• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
tyuuboulinks tyuuboulinks ジョン・ランスキー氏のサイトが閉鎖したので探すのに苦労したよ

2009/02/04 リンク

    関連記事

    戦術君&さようなら、戦術君

    戦術ベガルタ仙台が誇る、 Jリーグサポーター界で超有名な人物。 それが戦術君。 最初、「戦術君」...

    ブックマークしたユーザー

    • tyuuboulinks2009/02/04 tyuuboulinks
    • shidehira2007/06/09 shidehira
    • U402006/10/23 U40
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - エンタメ

    新着記事 - エンタメ

    同じサイトの新着

    • 20181013

      1 userswww.geocities.jp

      最近の話題 2018年10月13日 1.Intelが第9世代のCore CPUを発表 2018年10月8日のTom's Hardwareが,Intelの第9世代Core CPUの発表を報じています。ニューヨークで行われた発表イベントでは美人プロゲーマーのStephanie Harvey氏が登場するなど,第9世代Coreプロセサのゲーム性能の高さをアピールする発表でした。 今回発表された最上位のプロセサは,i9-9900Kで,8コア/16スレッドで,ベースクロックは3.6GHzですが,シングルコアのターボ状態では5GHzまで引き上げられます。そして,液体窒素冷却では1コアなら7.4GHzという記録もあるようです。 i9-9900Kは16MBのLLCを搭載し,TDPは95Wとなっています。また,i9-9700Kはベースクロックは3.6GHzですが,ターボが4.9GHzとなり,LLCが12MBと
    • パンフレット(原爆落下中心碑、平和公園)

      1 userswww.geocities.jp

      【原爆落下中心碑】 1945年(昭和20年)8月9日午前11時2分、松山町171番地(当時)の上空約500メートルで史上2番目の原子爆弾の炸裂しました。黒御影の石柱は、その中心地を示しています。 当時、この松山町には約300世帯、1,860人余の一般市民が生活していましたが、偶然に防空壕に避難していた9歳の少女を除いて、全員が即死しました。 現在の中心碑は、1961年(昭和36年)3月に建てかえられたものですが、被爆50年記念事業として母子像の設置が計画されたことに伴い、撤去されることになりました。 中心碑の撤去は、被爆者らの強い反発で断念されたものの、母子像は1997年に公園内の別の場所に設置され、憲法の政教分離の原則に反するとして、市を被告とした裁判が提訴されましたが、今年の10月に最高裁により上告が棄却され、原告の敗訴が確定しました。 また、中心碑撤去反対の署名をコンピュータに入力し
    • 御嶽山の噴火記録

      1 userswww.geocities.jp

      いつも心の篭った手料理を有り難うございます。 噴火当日、心配して下さった方々からの電話やフェイスブックを通じて頂いたメッセージの数々、実家にハガキを送って下さった常連のお客様には本当に勇気付けられました。下山から2ヶ月ほどは噴火に関する夢を見てストレスを感じることもありましたが、今は大丈夫です。 この場を借りて心より御礼申し上げます。 ホーム>>【2014年・御嶽山噴火】~小屋閉め編~ 6合目・中の湯に到着したのは午後7時40分頃で、そこからマイクロバスに乗って御岳ロープウェイの山麓駅へと向かった。 そこには夜8時を回ってもなお多くの登山者が列を成しており身元の確認や今後の対応について指示を受けていた。また、安否不明者の家族の姿もあり、共に下山した山小屋スタッフの中には説明を求められる者もあった。 施設の2階には医療チームが待機しており、運ばれて来た怪我人の手当てを行なっていた。 その後、
    • 批判的書評「イエスという男」

      1 userswww.geocities.jp

      フレームで表示するにはホームの「書評」からアクセスしてください (Googleで検索し表示するとテンプレート式の文字ページになります) この書評は『マルコによる福音書の新考察』と対になったものですので、ぜひそこをご参考ください。 これらと、Q&A集ページの『宗教問題へのご質問の回答欄(十字架と生贄)とで、キリスト教の本質の全貌が見える三部作になっています。 同じくQ&A集ページの『マルコによる福音書の新考察』へのご質問の回答欄もご参考ください。 まず著書の各章の展開を追いながら段落に分ける。各段落では著者の文章のまとめ的な略述やカギ括弧の引用文がある。これらの末尾の丸括弧内の数字は当該ページを示している。 書評は各章の任意の段落の下に[註]を設けてこの色の文字を使って行なう。なお批評はこの著作を著したかぎりでの著者に対してのみ向けられたものである。 はじめに(読後感) 目次 第一章 逆説的

    http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/biz/416004

    1 users http://nikkeibp.jp/

    http://nya.livedoor.biz/archives/50225142.html

    3 users http://nya.livedoor.biz/