• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    ループイフダンと連続予約注文(マネパ)完全比較

    ループイフダンの1000通貨に対し、nano口座は100通貨取引です。最小取引単位は、小さくて困ることはあり...

    ブックマークしたユーザー

    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • マネーパートナーズの連続予約注文でトラリピ型自動売買

      1 userstrade12.jp

      豪ドル/円でいえば、アイネット証券のループイフダンが4pips、外為オンラインのiサイクル注文が3pips、マネースクウェア・ジャパンのトラリピが6pipsですから、圧倒的なコスト差といえます。 さらに、取引手数料が無料なので、スプレッド以外のコストはありません(iサイクル注文とトラリピは、上記スプレッドにくわえて手数料が発生)。 100通貨取引ができる 主要なリピート系連続発注各商品の最小取引単位は1000通貨ですが、マネパでは10分の1の100通貨単位での取引が可能です(後述のnano口座の場合)。細かい単位での資金投入が可能なので、あまり資金がない人でも参入できますし、複利運用的な資金の追加もしやすいです。 nanoにはデモ取引はありませんが、ここまでの極小単位でトレードできるなら、デモで試せないデメリットは小さいといえるでしょう。 設定の自由度が高い イフダン注文を仕掛ける間隔 利
    • FXの自動売買(シストレ)リピート系連続発注の比較、まとめ

      1 userstrade12.jp

      この記事では、FXで運用できる自動売買(システムトレード)にどんな種類があるのか、どういった特徴があるのかを総当たり的に解説していきます。それぞれのメリットやデメリットも解説していきますので、これから自動売買を始めようという方にはぜひ参考にしていただきたいです。 1.自動売買とは?まずは定義してみる FXのトレードは、手動で売り買いする「裁量トレード」と、機械に売買を任せる「自動売買」に大別することができます。またこのメディアでは、システムトレードも自動売買と同じ意味で扱います。 スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、ポジショントレードといった、誰もが聞いたことがある時間軸に応じたトレードスタイルは、すべて裁量トレードです。 2.自動売買は、リピート系とプログラム系に分類できる FXのトレードを機械に任せる自動売買ですが、大まかにリピート系の連続発注とプログラム系(選択型自動売買
    • 全ループイフダンを通貨ペア、値幅で比較!一番勝てるのは?

      1 userstrade12.jp

      5.まとめ 5-1.年利だとユーロ/円以外は値幅が広いほうが収益性が高い このブログではすでに何度も言っていることですが、やはり値幅が広い方が収益性が高い傾向になりそうです。今回の検証でも、初月からユーロ/円以外の3通貨ペアは値幅が広い方が儲かっています。またユーロ/円の差も僅か(1.47%と1.65%)と言えます。ポンド/円は9.64%と6.34%とすでに大きな差がついています。 参考:豪ドル円のループイフダンは値幅80銭が一番勝てた 来月は大統領選の爆発的な値動きがあった11月分のデータが加算されるため、この傾向はよりハッキリすると思われます。 5-2.含み損益込みのスワップは値幅が広い方が多い 値幅の広さで変化する要素として、スワップポイントがありますが、含み損益を込みにすると値幅が広いほうが有利というデータになっています。
    • 裁量トレードと真逆!リピート系自動売買の本質を完全理解する記事

      3 userstrade12.jp

    土日祝休み 幼稚園教諭 – 株式会社TrustGrowth 北海道支社 – 札幌市 豊平区

    0 users http://love2.wpblog.jp/

    the protector protector : tihucysyb

    1 users http://uhigipy.exblog.jp/