• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    食料自給率とは グラフから見る日本の問題点は? | 就農LOG

    食料自給率って何のことだかわかりますか?? 僕は「自国で作った農畜産物生産統計」だと思っていたの...

    ブックマークしたユーザー

    • oyabu2010/12/22 oyabu
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • TPPとは 関税撤廃により農業界が受ける影響は? | 就農LOG

      1 userssyunoulog.jp

      環太平洋経済協定 環太平洋戦略的経済連携協定 太平洋間戦略経済連携協定 環太平洋パートナーシップ協定 トランス・パシフィック・パートナーシップ …ってのが別名。 まぁ呼び名なんてどうでもいいんですが、今回のこの「TPP」により特に影響を受けるのが農業界と言われています。 TPPの解説と一緒に、どんな事になるのかまとめて見ました。 TPPってのは単純に言えば、貿易自由化を目指す経済的枠組みの事です。 加盟国間で取引される農産物、工業製品等、全品目についての関税を撤廃しようというものがそれで、2015年をめどに関税撤廃を実現するべく協議が行われています。 2006年にAPEC参加国であるニュージーランド、シンガポール、チリ、ブルネイの4ヵ国が発効させた、貿易自由化を目指す経済的枠組み。工業製品や農産品、金融サービスなどをはじめとする、加盟国間で取引される全品目について関税を原則的に100%撤廃
    • 日本の農業は関税に守られている? 農産物の平均関税率について | 就農LOG

      3 userssyunoulog.jp

      農業再生本部が初会合 TPPでの自由化めぐり議論紛糾も 政府は30日、国内農業などの強化策を検討する「食と農林漁業の再生推進本部」の初会合を国会内で開いた。環太平洋連携協定(TPP)など貿易自由化をにらみ、生産性の向上を図るなど農業の国際競争力を高めるのが狙い。 本部長に就任した菅直人首相は出席した全閣僚に対し、「今度こそ日本の農業が世界に誇れる力を持って再生できるよう奮闘をお願いしたい」と訴えた。 政府は本部とは別に「食と農林漁業の再生実現会議」も設置し、具体的な農業対策を検討。6月をめどに基本方針をまとめ、TPP参加への環境が整ったかどうか判断したい考えだ。 引用元:msn|産経ニュース TPP議論が益々高まっていますね。最近では参加反対デモも起きてるようですが、「参加しないところで農業の衰退が止まる訳ではない」という的を得た意見も聞かれます。 そもそも日本の農作物は関税率がどれくらい
    • 新米価格14%安 戸別所得補償の落とし穴 | 就農LOG

      7 userssyunoulog.jp

      米価下落は消費者のコメ離れ、過剰生産、今年は特に出来も悪かったのも原因の一つだが、集荷業者が安値で買っているのも原因の一つと言える。 全部が全部とは言えませんが、戸別所得補償によって補償されてるのは農家ではなくある意味、集荷業者になります。 「農家は戸別補償制度で守られてるんだから、少々安値で買っても問題ないだろう?」 これね、実際売りに言ったときの「こっちは買ってやってんだよ!?」 的な感じがなんともイヤだった…JAは今年取引すらしてくれないし。 そもそも、ウチは戸別所得補償に入ってない、断った。 恐らくだけどウチの地区の人間の殆どは入ってない。制度に疑問があった為だ。 案の定ウダウダって感じ。 asahi.comより一部引用 所得補償は価格は市場に任せることを前提にしており、制度がスタートする前から「所得補償の導入によって米価下落は進む」(東京大学の生源寺眞一農学部長)との指摘が出てい
    • 新規就農に励む就農LOG

      3 userssyunoulog.jp

      新規就農とは、新たに農業を始める事です。農業に従事するという事は農村の住人になるという事です。 新規就農を始める上で、最も重要な事は「人間関係」じゃないでしょうか? 土地の借り方・農機の操縦方法・栽培方法、どれをとっても初心者が裸一貫飛び込める世界では無いと思います。 人間関係をしっかり築き、先輩農家さんと関係を作っておく事がとても重要です。 新規就農するという事は、何かと苦労も多く、新たに農地、農機を借り入れてからのスタートの場合資金も掛かります。 ですが、農業には時間に縛られない、雇われない自由な生き方があります。 ウチは埼玉で米作りを主とした第二種兼業農家です。 数年前までは祖父が大きく展開し、苺や野菜を市場に卸してましたが 農業の衰退と共に規模を縮小し、今では「売る作物を米、畑の野菜は自家用」というスタイルでここ数年は続けています。 ここ数年の農業ブームでなにが起こってるのか? 不

    http://sales-tenshoku.net/jobs/search?page=2&prefecture=12

    1 users http://sales-tenshoku.net/

    「おはよう日本」土日はW(ダブル)モリモト! - アナウンスルームBLOG - NHK アナウンスルーム

    1 users http://www.nhk.or.jp/