• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    DjangoCongress JP 2018 開催 - python.jp

    2018年5月19日および20日東京で「DjangoCongress JP 2018」を開催します! DjangoCongress JP 2018はPy...

    ブックマークしたユーザー

    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • Cコンパイラのインストール - python.jp

      1 userswww.python.jp

      Pythonの拡張モジュールをインストールする際に、Cコンパイラが必要となる場合があります。WindowsではCコンパイラが添付されていないため、必要に応じて別途インストールします。 Python3.6の場合は、 https://www.visualstudio.com/ja/downloads より、 Build Tools for Visual Studio 2017 をダウンロードします。 ダウンロードしたインストーラを実行し、 Visual C++ Build Tools 2017 をチェックして インストール ボタンをクリックします。
    • macOS環境のPython - python.jp

      1 userswww.python.jp

      macOS Sierra では、Python 2.7 がインストールされています。しかし、Python 2.x はもう古いリリースで、あまり推奨できません。 また、そのままのmacOS環境では、他のライブラリを使用した拡張モジュールのインストールなどが難しくなるため、なんらかのパッケージマネージャを利用して、その管理下で Python 環境を整備することをおすすめします。 ここでは、代表的な macOS 用パッケージマネージャである Homebrew を使ってPython をインストールする手順を紹介します。 $ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)" ==> This script will install: /usr/local/
    • 仮想環境 - python.jp

      1 userswww.python.jp

      Python を使って開発や実験を行うときは、用途に応じて専用の実行環境を作成し、切り替えて使用するのが一般的です。こういった、一時的に作成する実行環境を、「仮想環境」 と言います。 仮想環境は、次のような目的で使われます。 システム全体で使うPython環境に影響を与えずにモジュールの追加・入れ替えをしたい。 同じモジュールの、複数のバージョンを使い分けたい。例えば、開発中のWebアプリケーション開発では、Webアプリケーションフレームワークとして Django の 1.10 を使い、新しいプロジェクトではバージョン 1.11 を使用したい場合など、簡単に切り替えられるようにしたい。 異なるバージョンの Python を使いたい。Python2 でしか利用できない、古いモジュールやアプリケーションを使用する場合、Python3.x と Python2.x を切り替えたい。 仮想環境には特
    • 環境構築ガイド - python.jp

      45 userswww.python.jp

      Windows macOS Ubuntu CentOS Fedora Anaconda

    https://www.prakard.com/viewtopic.php?f=1004&t=2178126

    1 users http://skachat-programmu-mobileuncle-tools-na-android-na-russkom.com/

    https://vk.com/away.php?to=http%3a%2f%2fyaplog.jp%2fdruroodalga%2farchive%2f41

    1 users http://skachat-dzhon-uik-2-hd.com/