• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
konton57 konton57 ラブジョイ彗星って、おととしのとはまた別物があったのかよ。知らんかった。古いのがリツイートされているのかと思ってた。ああ、なんか損した。

2015/01/18 リンク

whalebone whalebone 見えた!

2015/01/10 リンク

halca-kaukana halca-kaukana ラヴジョイ彗星(C/2014 Q2)オリオン座・おうし座のあたり。

2015/01/07 リンク

toshi19650104 toshi19650104 2015年1月 ラヴジョイ彗星が5等台: 2014年12月下旬から2015年1月ごろ、ラヴジョイ彗星(C/2014 Q2)が5等級まで明るくなると予想されている。..

2015/01/07 リンク

STARFLEET STARFLEET ラブジョイ彗星が観測好機なのか…

2014/12/26 リンク

    関連記事

    2015年1月 ラヴジョイ彗星が5等台

    2014年12月下旬から2015年1月ごろ、ラヴジョイ彗星(C/2014 Q2)が5等級まで明るくなると予想されている...

    ブックマークしたユーザー

    • konton572015/01/18 konton57
    • kosui2015/01/14 kosui
    • whalebone2015/01/10 whalebone
    • kiku-chan2015/01/07 kiku-chan
    • halca-kaukana2015/01/07 halca-kaukana
    • toshi196501042015/01/07 toshi19650104
    • Nean2015/01/07 Nean
    • STARFLEET2014/12/26 STARFLEET
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • 幼い星の周囲に距離が大きく異なる4つの巨大ガス惑星 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      200万歳という幼い星の周囲の原始惑星系円盤に、複数の巨大ガス惑星によって作られたと思われる隙間が見つかった。最も外側の惑星は既知のホットジュピターに比べて1000倍も遠いところに存在しており、どのようにしてこの惑星系が形成されたのかが興味深い謎となっている。 【2018年10月19日 ケンブリッジ大学】 おうし座CI星(CI Tau)は約500光年彼方に位置する、誕生からわずか200万年しか経っていない幼い星だ。この星の周りには、10日弱で公転する巨大な系外惑星が見つかっている。主星のすぐ近くを公転する高温の巨大ガス惑星、いわゆる「ホットジュピター」に分類される惑星で、これほど若い星の周りに存在するホットジュピターの発見第1号が、このおうし座CI星の惑星である。 英・ケンブリッジ大学のCathie Clarkeさんたちの研究チームはアルマ望遠鏡を使って、おうし座CI星のホットジュピターの
    • 愛知県小牧市の民家に隕石が落下 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      9月下旬に愛知県小牧市の民家周辺で見つかった黒い石が隕石と確認された。国内で隕石の落下が確認されたのは15年ぶりで、今後「小牧隕石」として学会に登録される見込みだ。 【2018年10月19日 国立科学博物館】 9月26日の夜10時半ごろ、愛知県小牧市の民家に大きな音が響いた。翌朝住民が調べてみると自宅の屋根に大きなえぐれた跡があり、また隣家の駐車スペースの屋根に穴が開き、その玄関前に黒い石が落ちていた。これらの状況から、黒い石は家の屋根に当たったあと、隣の家の駐車スペースの屋根を破って地面に達したとみられている。 隕石が当たったとみられる屋根。右図で大きくえぐれているのがわかる(プレスリリースより。隕石所有者提供) 10月初旬に問い合わせを受けた国立科学博物館(東京都台東区)が分析を行ったところ、この石から宇宙線生成核種からのガンマ線が検出され、まぎれもなく隕石であることか確認された。隕石
    • 系外惑星の衛星らしい天体を初めて発見 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      系外惑星探査衛星「ケプラー」とハッブル宇宙望遠鏡による観測から、太陽系以外の惑星の周りに衛星らしい天体が存在する証拠が初めて得られた。 【2018年10月10日 NASA】 地球から見て惑星が恒星の前を通過する際に星の明るさが暗くなる様子を観測すると、惑星の存在を推定することができる。この「トランジット」と呼ばれる現象の観測から、これまでに数多くの系外惑星が発見されている。また、原理的には、同じ手法によって惑星の周りを公転する「系外衛星」の存在も調べることが可能だ。 米・コロンビア大学のAlex TeacheyさんとDavid Kippingさんはこうした系外衛星を探す目的で、NASAの系外惑星探査衛星「ケプラー」が発見した系外惑星のうち、公転周期が30日以上の比較的大きな軌道を持つ惑星284個のデータを分析した。そして、はくちょう座の方向約8000光年の距離に位置する恒星「Kepler-
    • 謎の高速電波バーストを新たに20個検出 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      オーストラリアの電波望遠鏡で「高速電波バースト」と呼ばれる謎の現象が新たに20件観測された。この現象の検出例が一気に約2倍に増える成果だ。 【2018年10月18日 国際電波天文学研究センター】 高速電波バースト(Fast Radio Burst; FRB)は、宇宙のある方向から突発的に電波が放射される現象だ。継続時間はわずか数ミリ秒で、全天のあらゆる方角で発生する。太陽が80年かかって放出するのと同じ量の莫大なエネルギーが一度のFRBで放出されるが、これまでに34件しか報告されておらず、その正体はわかっていない。 豪・スウィンバーン工科大学のRyan Shannonさんたちの研究チームは、オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)の電波望遠鏡アレイ「オーストラリアSKAパスファインダー(ASKAP)」を使って2017年1月から観測を行い、2018年2月までに20件ものFRBを新たに

    【大リーグ】日本最高のメジャーリーガーは、イチローだ: 外信ニュース

    1 users http://gaishin.seesaa.net/

    http://galog.net/taiken/archives/88417

    0 users http://galog.net/