• 人気のコメント(10)
  • 全てのコメント
nemotonemo nemotonemo “改善の最大のポイントは「やらないことを増やす」こと” “「最も少ない工数で、最大のインパクトを」”

2017/02/20 リンク

deokisikun deokisikun ニッポンのOMOTENASIが有効に働くのは、物量以上のペイがあったからで、赤字垂れ流しであれば、OMOTENASI習慣のままでいると疲弊していくよねと感じます。心情で下支えするにも限度があって最早メルトスルーなのだろう

2017/02/20 リンク

smilestyle55 smilestyle55 レポートを書いたときに、がっつりとした日本式のものを書いて提出した事がありました。それは没になりました。彼らによると「読むのに時間がかかるからシンプルなのを」とのことでした。

2017/02/18 リンク

travel_jarna travel_jarna 工数と成果 日本とアメリカの働き方

2017/02/17 リンク

fudafoota fudafoota "もっとも少ない工数で最大のインパクトを"

2017/02/15 リンク

fujita-w7 fujita-w7 改善の最大のポイントは「やらないことを増やす少ない工数で、最大のインパクト

2016/09/29 リンク

isrc isrc 結局のところ、彼らの生産性が良い大きな理由は、彼らがものすごい量のことをものすごい速さで効率的にやっているのではなく、物理的に「量」が少ないから/物量を減らして、本当の「実」をとる

2016/07/13 リンク

ariteku ariteku “自分の意志で「俺これやるわー」というノリでやるもので、KPIのみがあり、強制的にやらされることはない感じです。だから圧倒的にストレスがありません。”

2016/05/25 リンク

goodstoriez goodstoriez "彼らの生産性が良い大きな理由は、彼らがものすごい量のことをものすごい速さで効率的にやっているのではなく、物理的に「量」が少ないから"

2016/04/25 リンク

uhe_uhe_uhe uhe_uhe_uhe 確かに従来型SIの納品こそ献上の文化。読まれないドキュメントをせっせと作って、敢えて印刷してパイプファイルに閉じて『どうぞお納めください』と・・・

2016/04/13 リンク

galleon_blue galleon_blue そんなこと必要じゃないし求めてもいない、ってところか。少なく生産するほうが実用的だしラクではあるなぁ。

2016/04/09 リンク

itouhiro itouhiro 「生産性が良い理由は物理的に量が少ないから」「アジャイルのコンサル時代に学んだ改善の最大ポイント:やらないことを増やす」「外国人上司は私が工数を使うこと、休日も働くことを全くいいと思っていない」

2016/04/03 リンク

lore lore 最近、報告のための仕事が増えてきていてね……

2016/03/13 リンク

ledsun ledsun もしかして「その場で相談して決める会議」で「決めたことを承認してもらう会議」じゃないのかな?

2016/02/29 リンク

nilab nilab 日本と米国で異なる「想定する物量」がソフトウェア開発の生産性の違いを生む - メソッド屋のブログ

2016/02/27 リンク

ks0222 ks0222 これはいろいろ考えさせられる…「 改善の最大のポイントは「やらないことを増やす」こと」「ものすごい量のことをものすごい速さで効率的にやっているのではなく、物理的に「量」が少ないから」

2016/02/24 リンク

kz78 kz78 わかる。見積もりの打ち合わせにABCの3パターンの資料を用意して行ったら客が欲しいのはDだった…みたいな。客と3分ほど話せば枝を刈り込めるのに、なぜかすべてのパターンを想定した問答集を用意したがる。

2016/02/23 リンク

kasumani kasumani 日本と米国で異なる「想定する物量」がソフトウェア開発の生産性の違いを生む 私は米マイクロソフトの DevOps のインターナショナルチームに所属しています。ただ、住んでいるところは日本なので日本側のオペレーション

2016/02/22 リンク

papiro papiro 世の中は無駄で出来ている・・・と言ってる場合じゃないか

2016/02/22 リンク

uhiroid uhiroid 「結局のところ、彼らの生産性が良い大きな理由は、彼らがものすごい量のことをものすごい速さで効率的にやっているのではなく、物理的に「量」が少ないからということが大きいと思います」ふむふむ。

2016/02/22 リンク

animist animist おもしろそうな視点。

2016/02/22 リンク

amberjack115 amberjack115 “「偉い人」” これ本当駄目な文化だ

2016/02/21 リンク

mrbuffalo mrbuffalo 残念なことに、仕事を上司のためにやってる感は強い。仕事そのものよりも上司の顔色伺う傾向。

2016/02/21 リンク

blueribbon blueribbon ・改善の最大のポイントは「やらないことを増やす」こと ・「偉い人に献上する成果」を最大化する為、生産性を犠牲にしている ・「成果」につがならない無駄の積み重ねで、日本のソフトウェア産業は負けている

2016/02/21 リンク

testa021 testa021 ゼネコン構造が悪いと教わった

2016/02/21 リンク

a1ot a1ot 「改善の最大のポイントは『やらないことを増やす』こと。会議をやるときに準備はしない(させない)。その代わりに会議のその場で良い成果を出す。その『場』で成果を出すためには普段から実力をつけておくしかない

2016/02/20 リンク

natu3kan natu3kan 日本だからというより、現場責任者に裁量権がないいけてない会社全般が生産性が低いだけなんじゃ。裁量権がないから、何も問題が発生して無いのに他の人に許可とるための書類だけが増えて、無駄なアウトプットになる

2016/02/19 リンク

Yagokoro Yagokoro 日本の会社組織は全然現代のビジネス向きじゃない。硬直的なセクションや階層を作りすぎ。組織はもっとフラットかつオープンにしないと。

2016/02/19 リンク

karinkon karinkon 方向は間違いなくこれだ、と思う。「会議に集中する」という言葉ははずかしながら初めて聞いた。日本でも、プロがあつまっていればこれができる。そうでなければ曖昧模糊の意見交換会で終了する。

2016/02/19 リンク

surume000 surume000 ほぼ全面的に同意。でも会議は多少は事前準備したほうがいいと思う。チーム全体で最大限の効果を求めるのはその通りだと思う。あと、はてなキーワード邪魔だな

2016/02/19 リンク

    関連記事

    日本と米国で異なる「想定する物量」がソフトウェア開発の生産性の違いを生む - メソッド屋のブログ

    2016 - 02 - 15 日本と米国で異なる「想定する物量」がソフトウェア開発の生産性の違いを生む 私は米 マ...

    ブックマークしたユーザー

    • caffelover2017/08/29 caffelover
    • fal-works2017/07/15 fal-works
    • katsu_aniyan2017/07/03 katsu_aniyan
    • junjun5go2017/05/17 junjun5go
    • yuyhiraka2017/05/15 yuyhiraka
    • imoto-yuya-12342017/02/21 imoto-yuya-1234
    • o5o4-TK2017/02/21 o5o4-TK
    • seiyamaeda2017/02/21 seiyamaeda
    • ayurina2017/02/21 ayurina
    • nemotonemo2017/02/20 nemotonemo
    • deokisikun2017/02/20 deokisikun
    • Takapyon2017/02/20 Takapyon
    • mochizuki_p2017/02/20 mochizuki_p
    • chchannn2017/02/19 chchannn
    • maririzumu2017/02/18 maririzumu
    • haruchin-puripuri2017/02/18 haruchin-puripuri
    • smilestyle552017/02/18 smilestyle55
    • travel_jarna2017/02/17 travel_jarna
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    関連商品

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 政治と経済

    新着記事 - 政治と経済

    同じサイトの新着