• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
iyamanaoto iyamanaoto ハンニバルは妹ミーシャ殺害の最後の一人ブロニス・グレンツをカナダで処刑したが、それは復讐に突き動かされたのではなく、ただの楽しみとして行われた

2007/08/31 リンク

    関連記事

    妹ミーシャ殺害の最後の生き残り:ハンニバル・レクター資料室

    ヴラディス・グルータス一味のブロニス・グレンツは戦後まもなく難民船でカナダへ逃れているが、それは...

    ブックマークしたユーザー

    • iyamanaoto2007/08/31 iyamanaoto
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • フランスの牡蠣養殖法:ハンニバル・レクター資料室

      1 userswww.hannibal.my-sapporo.com

    • ブロニス・グレンツ:ハンニバル・レクター資料室

      1 userswww.hannibal.my-sapporo.com

      ヴラディス・グルータス一味のブロニス・グレンツは戦後まもなく難民船でカナダへ逃れているが、それは難民というよりナチス協力者としての追求を逃れ、海外に逃走した他のナチス協力者との連絡係となるのが目的であったようである。グレンツのアドレスブックには、戦後イギリス政府が配布したナチス戦犯のリストに載っている関係者が多数記載されていたからである。 しかし、ハンニバルにとってグルータス一味の最後の一人ブロニス・グレンツを殺害し、妹ミーシャの復讐を完結させることはどのような意味があったのであろうか?新天地に移ってからもあえて危険を冒したのは何故なのか? すでにグルータスとその一味のほとんどを殺害し、フランスから半ば追放された形で新天地アメリカに移ってきたハンニバルにとって、一味の最後の生き残りのブロニス・グレンツははっきり言ってもうどうでもよい存在であったはずである。
    • 新世界で新たな出発:ハンニバル・レクター資料室

      1 userswww.hannibal.my-sapporo.com

      ハンニバルは医学校の指導教官であるデュマ博士の尽力により、アメリカ・ボルティモアのジョンズ・ホプキンス医療センターにインターンとして働く事になった。 新世界アメリカは、ハンニバルにとって大変魅力的であった。 ハンニバルにとって、アメリカ人は大変あけっぴろげで容易に内心を読み取る事ができるからである。 新世界でのハンニバルの将来はほぼ約束されていたかに見えた事だろう。
    • 最初のアメリカ時代:ハンニバル・レクター資料室

      1 userswww.hannibal.my-sapporo.com

      ハンニバルは医学校の指導教官であるデュマ博士の尽力により、アメリカ・ボルティモアのジョンズ・ホプキンス医療センターにインターンとして働く事になった。 新世界アメリカは、ハンニバルにとって大変魅力的であった。 ハンニバルにとって、アメリカ人は大変あけっぴろげで容易に内心を読み取る事ができるからである。 新世界でのハンニバルの将来はほぼ約束されていたかに見えた事だろう。

    μTorrent - コンパクト&動作軽快な Torrent クライアントソフト これは使える!?フリーソフト

    1 users http://sogefreesoft.blog88.fc2.com/

    http://ude.kbh13.net/modules/news/article.php?storyid=11

    1 users http://ude.kbh13.net/