• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
hadukino hadukino 読んでる:7月中ごろ、星出さんと「こうのとり」が相次いで宇宙へ

2012/06/28 リンク

    関連記事

    7月中ごろ、星出さんと「こうのとり」が相次いで宇宙へ

    2012年6月27日 JAXA7月日本人宇宙飛行士日本宇宙船が相次いで打ち上げを迎える。15日には星...

    ブックマークしたユーザー

    • hadukino2012/06/28 hadukino
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 世の中

    新着記事 - 世の中

    同じサイトの新着

    • 【訃報】三鷹光器株式会社 代表取締役会長 中村義一さん - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      三鷹光器株式会社代表取締役会長の中村義一(なかむらよしかず)さんが2月12日に死去されました。享年86。 【2018年2月20日 三鷹光器株式会社】 中村義一さんは1931年東京生まれ。1947年に東京大学附置研究所東京天文台の技官となり、同天文台の天体望遠鏡や標準時計の維持管理業務に携わりました。1952年に府中光学研究所に入社して天体望遠鏡の設計・開発を担当され、1961年には有限会社三鷹光機製作所を共同で設立し、観測ロケットの搭載機器や天文台の天体観測装置、また映写機やミシン、農機具の設計・開発など幅広い分野に携わりました。 1966年に現在の三鷹光器株式会社を設立して代表取締役に就任し、弟の勝重さん(現・同社代表取締役社長)とともに、大型天体望遠鏡やロケット・人工衛星の搭載機器、南極観測やNASAのスペースシャトルで使用される各種観測装置などの開発を主導されました。 1980年代以
    • 理論予測に合致、連星中性子星を形成する超新星爆発 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      中性子星の連星を形成すると考えられる超新星爆発が、過去の観測データから見つかった。ヘリウム層の存在や明るさ、光度変化などが、理論的な予測とよく合致している。 【2018年10月17日 国立天文台】 2017年、連星を成す2つの中性子星の合体現象が、重力波と電磁波によって世界で初めて観測された。中性子星どうしの合体は、金や白金(プラチナ)といった元素を作り出す現象であり、今後同様の現象を観測することで元素合成に関する理解が大きく進むと期待されている。 中性子星は、大質量星が進化の最終段階で超新星爆発を起こした際に作られる超高密度の天体だ。そのような天体同士の連星が形成されるには、2つの大質量星それぞれが超新星爆発を起こす必要がある。しかし、まず重い方の星が先に爆発して中性子星が形成され、それに続いてもう一方の星が通常の超新星爆発を起こすと、連星系を作る物質が一気に失われて力学的に不安定となっ
    • 17世紀に目撃された現象の正体は、白色矮星と褐色矮星の衝突 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      1670年に目撃された、新星だと思われていた現象は、恒星同士の衝突だったことがわかってきている。アルマ望遠鏡による観測から、この現象で衝突したのは白色矮星と褐色矮星らしいことが明らかになった。 【2018年10月16日 キール大学】 1670年7月、はくちょう座の頭のあたりに突然、北斗七星の星々と同じくらい明るい新天体が出現した。この天体は徐々に暗くなった後に再増光し、さらにその後は肉眼で見えないほど暗くなった。現在この位置にはコンパクトな天体があり、その左右には塵とガスでできたリング状の構造が見られ、砂時計のような形をしている。 この天体「こぎつね座CK星」が明るくなったのは、普通の新星爆発ではなく、恒星同士の衝突によるものらしいと考えられている(参照:「星同士の衝突でまきちらされた放射性元素を発見」)。しかし、どういった種類の星が衝突したのかについては、はっきりとはわかっていない。 ア
    • 「はやぶさ2」リュウグウ着陸は来年に延期 - アストロアーツ

      2 userswww.astroarts.co.jp

      「はやぶさ2」の運用チームは、今月下旬に予定されていた小惑星リュウグウへの最初の着陸を来年1月以降に延期すると発表した。 【2018年10月15日 JAXA】 「はやぶさ2」プロジェクトチームは延期の理由として、着地とサンプル採取を成功させるためには、リュウグウ表面の厳しい凹凸地形を克服する必要があり、また50mより低い高度で「はやぶさ2」の航法誘導や距離計測が正常に行えるかどうかを見極める必要があるためとしている。 「はやぶさ2」はこれまでに6回の降下運用を行い、10月3日に行われた着陸機「MASCOT」の分離では高度51mまで降下した。こうした運用のたびに、着地候補地点の画像を低い高度から撮影し、着地に支障のある高さ50cm以上の岩塊の分布などを調べてきた。 これまでの分析で、リュウグウの表面は「平坦な砂地に岩塊が点在している」という状況ではなく、大小の岩石が集まってできた「岩しかない

    【CASIO G-SHOCK GA-100B-7AJF メンズ 】の特徴をご紹介します!!: 【CASIO G-SHOCK GA-100B-7AJF メンズ 】価格情報

    1 users http://npvbtlday0so.seesaa.net/

    Google Nexus 7 Unboxing Photos - Business Insider

    1 users https://www.businessinsider.com/