• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
stangetz_1979252 stangetz_1979252 勉強法の本を読んで満足してしまうタイプ

2012/10/10 リンク

turione turione 勉強法を勉強 無意味な学習

2012/10/09 リンク

yakumaru0716 yakumaru0716 勉強法

2012/10/08 リンク

shiro_96 shiro_96 「超快速勉強法」がまだ8位に入っているなんて、うれしいことですね #hiden

2012/10/07 リンク

seikenn seikenn 勉強会等で使われた技術系の本のまとめかと思ったら、勉強法に関する本のまとめだった。

2012/10/07 リンク

quamaboco quamaboco Read Item By GoogleReader - 【勉強本】この1年で人気のあった勉強本20冊(第6回勉強本ランキング):マインドマップ的読書感想文

2012/10/06 リンク

shinnosukee shinnosukee 【勉強本】この1年で人気のあった勉強本20冊(第6回勉強本ランキング):マインドマップ的読書感想文

2012/10/06 リンク

QTL_chicken QTL_chicken この手の本は「勉強する対象を決める戦略」を扱った本と「知識を記憶するテクニック」を扱った本に大別することができるが、それぞれ2~5冊読めば充分。

2012/10/06 リンク

kirishima2813 kirishima2813 お薦め雑誌が、如何にも日本らしい。暗記と脳の活性化・・・。知識を貯め込む事は別に悪くないか、その知識をフルに応用できない教育を受けたので、「思考力」や「洞察力」が年々低下している現状。

2012/10/06 リンク

yasuhito yasuhito 【勉強本】この1年で人気のあった勉強本20冊(第6回勉強本ランキング):マインドマップ的読書感想文

2012/10/05 リンク

yukide yukide News

2012/10/05 リンク

tsk_ogswr tsk_ogswr ★【勉強本】この1年で人気のあった勉強本20冊(第6回勉強本ランキング)

2012/10/05 リンク

    関連記事

    【勉強本】この1年で人気のあった勉強本20冊(第6回勉強本ランキング):マインドマップ的読書感想文

    Studying / Aaron Jacobs 【本の概要】◆今日お送りするのは、「カテゴリ別売上ランキング」。 今回のカ...

    ブックマークしたユーザー

    • cedric0005182017/08/26 cedric000518
    • scie72852015/06/13 scie7285
    • hag120132013/03/18 hag12013
    • uluflu2012/12/12 uluflu
    • mwng2012/11/04 mwng
    • fff_time2012/10/29 fff_time
    • kazu_mori2012/10/22 kazu_mori
    • ahat19842012/10/15 ahat1984
    • sankaseki2012/10/15 sankaseki
    • nowengo20112012/10/15 nowengo2011
    • zhiopaki2012/10/14 zhiopaki
    • fujinos2112012/10/13 fujinos211
    • harax2012/10/12 harax
    • yore0122012/10/12 yore012
    • s0lti2262012/10/11 s0lti226
    • nostalvic102012/10/10 nostalvic10
    • stangetz_19792522012/10/10 stangetz_1979252
    • zyonnishi2012/10/09 zyonnishi
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    関連商品

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • 【幸福とは?】『実践・脳を活かす幸福学 無意識の力を伸ばす8つの講義』前野隆司:マインドマップ的読書感想文

      2 userssmoothfoxxx.livedoor.biz

      実践・脳を活かす幸福学 無意識の力を伸ばす8つの講義 【本の概要】◆今日ご紹介するのも、昨日に続いて「講談社キャンペーン」の中からの自己啓発書。 著者の前野さんは、「脳科学、ロボット学者から幸福学研究の第一人者となった」という変わった経歴の持ち主です。 アマゾンの内容紹介から。ポジティブ心理学をはじめ、今、世界の名門大学で研究されている幸福学。慶應義塾大大学院では著者の前野隆司氏を先頭に、日々実証を積み重ねています。幸せの4つの因子によってレジリエンス(折れない心)を高め、ストレスを低減するワークや、人間関係を改善するメタ認知イメージワーク、マインドフルネスなどの共同研究のほか、コーチング、U理論、仏教などの知見を集大成して、実践法を完成して1冊にまとめたのが本書です。 中古に送料を足すと定価を超えますから、セール期間内であればKindle版が900円以上お得となります! happines
    • 【未来予想図?】『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』河合雅司:マインドマップ的読書感想文

