• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
stray825 stray825 過払い金てこういうことか!

2011/02/17 リンク

    関連記事

    過払い金|大阪の弁護士法人SOLA 法律事務所(大阪弁護士会)

    上記フリーダイヤルが繋がりにくい場合には、06-6361-0808におかけください。 ご相談は、フリーダイヤ...

    ブックマークしたユーザー

    • stray8252011/02/17 stray825
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • オプション売り取引の危険性 | 弁護士法人SOLA 法律事務所(大阪弁護士会所属)

      1 userssola-lawyers.jp

      弁護士法人SOLA 法律事務所。大阪弁護士会所属。過払い・借金等、無料法律相談・土日のご相談、費用分割可能です。 皆さんは,金融商品の一つであるオプションについて,どのくらいご存知だろうか。 オプションとは,目的物を,一定期間後の満期日か,一定の条件が満たされた時点で特定の価格(権利行使価格)で買う,もしくは売る権利のことだ。買う権利のことを「コール・オプション」,売る権利のことを「プット・オプション」という。なお,権利の対価は「プレミアム」と呼ばれている。 今年の3月11日の東日本大震災の発生とそれに引き続く福島原発事故の影響で日経平均株価が急落したことによって,プット・オプションの売り取引で信じられない額の損失を出してしまった者が多数いるという。私の理解によれば,そのカラクリは以下のような感じだ。 プット・オプション取引における目的物(今回のは日経平均株価=日経225)の権利行使価格を
    • 弁護士法人SOLA 法律事務所(大阪弁護士会所属)

      1 userssola-lawyers.jp

      弁護士法人SOLA 法律事務所。大阪弁護士会所属。過払い・借金等、無料法律相談・土日のご相談、費用分割可能です。 所属している大阪弁護士会知的財産委員会でブロガー担当を拝命することになった。 大阪弁護士会WEBサイトの「読み物」の一つに,大阪弁護士会所属の弁護士が弁護士の日常を記載している「弁護士の放課後 ほないこか~(^o^)ノ」というブログがあるのだが,ブロガー担当に選ばれた弁護士が交代でコラムをアップすることによって運営されている。 ブログのテーマは問われておらず,業務外のこと,弁護士会のこと,委員会活動のこと,法律トピックなど,何でも書いて良いことになっている。 当事務所のブログでは法律コラム的な内容のものをアップしてきたが,大阪弁護士会のブログでは「弁護士の放課後」らしく,業務外の柔らかめの話題をアップしていきたいと考えているところで,さっそく「音楽鑑賞」と題して先日行ってきた「
    • 債務整理|大阪の弁護士法人SOLA 法律事務所(大阪弁護士会)

      1 userssola-lawyers.jp

      ※上記フリーダイヤルが繋がりにくい場合には、06-6361-0808におかけください。 ご相談は、フリーダイヤル(0120-34-0090)または、ご相談フォームから受け付けております。 債務整理について 債務整理のこと 借金が返済できなくて困っている・・・取り立てが厳しくて困っている・・・誰にも知られずに、借金のことをなんとかしたい・・・このように、借金に苦しんでいる方のために法的に借金を整理することで、状況を打破して平穏な生活を手に入れることが誰でも可能です。 一般的に言われているデメリットに関しては、債務整理の種類の詳細をご覧いただき、 分からないことがあればどのようなことでも弁護士にご相談ください。 弁護士への依頼メリット ・債権者(金融業者等)からの督促がストップします。 ・債務整理が完了するまで、債務者への返済は行う必要はありません。 ・債権者との交渉で、借金や利息の減額、過払
    • 刑事事件の弁護士|大阪の弁護士法人SOLA 法律事務所(大阪弁護士会)

      1 userssola-lawyers.jp

      ※上記フリーダイヤルが繋がりにくい場合には、06-6361-0808におかけください。 ご相談は、フリーダイヤル(0120-34-0090)または、ご相談フォームから受け付けております。 被害者が被害届を出す等して,捜査機関において犯罪があると思料した時,捜査が開始されます。 犯罪をしたのではないかと疑われ,捜査の対象となった時点でその人物は「被疑者」となります。 (報道等では「容疑者」という言葉が用いられていますが,法令用語としては「被疑者」が用いられます。) ② 逮捕 被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由があるとき(但し,逃亡する虞がなく,かつ,罪証を隠滅する虞がない等明らかに逮捕の必要性がないときを除く)逮捕されて最大72時間身体を拘束されます。 この間に,検察官が被疑者の拘束を続けるよう裁判官に請求するかどうかを決めます(勾留請求)。 ③ 勾留 裁判官が被疑者の言い分を聞

    商品募集中。JS/HTML5/コードのダウンロード販売を承ります MOONGIFT

    5 users https://www.moongift.jp/

    セフレを作ろう:事務局メールマガジン(20才)様からメールが届いています。

    1 users http://sexfriends.doorblog.jp/