• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    【特集】2019年1月6日 部分日食 - アストロアーツ

    日食の時刻(始まり、最大、終わり)は地域によって異なりますが、おおむね「8時40分ごろに始まり10時...

    ブックマークしたユーザー

    • higahayato2019/01/02 higahayato
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • 「はやぶさ2」着陸は2月18日ごろ、リュウグウの地名も承認 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      「はやぶさ2」の小惑星リュウグウへの着陸が2月18日の週に行われることになった。またリュウグウの主な地形に「ウラシマクレーター」などの地名が命名された。 【2019年1月10日 JAXA】 1月8日の記者説明会で、探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに着陸して表面のサンプルを採取する「第1回タッチダウン(TD1)」が2月18日の週に行われることが発表された。 着陸地点は、リュウグウの赤道リッジ上にある「L08」という着陸候補エリア(100m四方)の中から、岩塊が少ない「L08-B」という領域(直径約20m)がこれまで最有力候補とされてきた。運用チームでは、これまでに3回行われた着陸リハーサルで「L08-B」周辺の詳しい画像を撮影して安全性などの検討を重ね、直径60cm以上の岩が最も少ない領域として、「L08-B1」と「L08-E1」という2か所に着陸候補地を絞り込んだ。 「はやぶさ2」の
    • 日本初のツインドーム!有楽町に「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」オープン - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      12月19日(水)、有楽町マリオンに“コニカミノルタプラネタリア TOKYO”がオープンした。この地で形を変えつつも85年間にわたって在り続けた「日劇」が2月に閉館。3つのシアターのうち2つがプラネタリウムに姿を変えた。 【2018年12月21日 星ナビ編集部】 レポート:松岡義一さん 東京の中心ともいえる有楽町マリオン(東京都千代田区)にプラネタリウムがやってきた。2つのドーム空間を擁する稀なる施設を運営するのはコニカミノルタプラネタリウム。池袋サンシャインシティの“満天”、東京スカイツリータウンの“天空”に続く、3館目の直営館となる。プラネタリウムの複数形を意味する「プラネタリア」+「TOKYO」という名前からは、並々ならぬ意気込みが感じられる。 DOME1は「多目的デジタルドームシアター」。最大8Kのドーム映像が楽しめる。座席は仮設で、番組によってはスタンディングになる。上映(上演)
    • 板垣さん、こじし座の銀河に超新星を発見、140個目 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      山形県の板垣公一さんが1月9日、こじし座の銀河に超新星2019npを発見した。板垣さんの超新星発見は通算140個目。 【2019年1月11日 Transient Name Server】 山形県の板垣公一さんが1月9日15時58分ごろ(世界時。日本時では10日0時58分ごろ)、こじし座の銀河NGC 3254に17.8等の超新星候補天体を発見した。天体の位置は以下のとおり。 赤経 10h29m21.960s 赤緯 +29°30′38.40″(2000年分点) こじし座の超新星の発見画像(撮影:板垣さん) NGC 3254周辺の星図と、DSS画像に表示した超新星。画像クリックで星図拡大(「ステラナビゲータ」で星図作成。DSS画像の版権について) 2019npの符号が付けられた後、米・ハワイのラスカンブレス天文台および中国・雲南天文台の麗江観測所で行われた分光観測により、爆発から間もない極大前の
    • 生まれたての原始惑星系円盤でも回転軸は不揃い? - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      アルマ望遠鏡による観測で、生まれたばかりの原始惑星系円盤で回転軸の傾きが円盤の内と外でずれているものが初めて見つかった。 【2019年1月10日 アルマ望遠鏡/理化学研究所】 恒星やその周りを公転する惑星系は、ガスや塵からなる「分子雲」が自らの重力で収縮して生まれる。生まれたばかりの「原始星」の周りにはたくさんのガスが存在し、原始星に向かって落下していく。これらのガスは、星に向かって落ち始めたときの回転の向きを保ったままどんどん落ちていき、やがて遠心力と重力が釣り合って「原始惑星系円盤」を形成する。そのため、原始星に向かって降ってきたガスの角運動量(回転の向きと勢いを表す量)が、のちの原始惑星系円盤の向きや大きさの起源と考えられており、円盤がどのように形作られたかを理解することは惑星形成を理解する上で非常に大事だ。 理化学研究所の坂井南美さんとYichen Zhangさん、千葉大学先進科学

    茶谷博樹 色彩マスターFX 再現性あるのか?

    1 users http://marin.epielt.tokyo/

    2019年春CDデビュー確定!!大型フェス出演決定!!『平成ラストアイドルオーディション』。元℃-ute梅田えりか、元アイドリング!!!遠藤舞らが関わる片桐周太郎が全面プロデュースのオーディション開催。元X21上水口萌乃香エントリー!? - Togetter

    1 users https://togetter.com/