• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    レアル・マドリードCF 現地観戦ガイド - euronavi.net ヨーロッパサッカー観戦ガイド チケットの買い方 スタジアムガイド 旅行スケジュールの組み方 ホテル予約など

    Sさん2012年3月15日):3月4日(日)レアルエスパニョール戦を観戦。 チケットは事前にservi caixa...

    ブックマークしたユーザー

    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • [ポルトガル]ブラガ・ムニシパル・スタジアム見学記 - euronavi.net ヨーロッパサッカー観戦ガイド チケットの買い方 スタジアムガイド 旅行スケジュールの組み方 ホテル予約など

      1 userwww.euronavi.net

      2010年02月15日(月) ブラガ ブラガ・ムニシパル・スタジアム見学記 Text & Photographs by ブンデスファン様 2010年2月にポルトガル、ドイツを旅行されたブンデスファン様よりブラガ・ムニシパル・スタジアムのスタジアムツアーについて御寄稿頂きました。EURO2004会場として建設された個性的なデザインのスタジアム。どうぞお楽しみ下さい。(管理人より) EURO2004開催にあわせて作られたスタジアム。その後、SCブラガがホームスタジアムとして使っています。世界中探してもナカナカ、お目に掛れないインパクトのでかいスタジアムです。ゴール裏が2か所ともスタンドがなく、そのうち一方はナント、崖が面しているのが特徴。 ブラガvsマリティモ戦、観戦に失敗。未練たらたらで翌日、どうしても"ゴール裏の崖"が見たくて、街中のツーリスト・インフォメーション(英語)で尋ねたところ、「
    • 現地観戦で使えるミニドイツ語講座@ブンデスリーガ観戦ガイド(現地編) euronavi.net/de

      1 userwww.euronavi.net

      ドイツでサッカーを観戦する時には、ぜひドイツ語を! 2006年W杯に向けて、ドイツ文化センターでは「ワールドカップ2006ドイツへのパス」というサッカーカレンダーの配布をスタートした(当サイトも紹介されています!)。その中では、ドイツ文化センターならではのドイツ語に関するミニ講座も収められている。 ドイツ語は2006年W杯(ドイツ大会)、そしてEURO2008(オーストリア・スイス大会)と、2大会有効だ。ぜひ、サッカーファンならドイツ語も勉強してみよう。まずは、以下で紹介している簡単なフレーズを覚えてドイツ語の雰囲気をつかもう。スタジアムで観戦する機会のある人はさっそく試してみよう。 なお、これらのドイツ語講座を含んだサッカーカレンダーの申し込みは、一番最後に紹介しているリンク先を参考に! ■ Tor für Deutschland (http://www.goethe.de/2006)
    • ASローマ 現地観戦ガイド - euronavi.net ヨーロッパサッカー観戦ガイド チケットの買い方 スタジアムガイド 旅行スケジュールの組み方 ホテル予約など

      1 userwww.euronavi.net

      hajiusonさん (2011年2月17日): 2010.11/20(土)セリエA ローマvsウディネーゼ 2010.11/23(火)CL予選 ローマvsバイエルン 2010-2011シーズンは、当日券を一切販売していません。(ラツィオ州在住者向けのみの当日券販売を、グランテアトロと言うスタジアムからかなり離れた場所で行ってるみたいです) 当日にローマ入りする方や前日までにローマストアへ行けない方は、 事前にLis Ticketから申し込みをしましょう。【バックスタンド中央(63EUR-73EUR)・メインスタンド(90EUR前後)のみ販売。高いっす(汗)】 ローマストアであれば”前日まで”全席種を購入することが可能ですが、 ゴール裏南側のウルトラが集まる場所や、 安い席種の南側から早い段階で売り切れて行くみたいです。 ローマストア購入時と試合当日は必ずパスポートの提示が必要です。 チケ
    • ヘルタ・ベルリン 現地観戦ガイド - ブンデスリーガ専門サイト euronavi.net/de

      1 userwww.euronavi.net

      |基本情報|選手プロフィール|ユニフォーム・ファンショップ|現地観戦ガイド・練習見学| ◆ ベルリナー・オリンピア・シュタディオン (Berliner Olympiastadion) ベルリンのオリンピア・シュタディオンは、その名の示す通り、1936年ベルリンオリンピックのメイン会場として、ナチス政権の下、1934年に誕生した。 戦後、西ベルリンにあったため、西ドイツ内のスタジアムの1つとして新たな歴史を刻むことになった。1974年のワールドカップ西ドイツ大会では会場の1つに選ばれ、72年から73年にかけて、メインスタンド部分を中心に26,000席を覆う屋根が設けられた。 2006年ワールドカップでは、決勝会場に選ばれた。そのため、2000年より足掛け4年に及ぶ大幅な改築工事が進められ、2004年夏には全席屋根付きの近代的な総合スタジアムに生まれ変わった。 ブルーカラーが目に鮮やかな陸上ト

    温室効果ガス:削減目標、日本は「25%」正式決定 対立、より複雑化 - 毎日jp(毎日新聞)

    1 user http://mainichi.jp/

    Ext JS with Rails: Ext JS vs. Google Closure

    2 users http://www.extjswithrails.com/