• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    Song of Cloud: GWT2.0がリリースされましたが。。。

    2009年12月10日木曜日 GWT2.0リリースされましたが。。。 Google Web Toolkit 2.0リリースに伴ない...

    ブックマークしたユーザー

    • bojovs2009/12/11 bojovs
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    関連商品

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • Song of Cloud: テキスト部分一致検索(接尾辞の列挙)

      1 userssongofcloud.gluegent.com

      App Engineでテキスト部分一致検索を紹介してみようと思います。 とりあえず新しい発見があったので、あまり効率的でない「接尾辞の列挙」という方法で実現してみます。 なお、サンプルコードは全てSlim3 Datastoreとデータストア低レベルAPIを利用して書かれています。 今回のエントリの内容は開発サーバ(1.2.6)で正しく動かないようです。試してみる方は、デプロイすることをお勧めします。 前方一致検索 App Engineのデータストア上で検索を行う場合、インデックスの「レンジスキャン」という方法で目的のエンティティが探し出されます。 これは、データストア上にソートされたインデックスエントリの開始位置と終了位置を指定して、その範囲全体を抜き出すイメージです。 これをうまく利用すると、テキストの「前方一致検索」が実現できます。 テキストはUnicodeの辞書式順序でソートされてい
    • Song of Cloud: autoreleaseのタイミング

      1 userssongofcloud.gluegent.com

      前回のわたくしのNSIndexPathについてのポストで、autoreleaseだとメモリ圧迫しちゃうねぇなどと書きましたが。 Xcodeで自動で生成されるソースを見ると、main.mに int main(int argc, char *argv[]) { NSAutoreleasePool *pool = [[NSAutoreleasePool alloc] init]; int retVal = UIApplicationMain(argc, argv, nil, nil); [pool release]; return retVal; } などとありまして、ああautoreleaseにした奴はアプリケーションが終了するまでプールされっぱなしなのだな、これは気をつけなきゃいけないなと思っていたのですが。 敢えてautoreleaseにしてたオブジェクトが予期せぬタイミングで初期化されて
    • Song of Cloud: DataNucleus Enhancerのトラバース範囲を局所化する

      3 userssongofcloud.gluegent.com

      2009年11月2日月曜日 DataNucleus Enhancerのトラバース範囲を局所化する GAE SDKでは、JDO/JPAの実装クラスの生成に DataNucleusを使用しています。Googleが提供するeclipseのプラグインではエンティティクラスのコンパイル時にDataNucleus Enhancerがクラスを拡張して保存します。 しかし、まれにDataNuclesがエラーになることがあります。 java.lang.NullPointerException at com.google.gdt.eclipse.core.ProcessUtilities.cleanupProcess(ProcessUtilities.java:367) at com.google.gdt.eclipse.core.ProcessUtilities.launchProcessAndActiva
    • Song of Cloud: データストアのメンテナンスモードに対応する

      16 userssongofcloud.gluegent.com

      2010年4月30日金曜日 データストアのメンテナンスモードに対応する Google App Engineのデータストアは定期的にメンテナンスモードに入ります。 メンテナンス中はデータストアが読み取り専用になって一切の書き込みが禁止されます。 Python版にはCapabilityServiceというものが用意されていてこれらを調べるのは簡単ですが、Java版にはまだ用意されていないようです。 Java版で(無理せず)これをテストするには、次のようなサーブレットフィルタを用意してやります。 package com.example; import java.io.IOException; import java.util.concurrent.Future; import javax.servlet.*; import com.google.apphosting.api.ApiProxy;