• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
m_nagase m_nagase 北海道はチョビっと欠けるだけか

2016/02/16 リンク

sirop sirop 3月9日は「部分日食」だって!わくわく✨ https://t.co/oY98IJZETg

2016/02/15 リンク

    関連記事

    【特集】2016年3月9日 部分日食 - アストロアーツ

    2016年3月9日(水)、朝10から12時ごろにかけて、日本全国で部分日食が見られます日本から日食が...

    ブックマークしたユーザー

    • tamayura102016/03/01 tamayura10
    • m_nagase2016/02/16 m_nagase
    • sirop2016/02/15 sirop
    • gooseberry07262016/02/09 gooseberry0726
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • 天の川銀河とアンドロメダ座大銀河の未来 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      位置天文衛星「ガイア」による星の動きの観測から、天の川銀河とアンドロメダ座大銀河の衝突が起こる時期は約45億年後で、これまでの見積もりよりも6億年先らしいことが示された。 【2019年2月14日 ヨーロッパ宇宙機関】 私たちがいる太陽系は天の川銀河の中にあり、その天の川銀河は50個ほどの銀河からなる「局部銀河群」と呼ばれる銀河のグループに属している。天の川銀河から約250万光年ほど離れたところにある渦巻銀河、アンドロメダ座大銀河(M31)とさんかく座銀河(M33)も、局部銀河群を構成する一員だ。 過去の研究で、天の川銀河とアンドロメダ座大銀河は近づきつつあり、数十億年後には衝突することが示されていた。とはいえ、銀河の3次元的な動きははっきりとわかっておらず、天の川銀河の未来予想図もまだ不明確である。 米・宇宙望遠鏡科学研究所(STScI)のRoeland van der Marelさんたち
    • ESAの火星探査車に「ロザリンド・フランクリン」と命名 - アストロアーツ

      6 userswww.astroarts.co.jp

      欧州とロシアの火星探査ミッション「エクソマーズ」で2020年に打ち上げ予定のローバーが「ロザリンド・フランクリン」と命名された。 【2019年2月14日 ヨーロッパ宇宙機関】 「エクソマーズ (ExoMars)」はヨーロッパ宇宙機関(ESA)とロシア・ロスコスモスによる共同の火星探査ミッションだ。2016年3月に打ち上げられ同10月から火星周回を開始した探査機「トレース・ガス・オービター(TGO)」と、2020年に打ち上げ予定の探査ローバー「エクソマーズ・ローバー」からなっており、このうちTGOは火星の大気に含まれている微量ガスを調査して、生命活動や地質活動につながる証拠を探している。 一方の「エクソマーズ・ローバー」は、火星の表面を移動する能力と火星の地中を詳しく調査する能力を兼ね備えた初の探査車だ。かつて火星には水が存在していたが、現在は強い放射線にさらされた乾いた表面が広がっている。
    • やはり人工構造物ではなかった「タビーの星」の謎の減光 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      「宇宙で最も謎に満ちた星」と呼ばれる恒星「タビーの星」の不規則な減光メカニズムの解明に一歩迫る成果が得られた。 【2018年1月10日 ペンシルベニア州立大学】 はくちょう座にある恒星KIC 8462852は地球から1000光年の距離にある、直径が太陽より50%ほど大きく表面温度が1000度ほど高い、ごく普通の星だ。ただし、一般的な変光星のメカニズムでは説明の付かない突発的な減光を起こすことが知られており、減光現象を最初に論文にまとめた米・ルイジアナ州立大学のTabetha Boyajianさんの名前にちなんで「タビーの星(Tabby's Star)」とも呼ばれている。元々はインターネット上の市民科学グループ「Planet Hunters」が、系外惑星探査衛星「ケプラー」の過去の観測データを解析する中で発見したものだ。 タビーの星の異常な減光については、その原因を説明する仮説がこれまでにい
    • 2019年2月中旬 金星と土星が大接近 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      2月中旬ごろ、未明から明け方の南東の低空で明けの明星の金星と土星が大接近する。 最接近は2月19日ごろで、約1度(満月2個分)の間隔まで近づく。前後の期間も含めて、肉眼や双眼鏡で接近の様子を眺めよう。日の出1時間前の高度が15度ほどと低めなので、見晴らしの良いところで観察しよう。金星と土星は、12月中旬にも夕方から宵の南西の空で大接近する。 関連記事 2019/02/13 2019年2月中旬 火星と天王星が大接近 2019/01/25 カッシーニが明らかにした土星の環の形成年代と自転周期 2019/01/25 2月1日、昼間の金星を見てみよう 2019/01/25 2019年2月2日 細い月と土星が接近 2019/01/25 2019年2月1日 細い月と金星が大接近 2019/01/24 2019年1月31日 細い月と木星が接近 2019/01/18 2019年1月下旬 金星と木星が接近

    http://www.yokohama-umami.jp/

    1 users http://www.yokohama-umami.jp/

    金のももたろう(プTV)

    1 users http://www.youtube.com/