• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
FeZn FeZn "攻撃の巧みな人は、敵はどこを守ったらよいかわからず、守備の巧みな人は、敵はどこを攻めたら良いのかわからない。微妙、微妙、最高の境地は何の形もない。神秘、神秘、最高の境地は何の音もない。"

2018/03/31 リンク

    関連記事

    ビジネスやスポーツで「勝ち」にこだわる漢(おとこ)なら、『孫子』の名言は押さえておこう

    ブックマークしたユーザー

    • FeZn2018/03/31 FeZn
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • 『嫌われる勇気』要約。アドラーは人間関係に疲れたら学べ

      1 usersshinyaowari.com

      人は誰でも変わりたいと思っています。でも変われない、と諦めてしまうことも多いです。それは自分の性格のせいかもしれないし、過去に起こった出来事のせいかもしれないし、もともと不幸な星の下に生まれたからかもしれない。しかし、心理学者のアドラーはこう言います、「人は変われる。誰でも幸せになれる。」 欧米では、フロイト、ユングと並んで有名な心理学者であるアドラー。日本ではあまり知られていませんでしたが、2013年にこの本が出てから一躍脚光を浴びることになりました。 本書は2人の登場人物の対話形式で進んでいきます。1人は「アドラー心理学を学んで満足な人生を歩んでいる哲人」であり、もう1人は「みんな嫌い、自分のことはもっと嫌い!な青年」。哲学者が青年に教えを教授する形を通して、アドラー心理学が紹介されていきます。 変われないのではなく、変わらない決心をしている 青年の主張はこうです。 人は変わることはで
    • ソクラテス式問答法をLINEぽく表示してみた

      1 usersshinyaowari.com

      「若者たちに議論をふっかけては惑わして、良からぬ道に導いている。」として死刑になった古代ギリシャの哲学者『ソクラテス』。 ソクラテスは人を説得する天才だった。ソクラテスと議論をすると必ず論破される。なのに悔しくない、ばかりか、自分の無知に気づかされて、より良い考えへの道を開いてくれる。 これがソクラテスの若者に支持された理由であり、世の権力者には恐れられ死刑にされた理由でもある。 ソクラテスは、どのような方法で議論に勝ったのだろうか。今回は、正しい議論の方法を、ソクラテス先生に学びたいと思う。 ソクラテス式問答法は「柔よく剛を制す」戦い方 普通、議論が白熱してくると、何が何でも相手を論破したくなる。しかしこれは水掛け論というやつで、続ければ続けるほど泥沼にハマり、結論が出ない。 デール・カーネギーはこう言った。 議論は、ほとんど例外なく、双方に、自説をますます正しいと確信させて終わるものだ
    • 情報整理のコツは見える化。見える化のコツは紙一枚にまとめること

      1 usersshinyaowari.com

      なかなか決断ができない。やることが多すぎて手に負えない。こういうときは、情報を整理すると、決断が早くなり、やるべきことの優先順位がつけられ、ついでにスピーチまでうまくなる。トヨタで取り入れられている方法を使って、問題を解決しよう。 情報社会になって、たくさんの情報を得ることが簡単になった。僕が子供のころはインターネットなんてなくて、わからないことがあれば人に聞くしかなかった。それにはとてつもない勇気を必要とした。 だから当時は、わからないことが出てくると「面倒な仕事が増えた」と感じた。わからないことを見つけた自分を後悔し、「聞くべきか、聞かないべきか」を真剣に悩んだ。そして「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という諺を頭の中で何度も唱えながら思い切って人に聞くか、あるいは「このくらい知らないでも人生になんの影響もない。」と屁理屈をこねて自分を納得させたか、あるいは知ったかぶった。 だからイ

    http://www.equilibriarte.net/profile/nicocimsre/blog/217100

    1 users http://uchebnik-pastukhov-if-pigunov-vv-konstruktsiia-vagonov.com/

    Live[-HD]*Man United vs Swansea City Live Stream Free Watch Premier League Football 2018 Online | Built In NYC

    1 users https://www.builtinnyc.com/