• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    吉本プロモサイト立ち上げ日誌 | ライフネット生命保険社員ブログ

    ウェブプロモーション担当しておりますマーケティング部の堀江です。 生命保険広告は、顕在層にし...

    ブックマークしたユーザー

    • knaganuma2011/11/11 knaganuma
    • rocket52009/03/06 rocket5
    • igaaa2009/01/20 igaaa
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - テクノロジー

    新着記事 - テクノロジー

    同じサイトの新着

    • その気持ちをカタチに | ライフネット生命保険社員ブログ

      1 userstaff-blog.lifenet-seimei.co.jp

      行動心理で「人は感情でものを買い、理屈でそれを正当化する」と言われます。 ・良いものだから長く使える ・だから結果的に安い ・頑張った自分へのご褒美 ・出会ったのは運命 感情が優先し、後で正当化する理屈を考え、必需品しか買わない人はいない。 生命保険はどうだろう。 商品/サービスの違い、特徴、必要性などが分かりづらく、CM・ウェブサイト・コンタクトセンター応対など接点の印象に左右される傾向が強いのではないだろうか。 なぜなら、目に見えない商品やサービスの特徴よりも、接点の雰囲気・人柄の方が分かりやすいから。 接点がお客さまに気に入られ、信頼されれば提案が受け入れてもらいやすくなる商品だと思います。 ではどうすれば気に入っていただき、信頼されるのか。 そのためには、商品自体の価値に加え、時間・助言・必要な知識・有益な情報・気遣い・共感といった記憶、印象に残る価値提供が重要で、「価値」を「お客
    • ヒラ社員が管理職になって戸惑うこと4つ | ライフネット生命保険社員ブログ

      1 userstaff-blog.lifenet-seimei.co.jp

      こんにちは。事務企画部の片田です。 1月から管理職になって、無我夢中のうちに、あっという間に2ヶ月が過ぎました。 自分の至らなさを実感する毎日で、日々もがいているのですが、そんな中で、私が思わず立ち止まってしまったポイントを4つ、ご紹介します。 ・入ってくる情報量が増えるのに、不確定要素も増える 管理職になると、自然と入ってくる情報量も増えるのですが、それで視界がパーッと開けるという感覚はなく、それぞれの情報は関連性が無く不規則に浮かんでいたり、不確定な要素を多く含んでいたりします。 自然と入ってくる情報だけでなく、自分でも情報を捕捉しなければならないのですが、どこの誰に何を聞いたらいいのか、というのも暗中模索であったりします。 そういったたくさんの情報をいかに解釈して判断に活かすか、どのタイミングで何をチームメンバーに伝えるか、という見極めもとても難しいです。 ・自分の仕事が収益に直結し
    • 働く人のためのがん保険 | ライフネット生命保険社員ブログ

      1 userstaff-blog.lifenet-seimei.co.jp

    • 本来寿命越え9年目 | ライフネット生命保険社員ブログ

      2 usersstaff-blog.lifenet-seimei.co.jp

      2014年1月入社からずっと無遅刻無欠勤だったが、2017年4月5日で皆勤が終了した。 休んだ理由は「ぎっくり腰」。 業務中、不意に重いものを持ったらやってしまい、次の日お休みをいただいた次第だ。 前職(対面保険営業)でも当時は約款とか資料とか重い荷物持って歩きまわっていたので、たまに腰を痛めることがあったが、会社を休むほどの事はなく、今回のように一度横たわると寝返りがうてないし、立ちあがるまで10分くらいかけないとならず、立っても体がずっと「く」の字じゃないと痛くて歩けない等の相当きつい時期が5日くらい続いたのは、おそらく年齢のせいと思われる。 最近上司から「もう若くないんだから、ちゃんと休みなさい」とチョイチョイ言われる事があり、「全然平気さ~」とタカをくくっていたが、今回のぎっくり腰の治りの遅さを考えると、やはり年齢の影響は否めないのだな、と認識。 昔何かで本来の人間の寿命は30歳と

    「恐慌」正面突破~危機の教訓1999:日経ビジネスオンライン

    1 user https://business.nikkeibp.co.jp/

    [3986]ライセンス認証に関する FAQ

    1 user http://support.adobe.co.jp/