• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
astroarts astroarts 東京・西武池袋店にて。 RT @astroarts_shop 12月12日(土)10時30分より「直前 ふたご座流星群撮影入門」講習会。弊社ソフトウェア開発責任者の上山治貴が流星の撮影方法を解説します。受講申し込み受付中。

2015/11/20 リンク

    関連記事

    アストロアーツ 天文講習会

    アストロアーツが開催する天体撮影画像処理等の講習会についてご案内します。 9月29日 天体写真画像...

    ブックマークしたユーザー

    • astroarts2015/11/20 astroarts
    • pero_01042015/09/15 pero_0104
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 世の中

    新着記事 - 世の中

    同じサイトの新着

    • 系外惑星の衛星らしい天体を初めて発見 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      系外惑星探査衛星「ケプラー」とハッブル宇宙望遠鏡による観測から、太陽系以外の惑星の周りに衛星らしい天体が存在する証拠が初めて得られた。 【2018年10月10日 NASA】 地球から見て惑星が恒星の前を通過する際に星の明るさが暗くなる様子を観測すると、惑星の存在を推定することができる。この「トランジット」と呼ばれる現象の観測から、これまでに数多くの系外惑星が発見されている。また、原理的には、同じ手法によって惑星の周りを公転する「系外衛星」の存在も調べることが可能だ。 米・コロンビア大学のAlex TeacheyさんとDavid Kippingさんはこうした系外衛星を探す目的で、NASAの系外惑星探査衛星「ケプラー」が発見した系外惑星のうち、公転周期が30日以上の比較的大きな軌道を持つ惑星284個のデータを分析した。そして、はくちょう座の方向約8000光年の距離に位置する恒星「Kepler-
    • 謎の高速電波バーストを新たに20個検出 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      オーストラリアの電波望遠鏡で「高速電波バースト」と呼ばれる謎の現象が新たに20件観測された。この現象の検出例が一気に約2倍に増える成果だ。 【2018年10月18日 国際電波天文学研究センター】 高速電波バースト(Fast Radio Burst; FRB)は、宇宙のある方向から突発的に電波が放射される現象だ。継続時間はわずか数ミリ秒で、全天のあらゆる方角で発生する。太陽が80年かかって放出するのと同じ量の莫大なエネルギーが一度のFRBで放出されるが、これまでに34件しか報告されておらず、その正体はわかっていない。 豪・スウィンバーン工科大学のRyan Shannonさんたちの研究チームは、オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)の電波望遠鏡アレイ「オーストラリアSKAパスファインダー(ASKAP)」を使って2017年1月から観測を行い、2018年2月までに20件ものFRBを新たに
    • 「はやぶさ2」の小型着陸機「MASCOT」の移動経路を解析 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      今月2日に探査機「はやぶさ2」から分離し小惑星リュウグウへ着陸した小型着陸機「MASCOT」について、「はやぶさ2」が撮影した画像やMASCOTに搭載のカメラの画像などから、MASCOTがどのようにリュウグウへと接近し着陸後に移動したかが明らかにされた。 【2018年10月18日 DLR/JAXA はやぶさ2/立教大学】 日本時間10月2日に、小惑星探査機「はやぶさ2」は小型着陸機「MASCOT」を分離した。「MASCOT」は6分間の自由落下の後、小惑星「リュウグウ」の表面上で11分間リバウンドを続けて静止し、その後約17時間にわたってリュウグウを探査した(参照:「はやぶさ2」の小型機「MASCOT」がリュウグウに着地成功」)。着地点は「MASCOT」運用チームによって、イギリスの作家ルイス・キャロルの著作にちなんで「アリスの不思議の国」と名付けられている。 「MASCOT」には高度計が搭
    • 17世紀に目撃された現象の正体は、白色矮星と褐色矮星の衝突 - アストロアーツ

      1 userswww.astroarts.co.jp

      1670年に目撃された、新星だと思われていた現象は、恒星同士の衝突だったことがわかってきている。アルマ望遠鏡による観測から、この現象で衝突したのは白色矮星と褐色矮星らしいことが明らかになった。 【2018年10月16日 キール大学】 1670年7月、はくちょう座の頭のあたりに突然、北斗七星の星々と同じくらい明るい新天体が出現した。この天体は徐々に暗くなった後に再増光し、さらにその後は肉眼で見えないほど暗くなった。現在この位置にはコンパクトな天体があり、その左右には塵とガスでできたリング状の構造が見られ、砂時計のような形をしている。 この天体「こぎつね座CK星」が明るくなったのは、普通の新星爆発ではなく、恒星同士の衝突によるものらしいと考えられている(参照:「星同士の衝突でまきちらされた放射性元素を発見」)。しかし、どういった種類の星が衝突したのかについては、はっきりとはわかっていない。 ア

    派遣社員として7月から働き始めて、契約書を頂いたのですが、その記... - Yahoo!知恵袋

    1 users https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

    【刀剣乱舞】ちょっと茄子はどこいったのよ? : 秒刊刀剣乱舞+

    1 users http://touken.livedoor.biz/