• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
astroarts astroarts 宵の南東の空を彩る火星と土星、そしてさそり座の星々。今週末は満月前後の月も加わってますますにぎやかになります。「5月31日 火星最接近」特集サイト→

2016/05/20 リンク

matsumoto_r matsumoto_r 写真チャンス

2016/05/18 リンク

tomomii tomomii あらほんとに近づいていた

2016/05/18 リンク

    関連記事

    【特集】火星を見よう(2016年5月31日 地球最接近) - アストロアーツ

    ときわ目をひく赤い星 赤い星として有名な火星は、2016年5月22日地球を挟んで太陽と反対に位置する...

    ブックマークしたユーザー

    • astroarts2016/05/20 astroarts
    • matsumoto_r2016/05/18 matsumoto_r
    • tomomii2016/05/18 tomomii
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • 球状星団からの奇妙なX線フレア - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      研究者と高校生のグループが協力して実施したプロジェクトで、X線天文衛星「XMMニュートン」の膨大なアーカイブデータから奇妙なX線源が発見された。 【2018年8月15日 ヨーロッパ宇宙機関】 EXTraS(Exploring the X-ray Transient and variable Sky)は、ヨーロッパ宇宙機関のX線天文衛星「XMMニュートン」でX線変光天体を調べるプロジェクトだ。最近、15年に及ぶ観測で得られた50万個のX線源カタログが公開された。「次のステップは、莫大なデータを調べ上げて興味深いと思われるX線源を探すことです。学生のインターンシップとして、おもしろいだろうと思いました」(伊・ 国立天体物理学研究所(INAF) Andrea De Lucaさん)。 そこでINAFのSandro Mereghettiさんたちの研究チームは6人の高校生と協力して、データの解析を行っ
    • 中間質量ブラックホールの有力候補を多数発見 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      矮小銀河などの中心に存在する中間質量ブラックホールの候補天体が2つの研究チームによってそれぞれ数十個発見された。いまだ謎となっている超大質量ブラックホールの形成過程を解明する手がかりとなるかもしれない。 【2018年8月14日 Chandra X-ray Observatory】 ブラックホールには、太陽の数十倍の質量を持つ「恒星質量ブラックホール」と、巨大銀河の中心部にあって質量が太陽の100万倍から1億倍にもなる「超大質量ブラックホール」の2種類がある。これらに加えて、太陽の100倍から数十万倍ほどの質量を持つ「中間質量ブラックホール(Intermediate-mass black hole; IMBH)」が存在するのではないかと最近考えられている。IMBHかもしれない天体はいくつか報告されているが、確実にIMBHだといえる発見例はまだなく、IMBHが宇宙にどのくらいの割合で存在してい
    • 球状星団からの奇妙なX線フレア - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      研究者と高校生のグループが協力して実施したプロジェクトで、X線天文衛星「XMMニュートン」の膨大なアーカイブデータから奇妙なX線源が発見された。 【2018年8月15日 ヨーロッパ宇宙機関】 EXTraS(Exploring the X-ray Transient and variable Sky)は、ヨーロッパ宇宙機関のX線天文衛星「XMMニュートン」でX線変光天体を調べるプロジェクトだ。最近、15年に及ぶ観測で得られた50万個のX線源カタログが公開された。「次のステップは、莫大なデータを調べ上げて興味深いと思われるX線源を探すことです。学生のインターンシップとして、おもしろいだろうと思いました」(伊・ 国立天体物理学研究所(INAF) Andrea De Lucaさん)。 そこでINAFのSandro Mereghettiさんたちの研究チームは6人の高校生と協力して、データの解析を行っ
    • 基礎知識 - 2.天球と座標系

      1 userswww.astroarts.co.jp

      次に座標系について話しておくことにしましょう。座標系などというと、何かとても難しいことのような感じですが、さほど難しいことではありません。 私達の住む「地球」が球体であることはもう御存知でしょう。しかし、普段の暮らしの中では、地球が球であることはほとんど意識せずにいます。 私達は今、広い野原の真中に立って夜空を見上げています。頭の上にはたくさんの星々が輝いています。星までの距離は様々ですが、非常に遠くにあるため、距離感は感じられません。ちょうど大きな球体の内側に貼り付けられているように見えるでしょう。この大きな球体を天球といいます(右図)。 恒星だけでなく、太陽や月、惑星などもこの天球面を移動していくように見えます。 地球はこの天球の中心に位置しています。そして、私達のいる野原の真中からは天球面のほぼ半分が見えているわけ(残りは地平線の下)です。私達の頭の真上に伸ばした線が天球面と交わる点

    [PHP] CLIで利用する時にクエリ情報を便利に取得する方法 | Tips of Rubbish

    1 users http://wordpress.ideacompo.com/

    オーストリア、新首相にケルン氏 連立を維持|静岡新聞アットエス

    1 users http://www.at-s.com/