• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
amsoat amsoat 表現に携わる全ての人に考えてほしい、「美しい」とは何かという問題。この本は買ってみようと思う。

2011/07/06 リンク

    関連記事

    人はなぜ「美しい」がわかるのか - 伝えたいデザイン KENZWEB 4.4 DESGIN BLOG - 「伝えたい」デザイン KENZWEB 4.0

    むしろ、わからなくなってしまたかもしれない。 でも、きっと、何か確実に、世界を見る目が変わったと...

    ブックマークしたユーザー

    • amsoat2011/07/06 amsoat
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • モールドウレタン - 伝えたいデザイン KENZWEB 4.4 DESGIN BLOG - 「伝えたい」デザイン KENZWEB 4.0

      1 userswww.k-en.net

      背も座も全部木や金属でできているものを除き、ふつう椅子やソファというのは、フレームがあって、それにさまざまな弾力性のあるクッション材を載せて、ファブリックで張りぐるんで作ります。で、高価なソファではスプリングや羽毛を使ったり(こだわりのある人は馬毛や椰子の実繊維を使ったり)もしますが、ふつうは木で組んだフレームに堅めのチップウレタン、柔らかいソフトウレタンを組み合わせて椅子のカタチを作っていきます。 面倒だ! そもそも発泡ウレタンは元は液体でどんなカタチにでも成型できるんだから、始めから椅子のカタチした型に入れて、一発でイス型のウレタンを作ってしまえ!という発想から誕生したのが、ウレタンモールド成型技術、それによってできた素材を「モールドウレタン」と呼んでいます。 LOW-RES / SOGO / Designed by Dodo Arslan 初代バーチャファイターのような、巨大ポリゴン
    • レムコールハース / 錯乱のニューヨーク - 伝えたいデザイン KENZWEB 4.4 DESGIN BLOG - 「伝えたい」デザイン KENZWEB 4.0

      1 userswww.k-en.net

      はるか東の街では各種デザイン祭で盛り上がってる最中かと思いますが,今年はスケジュールの都合もあってここ高山に大人しく引き籠もってることにしました. ここしばらく陥っていた「何もアイデアが出ない→やる気も出ない」というプチスランプも,今日の課題で収束の兆しが見えたので,刺激の強い街に出るなんて荒療治も必要ないかな,浮いたお金で本でも買おう,という結論に至って今ここにいます. しかし! そのプチスランプの最大の原因は何かというと,それもまた本だったりするのがアイロニー. デザインは偏執症的に誇大化された妄想に過ぎないのか 現代建築界の巨人(事務所の名前OMA=Office for Metropolitan Architectureが由来か)と言われるレムコールハース.僕の生まれる10年も前,1970年の建築家としてはまだ作品もないような無名時代に出版された,強硬で痛烈な語り口によりマンハッタン
    • BISCO LOW TABLE - WORK - 「伝えたい」デザイン KENZWEB 4.0

      1 userswww.k-en.net

      4人くらいまでで,床座で囲んでお茶とケーキを嗜むためのローテーブル.狭い部屋で場所をとらないように,狭い部屋だからこそ座る位置を限定しないで自由な場所でくつろげるようにと,あえて最小限の面積を長方形で確保してみました. 蟻型吸い付き桟製作実習のためのデザイン 「吸い付き桟」とは,テーブル天板の裏に蟻型の溝を突き,1面を同形状に加工した角材をスライドして押し込んで,接着剤無しで取り付ける加工のこと.要するにテーブル天板にゲタの歯みたいなのを取り付けます.これはもちろんテーブル天板の反りを防止することが大きな目的ですが,同時に脚部を接続するための構造にすることで,それだけでテーブルに必要な機能を満たし,また特別な金具も必要なく見た目にスッキリしていることからも,伝統的に好まれる工法であることにはとても共感が持てます. このテーブルは,偏にその「吸い付き桟」の長所を大フィーチャーしたテーブルで,
    • Piet Hein Eek - 伝えたいデザイン KENZWEB 4.4 DESGIN BLOG - 「伝えたい」デザイン KENZWEB 4.0

      1 userswww.k-en.net

      リサイクル素材だからこその魅力を引き出したデザイン家具 2005.11.17 Tweet 東京で一番見たかったのは,実はこれだったかもしれません. オランダのPiet Hein Eek(ピート・ヘイン・イーク)が手がけるスクラップウッドファニチャー.その名の通り,様々な場所や用途で使われていた家具などの木製品を,一度完全にばらして板にして,でもその外装の表情を残したまま新しい家具として生まれ変わらせた商品です. 最初に断っておきますが,造りは最悪です.加工技術は低いし,精度が甘くてガタガタだし,それでいて軽い材なのでますます安定感はなく,あらゆる引出や戸棚が何のために使うべきか皆目見当がつかない闇雲なサイズ,位置に設定されています. が,それなのに,そんなことくらいさておいちゃえるくらい,このシリーズは魅力的です. 古材(こざい)の魅力は確かにあります.新しい材料との大きな違いは,そこにか

    MSN Japan - ニュース, 天気, メール (Outlook, Hotmail), Bing検索, Skype

    2 users http://www.msn.com/

    松永英明@ことのは#ゲニウス・ロキ on Twitter: "英語が「国際語」であるかのように思われているのは、単に大英帝国の植民地が最後まで残ったというだけの話。英語を母語とする話者と、非母語間の差がどうしても出るという不平等さは、何語を国際共通語にする場合でも存在する。"

    2 users https://twitter.com/kotono8