• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
iyamanaoto iyamanaoto あっちの世界は交通事故で兄を失ったイサコの閉ざされた心を治療するための電脳空間だった

2007/12/03 リンク

    関連記事

    イサコのための電脳空間:電脳コイル調査報告書

    ミチコさんが住んでいると言われているあっちの世界は、元は兄信彦を交通事故で失ったショックで意識を...

    ブックマークしたユーザー

    • yuiseki2007/12/03 yuiseki
    • iyamanaoto2007/12/03 iyamanaoto
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • 用語解説:電脳コイル調査報告書

      2 userswww.coil.my-sapporo.com

      その他のネフ社の商品は こちらから これはかわいい! キーポン! (Keepon!) 残念ながらyoutubeの埋め込みが出来なくなりました。上のリンクはまだ大丈夫です。 キーポンの詳しい情報はこちらからどうぞ。 スポンサー広告 ちょっと一息 ネットでお買い物 アフィリエイトの A8ネット 最新コミック 全巻そろってます! キャラクターグッズなら 「キャラアニ.com」 キャラクターアイテム満載! はやくて、やすくて カンタン。 全てが揃った 究極のレンタルサーバ さくらのレンタルサーバ 無料blog
    • デンスケとの別れ:電脳コイル調査報告書

      1 userswww.coil.my-sapporo.com

      ヤサコにとってデンスケとの出会いは、メガじいに電脳メガネをプレゼントされた事から始まり、あっちの世界との関わりもデンスケと出会った事から始まった。 そして、最後に崩壊しかけたあっちの世界からヤサコを救い出したのもデンスケであった。 デンスケはメガじいの言いつけである「ヤサコのボディーガード」である事を最後まで忠実に守ったのだ。 デンスケの最後の仕事 電脳ペットとしてのデンスケは、大黒市史跡博物館でヌルからヤサコを守るためにヌルと対決し、空間ごとサッチー2.0にフォーマットされてしまった時がヤサコとの最後の別れであった。 通常の電脳空間では電脳ペットとしてのデンスケはこの時点で消去され、メモリアルが持ち主に届けられてペットとしての存在は完全に終了してしまう。 しかし、ヤサコにとってデンスケとの別れはあまりにも突然であった。デンスケに対する強い思いが残ったままのヤサコは、母に電脳メガネを通して
    • 電脳空間のナビゲーター:電脳コイル調査報告書

      1 userswww.coil.my-sapporo.com

      メガじいからの贈り物であるデンスケは電脳医療のための治療施設の一部であった。医療用電脳空間に入る際の接続ノード(コイルスノード)として動作し、電脳空間内でのナビゲーターの役目を果たしていたようである。 5年前、ヤサコがイサコの治療用電脳空間に迷い込み、迷子になった際も元の空間に戻る事ができたのはデンスケのおかげである。 コイルスの電脳空間に特化した能力 もともと電脳医療はコイルス社が開発したものであるので、電脳医療の治療施設の一部であるデンスケもコイルス社製である。 デンスケはイリーガルを追いかけて古い空間に入り込んだ事があったが、その時は自力では元の空間に戻ることが出来ず、フミエの僕オヤジの働きにより戻ってきている。 イサコがあっちの世界への通路を開き、小此木家にその通路が繋がってしまったとき、デンスケはヤサコを守るためにあっちの世界へ入ってしまい、先にヌルに電脳体を連れ去られた京子を無
    • イサコに行われた電脳医療:電脳コイル調査報告書

      1 userswww.coil.my-sapporo.com

      兄信彦と一緒に交通事故に遭ったイサコは、一人意識を回復し兄の死を知らされたが、その現実を受け入れることが出来ず、再び意識を閉ざしてしまった。 イサコの肉体は回復に向かっているのに、意識は未だ現実に対応できていない状態を治療するために電脳医療が用いられたのだ。 理想の兄による心の治療 イサコの電脳医療に用いられた電脳空間は、イマーゴにより無意識の情報も含めてイサコ本人にとって理想の世界が作り上げられた。もちろん亡くなった兄信彦もイサコの意識から電脳物質化されていた。 そこでの兄はイサコの望みをすべて叶えてくれる存在であり、飽く事の無い遊び相手であり、悩みを打ち明けてもすべて聞き入れてくれる理想の存在であった。 しかし兄の役目は、自分は事故で亡くなっており、その現実を受け入れさせ、これからは自分に頼らずイサコ一人で生きていかなければならない事を伝える事にあった。 兄を慕っていたイサコは、別れの

    〈竜のグリオール〉シリーズ - 業務日誌

    1 users http://d.hatena.ne.jp/ShisyoTsukasa/

    第三帝国の興亡〈第4巻〉ヨーロッパの征服 (1961年) - はてなキーワード

    0 users http://d.hatena.ne.jp/