• 人気のコメント(10)
  • 全てのコメント
zirou1984 zirou1984 このデータによると、ロシアは日本以上に仕事の自由裁量度が低いという事実が恐ロシア。

2011/11/03 リンク

miura8118 miura8118 "日本と同等かそれより働き方が不自由なのは、ほとんど旧社会主義の国のみ"という結果、驚きでもあるが、予想通りでもあるな。。

2011/10/05 リンク

fmnaka fmnaka あとで。何かと何かとのトレードオフ

2011/07/25 リンク

rokux rokux グラフの中にイタリアがないのは何故だろう・・・? と、関係ないところで引っかかってみる。

2011/07/24 リンク

takuno takuno 多大な犠牲をともなう災害ではあったが、何かしら社会が良い方向に変わるきっかけになるのなら、、ひとつわたし自身が期待していることがある。それは、働き方の変化である。

2011/07/23 リンク

yocchan731 yocchan731 ワークライフバランスとか前面にだす会社はどうかと思うが,一切触れない組織もどうかと思う.

2011/07/22 リンク

inumash inumash 単なる会社制度や労働法の問題だけじゃなく、人間関係や家族関係その他の影響もあるもんねぇ・・・。

2011/07/22 リンク

moerrari moerrari 日本の職場は「時間」「仕事」「休み」の3つ全てで不自由度がロシアに次ぐトップクラス

2011/07/21 リンク

fdblues9 fdblues9 ロシアさん…。

2011/07/21 リンク

elm200 elm200 日本の主観的幸福度もめちゃ低い→http://p.tl/VdTJ 自殺率も旧共産圏とともに世界最悪クラス→http://p.tl/WzMi 結論→日本オワタ\(^o^)/

2011/07/21 リンク

haruhiwai18 haruhiwai18 "日本と同等かそれより働き方が不自由なのは、ほとんど旧社会主義の国のみ""非典型雇用の方が仕事の自由裁量がないという側面も" →個人的には、各国の労組の強さと相関しているのかが、気になります。

2011/07/21 リンク

Uxtushili Uxtushili な気がする。

2011/07/21 リンク

mongrelP mongrelP まぁ「理想の社会主義国家」が事実だったということでもある。

2011/07/21 リンク

brack-tam brack-tam おもろい。 / SYNODOS JOURNAL : 日本の職場の「窮屈さ」について 筒井淳也 -

2011/07/21 リンク

minakami-seala minakami-seala 興味深いデータですね。もとから日本は窮屈だといわれているけどこれではっきりしますね。どうすればよくなるのか提示できるのがこれからの課題かも。

2011/07/21 リンク

taka-oh taka-oh 日本の窮屈さは旧社会主義国並み

2011/07/21 リンク

chicane_rider chicane_rider  「生産性の向上というのは、個々人のちょっとした工夫の積み重ねの結果」って,最終的には個人の責任に帰結するのか?「個々人のちょっとした工夫」さえできないくらい不自由なんじゃないの?

2011/07/21 リンク

soret soret 他国の自由なんて知らない方が幸せ?

2011/07/21 リンク

sugimo2 sugimo2 電力不足がきっかけになれば、と一瞬期待したけど、すでに色々脱力してたり。ロシアに抜かれるのも時間の問題な気がしてならない。

2011/07/21 リンク

REV REV 「俺は客なんだから、お前は寝ずに働け」→→→…→そいつに金を払う奴が同じことを言う。 結論:(通常の意味で)働かない人は文句言い放題

2011/07/21 リンク

hsksyusk hsksyusk 『ワークライフバランス 実証と政策提言』「「女性の社会進出と出生率の関係」という論争的議題に一定の決着をつけた有名な論文を含んでいる。」それ読みたい。

2011/07/21 リンク

raitu raitu 先進国各国中、日本の職場には自由裁量で働く余地が少ない、という話。日本よりひどいのは旧社会主義国のみ。「理想の社会主義国家」たる日本の姿。おそらく国民性における同調圧力が最大原因。皆で一緒に不幸せ。

2011/07/21 リンク

rakko74 rakko74 平日昼間にチョイ自分の時間が持てるだけで大分違うんだけどね。皆それが出来ないから夕方以降はどこ行っても混んでる。外国人が平日昼に空いてるスポーツクラブとか行ってると、いい時間の使い方してるなぁ思う。

2011/07/21 リンク

n_y_a_n_t_a n_y_a_n_t_a 自由を売り渡した対価が何なのかわかりませんね

2011/07/21 リンク

ssig33 ssig33 ロシアも日本も働き方の自由度が低いからアルコール消費が多いのかなとか考えますねこれは

2011/07/21 リンク

AkaneSato AkaneSato 「じつは日本と同等かそれより働き方が不自由なのは、ほとんど旧社会主義の国のみなのである。」

2011/07/21 リンク

nanoha3 nanoha3 自由裁量で働いている時は、ずっと起きていること/働いていること前提で仕事が投げれれてくるんだよなー 時々ネット遮断して数日ひきこもってたけど。

2011/07/21 リンク

kiyo_hiko kiyo_hiko 精神論、根性論、雲を掴むような「コミュニケーション能力」、減点法、重箱隅、身分制度、体育会系、他罰的、転職に対する悪評価…あらゆる要素が有機的に結合して、うまく窮屈さを醸し出すことに成功してるのが日本

2011/07/21 リンク

tsuki-rs tsuki-rs もうこんな社会じゃ改善の余地なんてないよ。日本本気で終わってると思うよ。

2011/07/21 リンク

iguchitakekazu iguchitakekazu 日本の職場の自由度の低さは旧社会主義国レベル。震災をきっかけに少しはマシになればよいのだけど。

2011/07/21 リンク

    関連記事

    SYNODOS JOURNAL : 日本の職場の「窮屈さ」について 筒井淳也

    2011/7/2011:30 日本の職場の「窮屈さ」について 筒井淳也 東日本大震災は日本の社会・経済にとって大...

