• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    デバイス管理者の権限を狙うAndroid向けランサムウェア | スラド セキュリティ

    シマンテックが新しいAndroidランサムウェアの亜種を発見した。このランサムウェアには「Android.Lockdr...

    ブックマークしたユーザー

    • mjtai2016/02/05 mjtai
    • nextmedia2016/02/03 nextmedia
    • srad2016/02/02 srad
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 世の中

    新着記事 - 世の中

    同じサイトの新着

    • ドコモのオンラインショップで不正にiPhone Xが購入された事件、4人が逮捕される | スラド セキュリティ

      1 userssecurity.srad.jp

      今年8月、NTTドコモのオンラインショップに対する不正アクセスが発生し、その結果約1000台のiPhone Xが不正に購入される事件があったが、この事件に関わったとされる中国籍の男性4人が逮捕されたことが報じられている(朝日新聞、産経新聞)。 逮捕された4人は不正購入されたiPhoneをコンビニエンスストアで受け取っていたとのことで、罪状は窃盗容疑となっている。逮捕された4人のうち3人は中身は知らなかったなどとして容疑を否認している。4人が受け取ったとされているのは不正に購入されたiPhone Xのうち165台と見られている。 すべて読む | セキュリティセクション | 犯罪 | セキュリティ | NTT | 関連ストーリー: NTTドコモのオンラインショップに不正アクセス、約1000台のiPhone Xが不正に購入される 2018年08月17日 コンビニATMで偽造カードが一斉に使用され
    • ICチップ搭載クレカでも不正利用は止められない | スラド セキュリティ

      4 userssecurity.srad.jp

      米国では2015年からEMV規格のICチップ搭載のクレジットカードが提供され、クレジットカードの不正利用は終わるものと考えられていた。しかし、実際にはそうはならなかったようだ。 調査会社Gemini Advisoryによれば、この1年間で4580万件のクレジットカード情報が傍受やPOSを狙った攻撃によって盗まれており、盗まれたカード情報の90%(4160万件)はEMVチップを搭載したものだったそうだ。 EMV規格では、カード上のICチップと販売者のPOS端末との通信が暗号化されるため、本来であればこういった情報漏洩は減るはずだが、多くの加盟店がシステムを適切に構成できていないという問題があるという。そのため、スキミングでカード情報を盗んだり、専用ネットワークを攻撃するといった攻撃が可能になっているという。 レポートによると、大手企業はEMVシステムの実装を強化し始めたという。一方で中小企業
    • 米サイバー軍、民間企業とマルウェアサンプルを共有へ | スラド セキュリティ

      1 userssecurity.srad.jp

      taraiok曰く、オンライン脅威の予防や検出、そして対応などに対し、米軍の役割はますます重要となってきている。米サイバー軍司令部(USCYBERCOM)は、オンライン脅威への対応には民間部門の協力が必要であることを理解している。そのため、USCYBERCOMの下部組織として設立されたサイバー・ナショナル・ミッションフォース(CNMF)は、サイバーセキュリティ企業とマルウェアのサンプルを共有する方針を決めたという(米サイバー軍司令部、Forbes、ZDNet、Slashdot)。 CNMFは今週、Googleが所有するオンラインスキャンサービスであるVirusTotalに初のマルウェアサンプルをアップロードし共有を行った。共有するにも一般のサイトに上げれば問題が出るためだ。VirusTotalであれば、55種類もの検出エンジンを使用してファイルを同時にチェックしてくれるなどの機能がある。最
    • NICT、国内IPアドレスを対象としたポートスキャンを実施へ | スラド セキュリティ

      3 userssecurity.srad.jp

      今年1月、単純なパスワードが設定された機器への調査目的の不正アクセスを合法化する動きがあることが話題となったが、今年5月に国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)に対しこういったアクセスを認めるような法改正が行われ、11月1日に施行されたとのこと。これを受けてNICTが国内IPv4アドレスに対するポートスキャンを実施すると発表している(INTERNET Watch)。 ポートスキャン対象ポートはTCPの22番および23番、80番ポートなどとされている。また、ポートが開放されているIPアドレスに対しては返答などのバナー情報を収集するとのこと。まずは11月14日から来年1月末までに事前調査を行う予定で、事前調査ではNICTが利用している次の3つのアドレスからの発信が行われるとのこと。 210.150.186.238122.1.4.87 122.1.4.88 すべて読む | セキュリティセク

    “コンテンツなし!ソフトバンク iPhone6 16G MNP一括0円特価情報!” - お買い得アンテナ

    1 users http://sale.joyr.net/

    無理があると芦崎氏は言うタバコの嫌な臭いや: きっとどこぞのエロゲみたいに

    1 users http://shinkenkousaiogi.sblo.jp/