• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
plank plank  三鷹の無茶な住宅は周りの相場(3LDK4000万円)の倍するらしい

2005/10/17 リンク

masakiishitani masakiishitani これはいくぞ

2005/10/08 リンク

nksn nksn 天命反転

2005/06/28 リンク

    関連記事

    荒川修作 マドリン・ギンズ MITAKA

    こちらは荒川修作オフィシャルウェブサイトです。プロフィール、近況、展示会情報掲載しておりますの...

    ブックマークしたユーザー

    • Yamakatsu2012/09/10 Yamakatsu
    • boyasan2010/05/22 boyasan
    • yamasin11292008/10/20 yamasin1129
    • orumih2008/03/08 orumih
    • STUDIOVOICE2007/06/19 STUDIOVOICE
    • circuitus2006/10/17 circuitus
    • marihooo2006/08/04 marihooo
    • grm2006/05/08 grm
    • ginyuu2006/05/03 ginyuu
    • plank2005/10/17 plank
    • masakiishitani2005/10/08 masakiishitani
    • citora2005/10/05 citora
    • nksn2005/06/28 nksn
    • Gen2005/06/11 Gen
    • ma19na41ka2005/04/30 ma19na41ka
    • hitomisiriing2005/04/28 hitomisiriing
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    関連商品

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • 荒川修作+マドリン・ギンズ – ARAKAWA + GINS Tokyo Office » A+G Studies

      1 userswww.architectural-body.com

      本研究班は、現代美術家の荒川修作、マドリン・ギンズが唱えた思想「建築する身体」「天命反転」を、学際的な視点から考察し、「22世紀へ向けての身体論」を提案することを目的とする。 本研究の一番の特徴は、新しい身体論の構想を、荒川+ギンズ研究をフィルターにして目指す点にある。荒川+ギンズが自身を芸術・科学・哲学の総合を目指すコーデノロジスト(coordinologist、荒川による造語)と称したように、荒川+ギンズ研究には学際的な視点が不可欠である。その点をふまえて本研究班では、体験過程理論、東西身体論比較研究、身体教育論とボディーワーク論、絵画・建築作品の表象分析、生態学的アプローチ、リハビリテーション・精神医学臨床研究、荒川+ギンズプロジェクトの継続展開の研究、これに加えて、脳神経科学、システム論、芸術学などの諸分野との交流を図りながら、総合的視点に立つ身体論を提唱していく。 (関西大学 東
    • 荒川修作+マドリン・ギンズ – ARAKAWA + GINS Tokyo Office » 荒川修作 宮川淳へ展

      1 userswww.architectural-body.com

      著者:荒川修作、マドリン・ギンズ ほか サイズ:A4版、ソフトカバー 出版社:東高現代美術館 発売年:1990年 注記:展覧会期 1990年1月20日-3月4日 言語:日本語、英語 Contents エピナール・プロジェクト制作ノート 荒川修作+マドリン・ギンズ 「絵を見ることへの問い」より 宮川淳 ふたたびジル・ドゥルーズの余白に 荒川修作によせて 宮川淳 <彼>のゆくえ 生井英考 宮川淳はそこに立っている 稲川方人 鏡の底を超えて 宇波彰 はてしなく、力をもたないパロル 宇野邦一 <空洞性>について(Ⅱ) 遠藤利克 マレヴィッチの憂鬱-空白の悪夢 岡崎乾二郎 影像のエニグマ 岡田隆彦 限りなく無限に近いグレー – Miyakawa-Arakawaへの追想 小林康夫 イマージュ(との間)へ 篠原資明 光の書物 鈴木了二 見ることの厚み 谷川渥 絵画の消滅 中村一美 恋の砂漠…… 丹生谷貴
    • 荒川修作+マドリン・ギンズ – ARAKAWA + GINS Tokyo Office » 意味のメカニズム

      1 userswww.architectural-body.com

      著者:荒川修作、マドリン・ギンズ <初 版> 『Mechanismus der Bedeutung』(ドイツ語版) Bruckmann, Munich, 1971年 <第ニ版> 『Le Mecansime du sens』(フランス語版/翻訳 Serge Gavronsky) Maeght Editeur, Paris, 1979年 『The Mechanism of Meaning』(英語版) Harry N. Adams, New York, 1979年 『意味のメカニズム』(日本語版/翻訳 瀧口修造,林紀一郎) ギャラリーたかぎ, 1979年 <第三版> 『The Mechanism of Meaning』(英語版) Abbeville, New York, 1988年 『意味のメカニズム』(日本語版/翻訳 市川浩) リブロポート, 1988年 『意味のメカニズム』(日本語版/翻訳
    • 荒川修作+マドリン・ギンズ – ARAKAWA + GINS Tokyo Office » 荒川修作+小林康夫 対話集『幽霊の真理 絶対自由に向かうために』

      1 userswww.architectural-body.com

    A&F COUNTRY TOP PAGE

    33 users https://www.aandf.co.jp/

    江川紹子ジャーナル 〜 社会のこといろいろ 〜

    123 users http://www.egawashoko.com/