• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
amanoiwato amanoiwato 山岸凉子『朱雀門』と読み比べると面白い。と言うより、これを元ネタに思いついたのかも。

2013/05/25 リンク

    関連記事

    芥川龍之介 文放古

    これは日比谷公園のベンチの下に落ちていた西洋紙に何枚かの文放古(ふみほご)であるわたしはこの文...

    ブックマークしたユーザー

    • amanoiwato2013/05/25 amanoiwato
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    関連商品

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • 宮本百合子 「或る女」についてのノート

      1 userswww.aozora.gr.jp

      有島武郎の作品の中でも最も長い「或る女」は既に知られている通り、始めは一九一一年、作者が三十四歳で札幌の独立教会から脱退し、従来の交遊関係からさまざまの眼をもって生活を批判された年に執筆されている。 「或る女のグリンプス」という題で『白樺』に二年にわたって発表されたらしい。私共がそれを読んだのはそれから足かけ七年後、作者が題を「或る女」と変えて著作集の一部として発表した頃であった。一九一七年、一九年に出たから作者は既に四十二歳になっていた訳であろう。 今度読み直して見て、私は作者がどうしてこれほどの執着をもって、この題材にあたったのであろうかという好奇心を感じた。何故なら、率直に言ってこれは菊判六百頁に近い程長く書かせる種類の題材でなく感じられたし、長篇小説として見ればどちらかと言えば成功し難い作品であるから。しかも、作者は一種の熱中をもって主人公葉子の感情のあらゆる波を追究しようとしてい
    • 三遊亭圓朝 怪談牡丹灯籠 怪談牡丹灯籠 鈴木行三校訂・編纂

      1 userswww.aozora.gr.jp

    • 図書カード:古事記

      1 userswww.aozora.gr.jp

      底本の構成は、以下の通りです。 「凡例」(旧字新仮名) 武田祐吉 「校註 古事記」(その他) 稗田の阿礼、太の安万侶著、武田祐吉注釈校訂 「現代語訳 古事記」(旧字新仮名) 稗田の阿礼、太の安万侶著、武田祐吉訳 「解説」(旧字新仮名) 武田祐吉 「語句索引」(その他) 武田祐吉 「歌謡各句索引」(旧字旧仮名) 武田祐吉 「「古事記」」
    • オマル・ハイヤーム 'Umar Khaiyam 小川亮作訳 ルバイヤート RUBA'IYAT

      1 userswww.aozora.gr.jp

      まえがき ここに訳出した『ルバイヤート』(四行詩)は、十九世紀のイギリス詩人フィツジェラルド Edward FitzGerald の名訳によって、欧米はもちろん、広く全世界にその名を知られるにいたった十一-十二世紀のペルシアの科学者、哲学者また詩人、オマル・ハイヤーム Omar Khayym('Umar Khaiym[#「Kh」に下線])の作品である。 フィツジェラルドが、一八五九年にその翻訳を自費出版で初版わずかに二五〇部だけ印刷した時には、若干(じゃっかん)を友人に分けて、残りはこれを印刷した本屋に一冊五シリングで売らせたのであったが、当時はいっこうに人気がなく、いくら値を下げても買手がつかないので、ついには一冊一ペニイの安値で古本屋の見切り本の箱の中にならべられる運命となった。出版してから三年ばかり後のこと、ラファエル前派の詩人ロゼッテイの二人の友人が、散歩の途次偶然、埃(ほこり)に

    Wonder: R. J. Palacio: Amazon.com: Kindle Store

    1 users http://www.amazon.com/

    Bose AE2w Bluetooth headphones | ワイヤレスヘッドホン | ヘッドホン | Bose ボーズ

    1 users https://www.bose.co.jp/