      8 userssmoothfoxxx.livedoor.biz

      未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書) 【本の概要】◆今日ご紹介するのは、昨日の「講談社キャンペーン」でも注目を集めていた1冊。 前作『未来の年表』が46万部超となった河合雅司さんの、待望の続編です。 アマゾンの内容紹介から。少子高齢社会のリアルな脅威は、何気ない日常にこそ潜んでいます。10年後、20年後、あなたの身に迫る事態を一覧にしました。今からあなたにできる「メニュー」8つも提案。 なお、中古が相変わらず定価以上のお値段ですから、Kindle版が500円弱、お得な計算です! Old couple / kayugee 【ポイント】■1.出生率は上がっても出生数は減る こうした数字のマジックは、前著『未来の年表』でも解き明かしたように、母親となり得る出産可能な年齢の女性数が、過去の少子化の影響で激減し始めたことで起きる。この点を理解せず、「少子化にストップをか
    • 【脳ネタ】『ブレインフィットネスバイブル 脳が冴え続ける最強メソッド』郄山雅行,杉浦理砂:マインドマップ的読書感想文

      1 userssmoothfoxxx.livedoor.biz

      ブレインフィットネスバイブル 脳が冴え続ける最強メソッド 【本の概要】◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも注目を集めていた1冊。 食事本や睡眠本は、今まで何冊もご紹介してきましたが、それらを特に「脳」に関連付けているのが、本書の特徴だと思います。 アマゾンの内容紹介から一部引用。やる気がおきない、アイディア枯渇、物忘れが増えた‥こんな不調は"脳の隠れ疲労"が大きな原因と言われている。急速なIT化を遂げた現代は脳を酷使する時代、脳の疲労を放置すれば、ビジネスの成果が上がらないだけでなく、いずれ認知症へと進行する危険が高まる。 本書では、他の臓器に比べ無頓着になりがちな脳のケアについて、最新脳科学に基づいたさまざなケア&トレーニングメソッドを、多くのエビデンスとともに紹介していく なお、私は「20%OFF」とお得なKindle版を読みました! Brain / TheDy
    • 【内向的?】『敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント』イルセ・サン:マインドマップ的読書感想文

      24 userssmoothfoxxx.livedoor.biz

      敏感な人や内向的な人が楽に生きるヒント 【本の概要】◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事の中でも、予想外に人気だった1冊。 前作『鈍感な世界に生きる 敏感な人たち』で、HSP(Highly Sensitive Person:敏感な人)の処世術を書いたイルセ・サン女史が、今回はより広範囲な方を対象にした内容に仕上げております。 アマゾンの内容紹介から一部引用。今の社会は、外向的で鈍感な人ばかりがうまく渡り歩き、内向的な人や敏感な人は損をしているように見えるかもしれません。しかし、自分の個性にきちんと向き合い、それを上手に生かすことができれば、敏感で内向的な自分のままで、じゅうぶんラクに生きていけるのです。 本書では、そのためのヒントをひとつひとつ具体的に、丁寧にお伝えしていきます。きっと、日々の生活で役立てていただけるはずです。 なお、中古には定価の倍値が付いていますから

    7184.3MHz: ROG Breaks i7-3770K World Records! - Republic of Gamers

    1 users https://rog.asus.com/

    「【尖閣国有化】中国、安倍“新政権”に期待 対日当局者「野田首相との交渉、意味なし」」:MSN産経ニュース

    2 users http://sankei.jp.msn.com/