• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    想像力より高く飛ぶ: 『これから論文を書く若者のために』再読

    酒井聡樹 著『これから論文を書く若者のために 大改訂増補版』 (共立出版, 2006年) を再読して,内容の...

    ブックマークしたユーザー

    • shiraber2017/01/20 shiraber
    • H582013/08/01 H58
    • tainookashira2012/06/23 tainookashira
    • dynamicsoar2011/11/06 dynamicsoar
    • wadatak2011/10/14 wadatak
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    関連商品

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • 想像力より高く飛ぶ: 論拠の構築 ("The craft of research" 7-11章)

      1 userstsutatsuta.blogspot.com

      "The craft of research." Booth WC, Colomb GG, Williams JM. Univ of Chicago Press. 2008. (3rd ed.) ※1 を読んでのメモです. 今回は,論拠を構築する,ということについて書かれた部分からの抜き書きです. 7章 良い論拠 (argument) を構築する7.1 読者との対話としての論拠p. 109 論拠は以下の5つの問いに答えることによって構築される. ----- 1. 主張 (claim) は何か? 2. その主張を支える理由 (reason) は何か? 3. その理由を支える証拠 (evidence) は何か? 4. 別な可能性 (alternatives) / もっと複雑な証拠 (complications) / 反対意見 (objections) を認識しているか?そしてそれらにどう対応す
    • 想像力より高く飛ぶ: ネアンデルタールの早い離乳

      1 userstsutatsuta.blogspot.com

      思わずテンションが上がってしまったので,以下の研究について解説を書きました※1.Natureに載るべくして載ったという感じの見事な研究です. Barium distributions in teeth reveal early-life dietary transitions in primates - Nature (元論文) Infant tooth reveals Neanderthal breastfeeding habits - Natre (解説記事) ネアンデルタール人、乳離れ早い…1歳2か月で - YOMIURI ONLINE 要約 この研究のインパクトは, それほど注目されてこなかったバリウム元素を分析して離乳年齢を復元する方法を確立し,ヒトとサルで妥当性を確かめたこと. その方法をネアンデルタールに適用して,1.2歳 (1年と2.4ヶ月) というかなり早い離乳終了年齢を
    • 想像力より高く飛ぶ: ネアンデルタールの早い離乳

      9 userstsutatsuta.blogspot.com

      思わずテンションが上がってしまったので,以下の研究について解説を書きました※1.Natureに載るべくして載ったという感じの見事な研究です. Barium distributions in teeth reveal early-life dietary transitions in primates - Nature (元論文) Infant tooth reveals Neanderthal breastfeeding habits - Natre (解説記事) ネアンデルタール人、乳離れ早い…1歳2か月で - YOMIURI ONLINE 要約 この研究のインパクトは, それほど注目されてこなかったバリウム元素を分析して離乳年齢を復元する方法を確立し,ヒトとサルで妥当性を確かめたこと. その方法をネアンデルタールに適用して,1.2歳 (1年と2.4ヶ月) というかなり早い離乳終了年齢を
    • 想像力より高く飛ぶ: 2012/11

      1 userstsutatsuta.blogspot.com

      先週学内で開かれたAAASエディターさんによる特別講演会のまとめ. 面白いなと思ったところだけまとめてみました. オープンアクセス誌の収益モデルはScience誌には合わない,という明確な立場. 文献やデータは出版と同時に利用可能になってきている → in prep などは無し. Data not shown ではなくSupporting Materialsで示す. Editorによってリジェクトされる主な理由. 幅広い分野から興味を持たれる一般性がない 仕事量が不十分 もっともおもしろい部分が推論に基づいている うまくいった研究者のように考える. 2つの分野の融合領域ではたらいている 古くからある難しい問題に新しい技術を適用する 予期せぬ結果を突き詰める カバーレターは,Editorに直接的に話しかけられるチャンスである. アカデミックカレンダーにあわせて,1年周期できれいに,原稿投稿数