• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    22-01 会社名での自己紹介 - 通訳ガイド試験に合格しよう

    Q.日本人会社名で自己紹介するのはなぜか? キーワード 集団意識 groupism 所属している集団 what...

    ブックマークしたユーザー

    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 世の中

    新着記事 - 世の中

    同じサイトの新着

    • 113)13-02. スキーマ理論について - 英語勉強法・英語学習法相談室

      1 usersshakodance.com

      リスニングにしてもリーディングにしても、「自分にとって馴染みのあるトピックや内容は、馴染みのないものよりもはるかに理解しやすい」ということを裏付けた理論に「スキーマ理論」というのがあります。 この理論はもともと、ネイティブスピーカー用の読解のプロセス研究として始まったものですが、近年は第2言語習得にも応用されるようになってきました。 ここでは「英語教育現代キーワード事典」(安藤昭一編、増進堂)からスキーマ理論の項目の説明を引用してみたいと思います。 スキーマ理論 リーディング・コンプリヘンションは、読み手がテクスト(text)の活字から受動的に意味を汲み取る行為ではなく、スキーマ(Schema)と呼ばれる読み手の持つ先行知識(prior knowledge)とテクストの間の相互作用によって内容を再構築するプロセスとみる理論。 各個人の雑多な知識や経験はスキーマと呼ばれる数多くの構造的知識と
    • 117)17-03. 生徒と交換日記をする - 英語勉強法・英語学習法相談室

      1 usersshakodance.com

      私は手紙の形式で生徒と交換日記をしたことがあります。 まず生徒に英語の手紙の形式を教えます。 生徒はノートを用意してこのノートの上で毎時間先生に手紙を書きます。 手紙は Dear Miss Yamamoto のように始まります。私は生徒に書かせる英語は日記形式よりも手紙形式のもののほうが、生き生きしたものになって良いのではないかと思います。 教師は、この手紙に英語でコメントをつけて次の授業の時に生徒に返します。 私は生徒の英語はなおしません。ただ英語が間違えているとことに赤線をひいておいて、授業で赤線がひいてあるところは何か間違えているから考えてごらんと言っています。 クラスの中で生徒がよくまちがえる文をとりあげて、黒板に書きます。どこが間違えているでしょう?と生徒に考えさせてから、正しい英語を書いて、その場で生徒に覚えさせます。 ノートは次の時間まで返せませんから、2冊用意させると良いで
    • 135)35-05.リピーティングは最初は短い文で練習してください。 - 英語勉強法・英語学習法相談室

      1 usersshakodance.com

      Yさんの質問 いつも有意義なメールマガジンありがとうございます。質問があります。「リスニングセクションPART1のテクニック」というコーナーで紹介されていたリピーティングですが、これは短い長さの英文を一度全部聞いたあとに、同じ文章をリピートするという勉強法ですか?シャドウイングとは異なるのですよね? 私の回答 そうです。シャドウイングは英語を聞きながら、聞き終わる前に話し始め、話しながら、次の英語を理解する方法ですが、私の言っているのは短い文を全部聞いて、その後リピートする方法です。 Yさんの質問 私はNHKの「やさしいビジネス会話」(主に最初に単独で読まれる5つの文章)をリピーティングしたことがあるのですが、ナチュラルスピードの上私のレベル(TOEIC L330位)ではちょっと長いらしく満足にできたことがありません。 私の回答 「やさいいビジネス英語」の文はリピートするには長すぎて難しい
    • 102)2-2.読む、書くよりも、聞く、話すを先にする必要があるか? - 英語勉強法・英語学習法相談室

      1 usersshakodance.com

      Q.2 赤ちゃんが言葉を覚える際の順序は聞く→話す→読む→書くの順番で、大人が外国語を学ぶ際もやはりこの順番に行なうのが一番効率的ということはないでしょうか? 日本の英語教育はいきなり第三段階から始めるため、後で僕のような苦労を強いられるような気がします。 A.2 おっしゃっている通り「聞く」「話す」をまずやるべきだという教授法は多数あります。こうした教授法の方が主流といっていいとおもいます。 例としては日本の英語教授法に大きな影響を与えたパーマーのOral Method。これは私も属している語学教育研究所で多数の大学、高校、中学の英語の先生方によって教育現場への応用が研究されています。私は21世紀の日本の英語教育を変えていくのはこうした真摯な努力をされている先生方だと思います。 それから日本語をいっさい使わせないDirect Method。これはベルリッツで使われているので、ベルリッツメ

    地味な宇都宮大を「ブランド化」 栃木 - MSN産経ニュース

    3 users http://sankei.jp.msn.com/

    404 - Not Found|J:COM サポート

    1 users https://support.zaq.ne.jp/