• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
tyru tyru おおー良さそう。自分の記事のは(正規表現使ったり)大分カジュアルに書いてしまったのでこれに乗り換える手もあるかな。go-assets みたいにインメモリにすれば懸念してる速度も良くなりそうだし

2017/09/03 リンク

    関連記事

    SPA に特化した http.FileServer — KaoriYa

    SPA の紹介に特化した http.FileServer (http.Handler) を作っていたので紹介します。 Single Page Appl...

    ブックマークしたユーザー

    • kutakutatriangle2018/09/08 kutakutatriangle
    • tohu-soy2017/12/14 tohu-soy
    • kuyo2017/09/04 kuyo
    • kjw_junichi2017/09/04 kjw_junichi
    • yuanying2017/09/04 yuanying
    • mkt2017/09/04 mkt
    • sh199107112017/09/04 sh19910711
    • hide_o_552017/09/04 hide_o_55
    • Cliche2017/09/04 Cliche
    • deeeet2017/09/04 deeeet
    • juri0983562017/09/04 juri098356
    • tyru2017/09/03 tyru
    • pochi-mk2017/09/03 pochi-mk
    • matsuuZatsu2017/09/03 matsuuZatsu
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - テクノロジー

    新着記事 - テクノロジー

    同じサイトの新着

    • Golangでログを吐くコツ — KaoriYa

      81 userswww.kaoriya.net

      この記事は Go Advent Calendar 2018 の16日目の記事です。 Golangでプログラムを書く時にログを吐くの、どうしてますか? 本記事ではログを吐く際のコツというか気にして欲しい事項と、 なぜそうなるのかを解説していきます。 一概に「ログを吐く」と言っても、 ライブラリからログを吐く場合とアプリケーションから吐く場合では 相当に事情が異なります。 TL;DR ライブラリ(パッケージ)を書く時は… まずログを吐かないことを検討しましょう。 error で返してライブラリのユーザーにログへ吐かせるかどうかを選ばせましょう。 *log.Logger を使いましょう。 デフォルトは log.Printf に対して吐き(またはそれと同等のログを吐く)、 ライブラリユーザーの設定で任意の *log.Logger に切り替えられるようにしましょう。 自前の Logger インターフ
    • 鳩サブレーの食べ方講座 — KaoriYa

      1 userswww.kaoriya.net

      みなさんは鳩サブレー好きですか? 私は大好きです。あまりに好きすぎるので私の鳩サブレーの食べ方を披露しちゃいます。 いきなり袋を開けたりせずに、まずは食べやすい大きさに切断しましょう。 最初に首を折り…パキッ 次に胴体を縦に割って行きます。パキポキパキッ… それをこんどは横方向に、一口大くらいになるように砕いていきましょう。パキパキパキッ! これで下準備は終わりです。 あとは袋の左を空けまして、1カケラずつ美味しくいただきましょう。牛乳とあわせるととっても美味しいです。 袋内に残った細かいカケラも残さず食べましょう。机や服も汚れ無くて良い感じ! 鳩サブレ(゚Д゚ )ウマー
    • 設定ファイルとしての main.go — KaoriYa

      26 userswww.kaoriya.net

      「設定ファイルとしての main.go」というポリシーを解説し、 そのポリシーを適用した自作のツールカタログ koron/gtc の事例を紹介します。 この記事は Go Advent Calendar 2017 (その1) 10日めの参加記事です。 なお Go Advent Calendar 2017 はその4まであります。 設定ファイルとしての main.go golang を書かれる皆さんは、 golang でツールを書いた際にその設定ファイルはどうしているでしょうか? オーソドックスに JSON でしょうか? 可読性高く YAML? はたまた TOML でしょうか。 この記事では「設定ファイルとしての main.go」というポリシーを紹介します。 英語で書くと main.go as a configuration ですかね。 なので以下では仮に MaaC と表記します。 このポリシー
    • Vim の DirectX を速くした話 — KaoriYa

      39 userswww.kaoriya.net

      先日の記事 に書いたとおり Vim のカラー絵文字パッチにより、 DirectX (正確には DirectWrite) を用いた画面描画がめちゃくちゃ速くなりました。 その記事にはこんなことを書いていましたね。 そして僕は大きな間違いに気がついた。 詳細を説明はしませんが、一言で言えば「Vimは標準的なWin32アプリではない」 このあたりをちょっと詳細に説明してみようと思います。 なので Vim の話でありながらほとんど Windows の話になります。 しかも無駄に長くなりそうです。(実際なった) なおこの記事は Vim Advent Calendar 2017 3日めの参加記事です。 遅かった理由 速くなった理由を知るには、その前の遅かった理由を知る必要があるでしょう。 まずはそれを見ていきましょう。 DirectWrite には大きく分けて2つの描画方法があります。 GPUの性能を

    サラフェプラスの口コミ効果を徹底調査!ホットフラッシュにも効果あり?!

    1 users https://beauty-department.net/

    http://avtoportalrus.ru/ads/entry/Public-Schooled-Streaming-Gratis-dobladas-Pel%EDculas-pel%EDculas-gratis

    1 users http://avtoportalrus.ru/