc2018/06/27 Matoc
    • m-a-r-i-matkaci2018/06/27 m-a-r-i-matkaci
    • paharoparo2018/06/27 paharoparo
    • atohiro2018/06/27 atohiro
    • kotaro07242018/06/27 kotaro0724
    • hiro777hiro562018/06/27 hiro777hiro56
    • togusa52018/06/27 togusa5
    • nowandzen2018/06/27 nowandzen
    • shigeleo2018/06/26 shigeleo
    • tsutsumi1542018/06/26 tsutsumi154
    • nrp62018/06/26 nrp6
    • aquos123452018/06/26 aquos12345
    • numa-ken2018/06/26 numa-ken
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 世の中

    新着記事 - 世の中

    同じサイトの新着

    • 日本が誇るレア技術!ダイヤモンドに次ぐカタさ「超硬合金」の金型量産で世界と闘う

      1 userswww.894651.com

      金属部品の加工になくてはならない工具「金型」。自動車や携帯電話、ペットボ トルなど、現代の生活で目にする製品のほとんどが金型をもとに生み出されています。一言で金型といってもその素材も種類も多種多様。製品の開発者が求める 金型を作るためには、長年にわたって培われた技術者のスキルが欠かせません。 しかし、事業者数は軒並み減少。1990年に1万3,115事業所あった国内の金型製造業は、25年後の2015年に は6,535事業所と、半数まで激減しています(経済産業省・工業統計データより)。そうした中、新たな技術を武器に勝負しているのが、東京鋲螺(びょう ら)工機株式会社。「超硬合金」を使った金型の量産に成功したことで、金型業界に新潮流を巻き起こした、知る人ぞ知る“小さな巨人”です。同社が手掛ける 金型について、そして日本のものづくりについて、高味寿光(こうみ・ひさみつ)社長に語っていただきました。
    • 安全靴はなんと3,000種類超え! ワーカーの足を守る「ミドリ安全」の開発にかけるプライド

      69 userswww.894651.com

      --そもそも、安全靴とはどのような靴のことを指しているのでしょうか? 重量物の落下などから足を守ることを目的にした「足部災害を予防するための靴」です。厳密には、「JIS(日本工業規格)」が定める規格をクリアした靴のこと。安全性と耐久性の試験を合格した、JIS合格品が「安全靴」と呼ばれます。 --安全靴の特長とは、どのようなものですか? 大きく分けると2つ、つま先部分に「先芯(さきしん)」がついている点と、本革を使っている点です。 --「先芯」、はじめて耳にしました。 これは、足指のガードのようなものです。いまは、樹脂がメインですが、安 全靴の普及初期は鉄製先芯が用いられていました。ただ、鉄製は頑丈ではあるのですが、つま先が重いとだんだん疲れてきて、午前中に何ともなかった段差で も、夕方になると引っかかって転ぶリスクが高まってしまいます。そうした課題もあって、一時期、軽量なアルミの先芯を採用
    • 全てのマンホールに出合いたい マンホーラー・白浜公平さんの果てしない旅

      52 userswww.894651.com

      街にはさまざまな工業製品がある。規格化され、量産されたそれらは同じように見えて、じつはモノによりデザインや用途がぜんぜん違っていたりする。 たとえばマンホール。蓋(ふた)に郷土の名産などが描かれた「ご当地マンホール」はよく知られているが、それ以外にも年代や製造元によってさまざまな意匠があるようだ。 そんなマンホール一つひとつの違い、味わい深さに魅せられたのがマニア歴20年の白浜公平さん。全国津々浦々、1万種類以上のマンホールをカメラに収めてきたというベテラン「マンホーラー」である。 今回は白浜さんと街中のマンホールを鑑賞しつつ、その多様性や味わい方について教えていただいた。 訪れたのは埼玉県川口市。JR川口駅前から徒歩10分圏内のエリアに、魅力的なマンホールが点在しているという。 「川口は鋳物産業で栄えた街で、今もマンホールを製造している昔ながらの工場があります。こちらのマンホールを見てく
    • 軍手と歩んで92年、日本のモノづくりを手元から支えてきた「おたふく手袋」の激アツな信念

      34 userswww.894651.com

      工場の作業現場から一般家庭まで広く使われている「軍手」。その軍手を作り続 けて92年の老舗企業が、大阪に本社を置く「おたふく手袋株式会社」です。一風変わった社名もさることながら、軍手というニッチな商材を扱うメーカーとし て存在感を発揮しています。そこで、軍手のアレコレや製造に掛ける熱いこだわり、キーマンとなる発明王との意外なつながり、そして新たな挑戦などについ て、マーケティング部の徳永智彦さんに聞きました。 --それにしても、ユニークな社名ですね。最初から、“おたふく”だったのでしょうか? 大正15年に、井戸端政一が個人企業として和歌山県海草郡下津町で作業手 袋の製造を始めたことが弊社の原点になります。それから25年後の昭和26年に「大洋手袋株式会社」を設立、昭和37年には本社を大阪市に移しました。社 名が「おたふく手袋株式会社」になったのは、昭和55年になります。 --“大洋”から“お

    https://vk.com/away.php?to=https%3a%2f%2fwww.google.com%2fmymaps%2fviewer%3fusp%3dsharing%26mid%3d1gj4F6r7IINpteC1nuZssL15KuZBzpEvk

    1 users http://skachat-zeskeipis-cherez-torrent-russkaia-versiia.com/

    猫ブログ 二匹の猫と徒然なるままに ゆずとカイ: ◇窓辺でうとうと

    0 users http://yuzuandkai.blogspot.jp/