• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
arvardan1984 arvardan1984 沼津に時々行くのだけど、ぬまっちゃは美味しいので毎回買っている。お茶の味がしっかりしている。

2019/01/11 リンク

K-Ono K-Ono えっこれリーダーがラブライバーになってしまうん?

2019/01/11 リンク

agrisearch agrisearch 沼津茶の「ぬまっちゃ」「ラブライブ!サンシャイン!!」

2019/01/11 リンク

    関連記事

    日本農業新聞 - 人気アニメコラボ効果 キャラ缶緑茶 販売6割増 1本3円を産地振興に 静岡・JAなんすん

    静岡県JAなんすんが販売する緑茶飲料ぬまっちゃ」の2018年4~11月の販売数量が、前年同期...

    ブックマークしたユーザー

    • arvardan19842019/01/11 arvardan1984
    • yasuhiro12122019/01/11 yasuhiro1212
    • K-Ono2019/01/11 K-Ono
    • agrisearch2019/01/11 agrisearch
    • craft_kim2019/01/11 craft_kim
    • TakamoriTarou2019/01/11 TakamoriTarou
    • yamifuu2019/01/11 yamifuu
    • Yoshikawa2019/01/11 Yoshikawa
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 政治と経済

    新着記事 - 政治と経済

    同じサイトの新着

    • 日本農業新聞 - 安藤なつさん(お笑い芸人) 親が作った野菜が原点 ドラマで農業応援したい

      1 userswww.agrinews.co.jp

      実家は東京郊外で、親は昔から畑を借りていろいろな野菜を作っています。25坪(82・5平方メートル)くらいですかね。子どもの頃よく連れていかれて、手伝った気がするんですよね。水を運んだりとか。 農薬を使わないんです、うちは。木酢液を使って地道に虫よけをしています。 夏ならクウシンサイ、ナス、トマト。10月になったらサトイモですね。皮ごとゆでる、きぬかつぎが大好きです。カボチャ、キャベツ、サツマイモ、タマネギ、紫ダイコン、ワサビあえにして食べるちっちゃいカブ、ニンニク、バジル……。うちは野菜を買うことはなかったんじゃないですか。 1人住まいをしてからは、実家から野菜が送られてきます。葉物はすぐ使わないといけないので、仕事場で皆さんに配ったりしています。今年はハクサイが50株くらい取れたといって、むちゃくちゃ送られてきました。漬物にしたり鍋にしたり。 だいたい高校生くらいになると、ジャンクフード
    • 日本農業新聞 - [未来人材]35歳。醸造も栽培も、風土生かして “地ワイン” に情熱 中子具紀さん 三重県名張市

      1 userswww.agrinews.co.jp

      三重県名張市の中子具紀さん(35)は、同市産のワイン造りに挑戦している。2018年に稼働した同市初のワイナリーで醸造を担当しながら、ワイン向けブドウを生産。同市はブドウ産地だが、ワイン向け品種の栽培はほとんどなかった。中子さんは「名張の風土を生かした、この地ならではのワインを造りたい」と奮闘する。 中子さんは大学卒業後、酒販売業者でワイン販売を担当。仕事で海外の生産者と交流するうちにのめり込み、10年には仕事を辞めてフランス、スペインに渡りワイン造りを修業した。その後、国内のワイナリーで経験を積んだ。 同市でのワイン造りは、特産のブドウで地域おこしを目指していた名張商工会議所などから話を持ち掛けられ開始。同会議所や地元企業などが出資した「國津果實酒醸造所」で醸造を担当する。畑の野生酵母で醸造し、糖や酸を加えず酸化防止剤も極力控えるこだわりで、ブドウ本来の持ち味を引き出す。 一方で生産者とし
    • 日本農業新聞 - 農産物輸出9000億円へ 18年 1兆円達成 現実味

      2 userswww.agrinews.co.jp

      2018年11月の農林水産物・食品の輸出額は852億円で、前年同月比9%(71億円)増だったことが農水省のまとめで分かった。農産物では年間を通じて需要がある牛肉、出荷シーズンに入った柿などで販売額が前年を超えた。9カ月連続で前年を上回り、年間で9000億円に達する勢い。政府が掲げる19年に輸出額1兆円という目標達成は現実味を帯びつつあるが、輸出額の伸びが農家所得の向上に結び付いているか検証も欠かせない。 農産物の輸出額は522億円で、前年同月比12%増だった。 品目別では、牛肉が27億円で39%増。最大の輸出先のカンボジアが8億円に上り、前年の2倍に増えた影響が大きい。昨年9月に輸入を解禁した台湾は3億円で、全体の1割以上を占める主要販売先国になっていることも追い風となった。 出荷シーズンを迎えた柿は29%増の1億円。年明けにかけて本格的な出荷が始まるイチゴも36%増の1億円だった。 林産
    • 日本農業新聞 - 和牛甲子園 飛騨高山(岐阜)2連覇 畜産GAP取り組み評価

      1 userswww.agrinews.co.jp

      JA全農は17、18の両日、東京都港区の東京都中央卸売市場食肉市場で高校生を対象にした和牛枝肉共励会「第2回和牛甲子園」を開いた。和牛肥育に励む全国11県23校から、黒毛和種28頭が集まった。肉質と日頃の取り組みが評価された岐阜県立飛騨高山高校が、総合部門の最優秀賞に輝いた。昨年に続いて2連覇を達成した。枝肉は昨年より5割高い1キロ5132円でせり落とされた。 こだわりの肥育方法などを評価する取組評価部門の最優秀賞は鹿児島県立市来農芸高校、肉質を評価する枝肉評価部門の最優秀賞は同県立曽於高校が輝いた。両部門の成績を合わせ、総合評価部門の最優秀賞を選んだ。 飛騨高山高校の出品は30カ月齢の雌牛。血統は、父「広茂清」、母の父「光平福」、母の母の父「護煕王」。自家産の子牛から肥育を手掛けた。等級格付けはA5で、BMS(脂肪交雑)ナンバーは12。審査員は「脂の質が抜群だった」と講評した。高校の肉牛

    加藤第2ハイツ,【仲介手数料半額~最大無料】 | 池袋駅中心の賃貸マンション

    1 users http://www.ietopia.jp/

    【人脈&学び&最新技術に触れる】2019年注目の広告・マーケティングイベント19選 | Web広告・マーケティング情報配信メディア「GRAB」

    15 users https://mag.ibis.gs/