• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
toshi19650104 toshi19650104 posted by 池田敬二(一般社団法人 電子出版制作・流通協議会) 昭和35年から開催されている神田古本まつり。約100店舗が参加し、出品される本の数は100万冊以上だという。今年は10月27日(土)から11月3日(土)まで開催され

2012/11/20 リンク

    関連記事

    神田古本まつりで「電子書籍」体験を « マガジン航[kɔː]

    昭和35年から開催されている神田古本まつり。約100店舗が参加し、出品される本の数は100万冊以上だとい...

    ブックマークしたユーザー

    • toshi196501042012/11/20 toshi19650104
    • ROBOT_KUN2012/11/15 ROBOT_KUN
    • negadaikon2012/11/12 negadaikon
    • arcade00fire012012/11/12 arcade00fire01
    • murata_s2012/11/11 murata_s
    • booklover2012/11/11 booklover
    • feel2012/11/10 feel
    • s10900182012/11/10 s1090018
    • funaki_naoto2012/11/09 funaki_naoto
    • MIchimura2012/11/09 MIchimura
    • tonybin2012/11/09 tonybin
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - テクノロジー

    新着記事 - テクノロジー

    同じサイトの新着

    • 絶海の孤島の中にある日本語のヒップホップ論戦 « マガジン航[kɔː]

      1 usersmagazine-k.jp

      すこし前に奇妙な事件があった。「ヒップホップ」と「自民党」という、普段あまり一列に並ばない単語がセットになって、そして日本語のインターネット空間のなかで「炎上」していた。「燃やされた」のは自民党の新潟県連だ。このとき同組織に投げつけられていた悪罵の数々を簡単に要約すると、「自民党はリベラルではない」から「『ヒップホップ』なんて口にするな!」というものだった。なぜならば「ヒップホップとは『つねに弱者の側に立つ』カウンターカルチャーだから」と……この経緯の一部は朝日新聞にも載った。7月の半ばごろの話だ。 と聞いて「えっ、ヒップホップってリベラルだったの?」と素朴な疑問を持ってしまったあなたは、正しい。ゆえにこの事件について、僕はここで腑分けを試みてみたい。その内側には、音楽文化への「日本にしかない」とてつもない誤謬が含まれていると考えるからだ。 日本語のインターネット空間は絶海の孤島か まずは
    • 月のはじめに考える-Editor’s Note « マガジン航[kɔː]

      1 usersmagazine-k.jp

      まるで沈みゆく泥舟のようではないか、と思う。日本の出版業界のことだ。 このコラムは毎月、基本的に月初に公開することにしている。毎月更新される小田光雄氏の「出版状況クロニクル」や、ジュンク堂書店の福嶋聡氏の「本屋とコンピュ… 続きを読む
    • 出版業界は沈みゆく泥舟なのか « マガジン航[kɔː]

      1 usersmagazine-k.jp

      まるで沈みゆく泥舟のようではないか、と思う。日本の出版業界のことだ。 このコラムは毎月、基本的に月初に公開することにしている。毎月更新される小田光雄氏の「出版状況クロニクル」や、ジュンク堂書店の福嶋聡氏の「本屋とコンピュータ」といったコラムを意識しつつ書いているのだが、これまではできるだけポジティブな話題を見つけるようにしてきた。でも今月はどうしても筆が進まず、公開が週をまたいでしまった。いまだに何を書いてよいやら、という諦めのような境地にさえなっている。 「文字もの」電子書籍は未だに紙の4% そうした思いを抱いた理由の一つは、先月に相次いで公開された出版市場統計である。 まず、インプレス総合研究所から2017年の日本の電子書籍と電子雑誌の市場規模が発表された。同研究所の調査によると、昨年の電子書籍市場規模は前年比13.4%増の2241億円、電子雑誌市場規模は前年比4.3%増の315億円。
    • 出版業界は沈みゆく泥舟なのか « マガジン航[kɔː]

      278 usersmagazine-k.jp

      まるで沈みゆく泥舟のようではないか、と思う。日本の出版業界のことだ。 このコラムは毎月、基本的に月初に公開することにしている。毎月更新される小田光雄氏の「出版状況クロニクル」や、ジュンク堂書店の福嶋聡氏の「本屋とコンピュータ」といったコラムを意識しつつ書いているのだが、これまではできるだけポジティブな話題を見つけるようにしてきた。でも今月はどうしても筆が進まず、公開が週をまたいでしまった。いまだに何を書いてよいやら、という諦めのような境地にさえなっている。 「文字もの」電子書籍は未だに紙の4% そうした思いを抱いた理由の一つは、先月に相次いで公開された出版市場統計である。 まず、インプレス総合研究所から2017年の日本の電子書籍と電子雑誌の市場規模が発表された。同研究所の調査によると、昨年の電子書籍市場規模は前年比13.4%増の2241億円、電子雑誌市場規模は前年比4.3%増の315億円。

    Yahoo!みんなの政治 - 野田 佳彦 - みんなの評価

    1 users http://seiji.yahoo.co.jp/

    もんじゅ概算要求に地元から注文 存廃両面対応に敦賀市長ら継続要請 原発再稼働問題 福井のニュース :福井新聞

    1 users http://www.fukuishimbun.co.jp/