• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    Arduinoリモコンの使い方 « FUTABA WEB

    前回に紹介したArduinoリモコンデバイスを、自作プログラムから使う時の方法です。 デバイスと...

    ブックマークしたユーザー

    • bongkura2010/10/27 bongkura
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • FUTABA HOME + BLOG - WinLIRC ハードウェア変調送受信機の作り方

      1 userswww.256byte.com

      リモコン信号を送信する時、CPUの負担を少しでも減らす為にキャリア周波数での変調をハードウェアで行う為のデバイスの作り方です。 これまで紹介した「簡単・リモコン送信機の作成」や「外部電源利用のリモコン送受信機」では、変調をパソコン側で行っている為にPCで重い処理を行っている時には、リモコン操作が行えない時がありました。 この送受信機を使えば、古い低スペックのPCでのリモコン操作や、重い処理を行いながらのリモコン操作が、多少安定します。 この送受信機のハードウェア変調にはPICを使ってます。 (PICが何か解らない方はこちらへ) その為に、PICへプログラムを書き込む機械が必要になりますので、今までのように材料と半田ゴテだけでは作成できませんので、ご注意を… 尚、この送受信機で送信できる変調周波数は38KHz固定となっています。 (写真に写ってる真ん中の8本足のICがPICです。)
    • リモコン受信機の作製 - FUTABA HOME

      1 userswww.256byte.com

      このリモコン受信機は、シリアルポートから電源の供給を受けるので外部電源は不要で、リモコン受信専用のICを利用するので受信感度も最適です。 この回路は、多くのサイト(LIRCのこちらでも)で紹介されている、信頼性のあるリモコン受信機です。
    • FUTABA HOME

      1 userswww.256byte.com

      当サイトでは、日本語版WinLIRCを公開しています。 これはGPLに基づいて公開されているオリジナルのWinLIRCのソースコードを利用して、私(Futaba)が独自に日本語化したものです。 利用に際しては、各自の責任の元で行い、日本語化に対するクレームは私宛にお願いします。 オリジナル・最新版は http://winlirc.sourceforge.net/ をチェックして下さい。 ダウンロード
    • 東芝 / 地デジ対応TV (テレビ / 地デジ対応) - iRemo2 リモコン・データ - FUTABA HOME

      1 userswww.256byte.com

      キャリア:132ns / 132ns コード0 PT:0 600us/600us コード1 PT:0 600us/1700us

    あるVimmerのブログ: 興味のある言語にVim scriptと書いておいたら面接で爆笑された

    5 users http://vinarian.blogspot.com/

    asahi.com(朝日新聞社):虐待で起訴の父親無罪 京都地裁「妻の犯行否定できぬ」 - 社会

    3 users http://www.asahi.com/