• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    Webセントリックマーケティングのチカラ » Blog Archive » 自社メディア戦略 ~いつまで続くか分からないプロローグ

    ■ いまさらながら もう、世間が、ほぼ同じようなビジョンを発信しているし、 業界ソーシャルネタばっ...

    ブックマークしたユーザー

    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • Webセントリックマーケティングのチカラ » ソーシャルメディア

      1 userswebcentricmarketing.jp

      なんと、連続してのエントリーです。 なんとなくいろいろなことを考えている中で、常日頃から、「Webセントリックマーケティングって結局なに?」という質問が頭を巡っています。 僕としては、かなり上位の概念として捉えているのですが、なかなかうまく説明できないので、主要なマーケティング戦略との比較を試みてみました。ちょっとマニアックかも知れません。 以下のようにマスマーケティング、ダイレクトマーケティングと比較してみることで、Webセントリックマーケティングを実践する上で、何を考えなければいけないのか、何が成功要因になるのかが分かっていただけると幸いです。 マーケティングマニアの方の忌憚のないご意見をお待ちしています。 w あるクライアントから、 「もし、女性社員がTwitterを実名でして、ストーカーとかができて、 万が一、事故になった会社はどうやって責任を取るんだ?」 という話が出ました。 想
    • Webセントリックマーケティングのチカラ » 2009 » 11月

      1 userswebcentricmarketing.jp

      あるクライアントから、 「もし、女性社員がTwitterを実名でして、ストーカーとかができて、 万が一、事故になった会社はどうやって責任を取るんだ?」 という話が出ました。 想定外の質問だったのでびっくりしたのですが、とっさに、 「スタバーバックスのお店に出ている社員だって、ストーカーがつくリスクを負ってますよ。 むしろ、店員にはお客さまと仲良くなることを推奨しています」 「接客を基本としている企業は山ほどあって、 そういう会社は、どんなたぐいのお客さまが来るか分からないけれども、 顧客対応を社員の業務として命じています。 つまり、社員のリスクを企業が負っているわけです。」 という切り返しをしました。 改めて考えてみると、その質問をしたクライアントもそうだったのですが、 メーカーと呼ばれる企業は、顧客と直接、接するという経験や業務が ほぼゼロに等しいわけです。 そういう企業にとっては、リア
    • Webセントリックマーケティングのチカラ » カスタマーサポート

      1 userswebcentricmarketing.jp

      こんにちは。(あーすっかりごぶさた) トライバルメディアハウスの池田さんのブログにも書かれているように、 これから、企業内に、ソーシャルメディアの担当者が一般化してくると思います。 で、社内で担当者が出てくると言うことは、新たに一つの”社内業務”が生まれるというとであり、 社内業務があるということは、それを承認したり、監督したり、改善したり、 組織知として残したり、引き継いだりするなどの”業務管理”が必要になってくるわけですね。 社内でソーシャルメディアが好きな人の属人的なままにしておいては会社として成立しないわけです。 そういう意味で、アメリカって、何でもビジネスにするなぁというか、 会社とか経営とか、Business Administration,  経営という意味でのManagementという 考え方がとてもしっかりしていると思うのが、 ちゃんと、ソーシャルメディア業務管理ツールなる
    • Webセントリックマーケティングのチカラ » Blog Archive » Webセントリックマーケティングの本質

      1 userswebcentricmarketing.jp

      先日の社内全体会議で、Webセントリックマーケティングについてプレゼンをしましたが、どうもうまく伝えきれないので、いつも考えていることを整理してみました。一言で伝えられないと言うことは、自分自身も詰め切れていないのでしょう。 ## ちなみに、僕は専門化志向ではないので、具体的に、そして精緻に落とし込んでくれる人を常に求めております。 Webセントリックマーケティング(WCM)は、思想だったり、概念ですので、「はい、これがWCMでござい!」みたいな明確なプロダクトやサービスがあるわけではありません。「会社として、どういう思想や意志でマーケティング活動に取り組むか」ということです。 CRMという考え方 たとえば、CRM(顧客管理)というマーケティング手法がありますが、これもシステムや具体的な手法というよりも、僕は「会社としての姿勢、意志、さらには経営方針」だと考えます。(経営戦略、マーケティン

    Loading...

    1 users http://bb1.bb-z.net/

    相比爱知世博会,上海世博会的三大内伤在哪里?_徐静波微博_新浪博客

    1 users http://blog.sina.com.cn/