• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
sivadselim sivadselim パンスターズ彗星を見よう(iPhone、iPadアプリ)

2013/03/19 リンク

    関連記事

    パンスターズ彗星を見よう(iPhone、iPadアプリ)

    2013年3月日本からも見えるようになったパンスターズ彗星(C/2011 L4)。 「パンスターズ彗星を見よう...

    ブックマークしたユーザー

    • sivadselim2013/03/19 sivadselim
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 世の中

    新着記事 - 世の中

    同じサイトの新着

    • 赤外線観測で調べたオウムアムアの特性 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      赤外線天文衛星「スピッツァー」の観測とモデル計算により得られた、恒星間天体「オウムアムア」の大きさや反射率に関する新たな研究成果が発表された。 【2018年11月20日 NASA JPL】 2017年10月に米・ハワイのパンスターズ望遠鏡で発見された史上初の恒星間天体「オウムアムア」(1I/2017 U1)は、発見直後から世界中の望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡で観測が行われ、大きさや特徴などが調べられてきた。可視光線波長での明るさが大きく変化することから、オウムアムアはおそらく細長い形をしており、長径が800mほどだろうとみられている。 オウムアムアの想像イラスト(提供:European Southern Observatory / M. Kornmesser) その後、オウムアムアの運動の様子を調べた研究から、オウムアムアは彗星のように凍ったガスでできており、太陽へ接近した際に表面からガスが
    • 赤外線観測で調べたオウムアムアの特性 - アストロアーツ

      3 userswww.astroarts.co.jp

      赤外線天文衛星「スピッツァー」の観測とモデル計算により得られた、恒星間天体「オウムアムア」の大きさや反射率に関する新たな研究成果が発表された。 【2018年11月20日 NASA JPL】 2017年10月に米・ハワイのパンスターズ望遠鏡で発見された史上初の恒星間天体「オウムアムア」(1I/2017 U1)は、発見直後から世界中の望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡で観測が行われ、大きさや特徴などが調べられてきた。可視光線波長での明るさが大きく変化することから、オウムアムアはおそらく細長い形をしており、長径が800mほどだろうとみられている。 オウムアムアの想像イラスト(提供:European Southern Observatory / M. Kornmesser) その後、オウムアムアの運動の様子を調べた研究から、オウムアムアは彗星のように凍ったガスでできており、太陽へ接近した際に表面からガスが
    • 【特集】ふたご座流星群(2018年) - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      極大時刻は14日21時ごろ 2018年のふたご座流星群の流れ星が最も多く流れる「極大時刻」は、12月14日21時(夜9時)ごろと予想されています。そこで、12月14日の宵から15日の明け方ごろにかけてが観察のチャンスです。ちょうど週末にあたり、多くの方にとって好都合でしょう。 月明かりの影響は23時ごろまで 流れ星の観察は普通の星空観察と同じく、街明かりや月明かりの影響を大きく受けます。じっくり見ることができないという点では、星空観察以上に影響が大きいとも言えます。 今年は12月15日が上弦で、流れ星が見ごろとなる14日の月は23時(深夜11時)ごろに沈みますので、この時刻以降とくに好条件で流れ星観察ができるでしょう。街明かりの影響も小さい場所で眺めれば、多くの流れ星が見られそうです。 見える数の予想 見晴らしが良く空が開けた場所であれば、14日深夜から15日明け方には1時間あたり30〜5
    • 太陽系から2番目に近い恒星にスーパーアース候補を発見 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      太陽系から6光年の距離に位置する、2番目に近い恒星「バーナード星」の周りに、地球の3倍程度の質量を持つスーパーアースとみられる惑星候補が発見された。 【2018年11月16日 ヨーロッパ南天天文台】 ヨーロッパ南天天文台ラシーヤ観測所の口径3.6m望遠鏡に備え付けられた分光器「HARPS」などを使った観測により、太陽系から6光年の距離に位置するへびつかい座の10等星「バーナード星(Barnard's Star)」の周りに、地球の3.2倍以上の質量を持つスーパーアース(地球の数倍サイズの岩石惑星)とみられる系外惑星の候補天体が発見された。 バーナード星とスーパーアースとみられる惑星候補のアニメーション動画(提供:ESO/M. Kornmesser、以下同) バーナード星は太陽系から2番目に近い恒星であり、連星系ではない単独の星としては最も近い。太陽系から4.2光年の距離にあり最も近い恒星系で

    どんぶりにそびえ立つソースカツ、松本市『奏素屋』のメニューがハンパ無い!! : 長野ウラドオリ

    2 users http://uradoori.com/

    SMIC to drop 0.18 micron process price - Geek.com

    1 users https://www.geek.com/