• 人気コメント
  • 新着コメント
  • すべてのブックマーク
  • このページの情報

日本での翻訳権について の人気コメントはまだありません。 同じ時期に公開された 著作権 タグを含む記事は、 「楽園の鳥」メモ - 番外:寮美千子編訳『父は空 母は大地』が盗用されている3 users
http://d.hatena.ne.jp/ysk/20070801 HARMONIA:父は空 母は大地:参議院議員・岩井國臣氏による著作権侵害について3 users
http://ryomichico.net/seattle-iwai.html HARMONIA:父は空 母は大地:岩井國臣氏宛の警告書2 users
http://ryomichico.net/seattle-notice.html などがあります。
同時期の 世の中 カテゴリーの記事は、 Amazon.co.jp: 小千谷から―新潟県中越大震災から2年半被災地で暮らす主婦の記録: おぢやのおやぢママ: 本2 users
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4757213123?tag=hatena-b-22 小原観光協会|四季桜|小原歌舞伎|和紙のふるさと4 users
http://www.kankou-obara.toyota.aichi.jp/ などがあります。

  • Lian Lian "1970年12月31日以前に刊行された本については、依然として上記の10年留保が適用され、刊行後10年間、翻訳出版されていなければ翻訳権を取得する必要はない" 2012/09/08
  • mohno mohno 「原著の刊行された時点から10年 (該当する場合には+戦時加算) 以内に、日本国内で正式に契約されて翻訳出版がされなければ、その本の翻訳権は自由使用となる」 2010/06/15

▼ ブログで紹介する
最終更新: 2007/09/21 18:00

このブックマーク一覧を非公開にするには?

ユーザーはみんなでブックマークを共有して、効率良く情報収集しています。あなたもはてなブックマークを始めてみませんか?

このエントリーを含むはてなブログ(3)

おすすめカテゴリ - 事件

新着エントリー - 世の中

関連商品

翻訳権について 海外の作品を日本で翻訳して出版するには、原則として翻訳 (出版) 権というものを取得しなければなりません。原著者または著作権者と交渉し、アドバンス(前払い金)、印税率などの条件を取り決めた契約を交わした上で、翻訳・出版することになります。しかし、ある一定の時期をすぎたものについては、翻訳権の取得は必要でなくなります。シェイクスピアディケンズなど既に著作権の消滅した古典は言うまでもありませんが、1960年代の作品でも、条件によっては自由に出版できる場合があります。実際には、翻訳権の問題は色...