• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    注文書はこう書く! 書式とビジネス書式を習おう

    発注書と呼ぶこともある注文書の書き方ですが 基本的にどれも大きな違いはなく、必要事項を 書き込むだ...

    ブックマークしたユーザー

    • yasu7182009/10/16 yasu718
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • 報告書の書き方とポイント 書式とビジネス書式を習おう

      1 usersshosiki.seikathu.com

      ビジネスシーンで作成する機会が比較的多い 報告書は、その内容によって書式も全く異なり ます。 そのため、これ、といった書式は無く書類を 作成する上で特にこだわる必要もありません。 決まった書式が存在しないため、報告書は書店 などで市販されていないので、自ら作成することに なります。 もし、企業で報告書のテンプレート(雛形)が既に あるのなら、その書式にそって必要事項を埋めて 行けばよいでしょう。 もし、テンプレートが容易されていなければ自作 することになります。 ここではそれぞれの報告書の書式の共通している 記載事項について触れてみたいと思います。 見出しはまず「○○報告書」とし、何に関する 報告なのかを明示します。 次に、上司やクライアントなど報告する相手の 名前を記入します。 次に、日付と報告者である自分の名前、そして 名前の後ろに捺印を押します。 報告書の書式、はここまでになり、報告
    • 同意書はこう書く! 書式とビジネス書式を習おう

      1 usersshosiki.seikathu.com

      同意書、と言ってもその種類は実に様々。 よく耳にするものであれば ・交通事故の同意書 ・美容整形の同意書 ・バンジージャンプの同意書 ・輸血の同意書 ・未成年の携帯契約時の親の同意書 などなど。 同意書とは、読んで字のごとく「私は以下に書かれて いる内容に同意しています」ということを明確に意思 表示するための書類です。 さて、同意書の書式ですが前述通り同意書の種類は 非常に多く特にコレといった書式はありません。 というのも、自分と他者との間に交わされるなんらか の決め事に同意するのが同意書ですので、種類という よりはその決め事の数だけ書式が存在するといっても 良いでしょう。 ですので、 ・同意内容 ・自分の名前 ・捺印 ・作成日 などの最低限必要な事を書けばそれでOKです。 もし、自分で書く自信がないという場合は インターネット上には、書式テンプレート(雛形) サイトがいくつもありますから
    • 誓約書はこう書く! 書式とビジネス書式を習おう

      1 usersshosiki.seikathu.com

      「誓約書」とは、その名の通り何らかの事柄に ついて誓いを立てることを相手または第三者に 証明する書類です。 さて、誓約書の書式についてですが、記載する 誓約内容が非常に多岐に渡るためコレといった 書式はありません。 誓う内容と自身の名前、住所、捺印、相手の名前 などを書けばよいだけですが、不備などがあると 後々トラブルに発展しかねませんので、専門家で ある行政書士に依頼するのも方法の一つです。 インターネット上には、書式テンプレート(雛形) サイトがいくつもありますから、そこで公開され ている書式テンプレートを利用するのもよいで しょう。 ただ、注意しなければいけないのは、公開されて いる書式をそのまま使ってはいけないということ です。 誓約書はなんらかに対して誓いを立てる書類です ので、作成する人の数だけ内容が異なってきます。 書式テンプレートサイトでは、○○の場合、□□ の場合、と最も
    • 覚書(かくしょ)はこう書く! 書式とビジネス書式を習おう

      1 usersshosiki.seikathu.com

      覚書とは、契約書に似たようなもので自分と相手が 合意した内容が書かれた同一の書類2通のことで、 それぞれの書類にお互いの名前を記載、捺印し それぞれ所持する書類のことです。 一般的には、本格的に契約書を交わす前の合意書と して契約内容を確認するために作成する書類となって います。 また、契約内容を一部変更する場合や、契約書に 記載されない詳細な内容などもこの覚書に記載する ことになります。 覚書を作成する場合、気をつけなければいけないのは 契約書と同じようにきちんとした書式で作成する 必要があるということです。 覚書の具体的な書式ですが、まず契約を交わす再に 期日が設けられている場合はその期日を忘れずに 記載しておきましょう。 他には ・契約(合意)内容 ・契約条件 ・契約に関わる人の名前+住所 などがあります。 そして最後に、双方の確認、合意、承認の上で 覚書を2通作成し双方の署名捺印後

    夜明けの朱い空と澄んだ風

    1 users http://serenewing.blog78.fc2.com/

    Vimperator の導入を考えている人へ - orz blog

    184 users http://d.hatena.ne.jp/masa138/