    ブックマークしたユーザー

    • obsv2013/03/04 obsv
    • x-osk2012/08/01 x-osk
    • ore_de_work2012/04/03 ore_de_work
    • shader2012/03/14 shader
    • sukuizu2012/01/15 sukuizu
    • kalmalogy2011/11/10 kalmalogy
    • zirou19842011/11/03 zirou1984
    • miura81182011/10/05 miura8118
    • sneaking2011/09/07 sneaking
    • CoMasa2011/08/23 CoMasa
    • heatman2011/08/17 heatman
    • lEDfm4UE2011/08/08 lEDfm4UE
    • vantguarde2011/08/07 vantguarde
    • schnja2011/08/01 schnja
    • sea-show2011/07/30 sea-show
    • hisashi_nemoto2011/07/26 hisashi_nemoto
    • ushigyu2011/07/26 ushigyu
    • starcycle2011/07/25 starcycle
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • SYNODOS JOURNAL : わたしたちが生きる社会はどのように生まれたのか ―― 計量社会学者・筒井淳也氏インタビュー

      98 userssynodos.livedoor.biz

      2013/3/49:0 ツイート わたしたちが生きる社会はどのように生まれたのか ―― 計量社会学者・筒井淳也氏インタビュー 大学も学部もたくさんあるけれど、いったいなにをやっているのかわからない! そんな高校生のためにスタートした『高校生のための教養入門』。今回は、計量社会学者の筒井淳也氏にお話をうかがいました。 社会学ってどんな学問? 計量社会学はなにをやっているの? なにが面白いんだろう? 「社会の背景を知らなくても生きていける。でも理解できたら納得して進むことができる」。社会学の魅力に触れていただけたら幸いです。(聞き手・構成/小島瑳莉)―― 社会学ってどんな学問なのでしょうか? どのように答えても他の社会学者から「違う!」と言われてしまうと思いますが(笑)、ぼくの考えをお話しましょう。ぼくは社会学を、長期的な観点から社会の変化を説明したり、空間的に広い視野で社会について説明したり
    • SYNODOS JOURNAL : ステルスマーケティングへの「対策」について 山口浩

      103 userssynodos.livedoor.biz

      2013/1/169:0 ステルスマーケティングへの「対策」について 山口浩 ペニーオークション詐欺に関連して、広告塔となった複数のタレントがブログ上でやらせ口コミを行っていた件が、ステルスマーケティングだとして話題になっている。口コミマーケティングに関するガイドラインをつくっているWOMマーケティング協議会(WOMJ)のガイドライン委員会メンバーであるせいもあるかもしれないが、この件ではわたしも何度か取材を受けた。 件のペニーオークション詐欺事件に関するわたしの考えは、自分のブログでも書いた。基本的には詐欺事件が「本体」で、ステルスマーケティングはその広告のために行われたという意味で「傍流」の話だ。報道等では、またタレントがステマだ、けしからんと騒ぎ立てているが、どちらかというと、ただタレントの名前を出せば世間の関心が集まるだろうという売らんかな根性ばかりが目立つ。 「ステマというより芸
    • SYNODOS JOURNAL : 「災害復興法学」のすすめ―― 東日本大震災を伝承する危機管理のデザイン 岡本正

      6 userssynodos.livedoor.biz

      2012/11/79:0 「災害復興法学」のすすめ―― 東日本大震災を伝承する危機管理のデザイン 岡本正 「災害復興法学」は4万件以上の無料法律相談データ・ベースを、現実の災害復興支援や法改正の実績をベースに解析し、東日本大震災の「真実」と学ぶべき「教訓」を明らかにすることを目指している。それは、4万件の声の、その当事者に対する法律家からのメッセージである。――声は届く。ともに歩んでいこう。―― ■災害復興『法』学という選択  3月11日の東日本大震災の直後から、弁護士は無料法律相談活動を展開してきた。避難所、仮設住宅、電話相談等による相談件数は、2012年5月までに集約できたものだけを数えても、実に40,000件を超えた。  全国から集められた法律相談カルテ(相談票)は、全件について、集約担当の弁護士らによるダブルチェックを経てデータ・ベース化されている。2012年10月には、集大成版と
    • SYNODOS JOURNAL : 社会を変える新しい経済学(前編) 安田洋祐×荻上チキ

      55 userssynodos.livedoor.biz

      2012/11/59:0 社会を変える新しい経済学(前編) 安田洋祐×荻上チキ ■マーケットデザインとは何か 荻上 安田さんは『日本の難題をかたづけよう』(SYNODOS編、光文社新書)の一章で、「マーケットデザイン」の可能性について書かれています。そこでは新しい経済学的な思考法が、今後の日本の社会問題を解決するために非常に重要なものだと論じています(付記:この後、ハーバード大のアルビン・ロス教授とカリフォルニア大のロイド・シャプリー名誉教授がノーベル経済学賞を受賞し、マーケットデザイン理論はますます注目を集めています)。 今日は、現在の経済学、特に安田さんが専門とされているミクロ経済学が持っている可能性、あるいはすでに実践されている現場の知恵についてお話いただくと同時に、今後必要な経済学の活用法といったものを伺いたいと思います。まずは簡単に、マーケットデザインとは何かについて、ご説明いた

    Phim Video トゥエルからの、、、ウィッチウェイ | トゥエルからの、、、スクーバット | ポッピングからの、、、ウェーブ | ムーンウォークからの、、、スライド | クラブステップ | Xem phim | Ph

    1 users http://video1.vietgiaitri.com/

    黃子華-您大曬

    0 users http://www.twi-tube.com/