• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    C/Migemo — KaoriYa

    ローマ字入力から日本語を(インクリメンタルに)検索するための正規表現を生成するMigemoを配布していま...

    ブックマークしたユーザー

    • mieki2562015/01/02 mieki256
    • kawacho2014/10/22 kawacho
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - テクノロジー

    新着記事 - テクノロジー

    同じサイトの新着

    • 設定ファイルとしての main.go — KaoriYa

      26 userswww.kaoriya.net

      「設定ファイルとしての main.go」というポリシーを解説し、 そのポリシーを適用した自作のツールカタログ koron/gtc の事例を紹介します。 この記事は Go Advent Calendar 2017 (その1) 10日めの参加記事です。 なお Go Advent Calendar 2017 はその4まであります。 設定ファイルとしての main.go golang を書かれる皆さんは、 golang でツールを書いた際にその設定ファイルはどうしているでしょうか? オーソドックスに JSON でしょうか? 可読性高く YAML? はたまた TOML でしょうか。 この記事では「設定ファイルとしての main.go」というポリシーを紹介します。 英語で書くと main.go as a configuration ですかね。 なので以下では仮に MaaC と表記します。 このポリシー
    • Vim の DirectX を速くした話 — KaoriYa

      39 userswww.kaoriya.net

      先日の記事 に書いたとおり Vim のカラー絵文字パッチにより、 DirectX (正確には DirectWrite) を用いた画面描画がめちゃくちゃ速くなりました。 その記事にはこんなことを書いていましたね。 そして僕は大きな間違いに気がついた。 詳細を説明はしませんが、一言で言えば「Vimは標準的なWin32アプリではない」 このあたりをちょっと詳細に説明してみようと思います。 なので Vim の話でありながらほとんど Windows の話になります。 しかも無駄に長くなりそうです。(実際なった) なおこの記事は Vim Advent Calendar 2017 3日めの参加記事です。 遅かった理由 速くなった理由を知るには、その前の遅かった理由を知る必要があるでしょう。 まずはそれを見ていきましょう。 DirectWrite には大きく分けて2つの描画方法があります。 GPUの性能を
    • カラー絵文字パッチ制作の経緯 — KaoriYa

      76 userswww.kaoriya.net

      2017/11/26 19:30 頃に vim/vim へ pull request を出したカラー絵文字パッチが、 わずか3時間半のうちにマージされました。 制作に関わったのは mattn さん、k-takata さんそして私の3人で、 超優良な品質のパッチという自負はありましたが、 それでもこの短時間でのマージはまったく予想しておらず、 望外のことに喜びと達成感もひとしおです。 ではその余韻の残るうちに、 この色付き絵文字対応パッチ制作の時間的経緯を ログを掘り返して書き記しておきましょう。 本来は Vim アドベントカレンダーのほうにも使えるネタなんですが、 まぁそちらには別のやつを考えましょうってことで。 あ、メッチャ長いんで要注意。 前日譚 まず以前から mattn さんは色付き絵文字を出したいと表明していました。 先日行われた VimConf 2017 でも言っていましたね。
    • Vim昔語2011 — KaoriYa

      4 userswww.kaoriya.net

      目次 第一話 遭遇編 第二話 スクリプト編 第三話 激闘編 第四話 昇華編 第五話 翻訳編 最終話 未来編 あとがき 勢いだけで書いてきて未回収の伏線もあったりしますが、そろそろ記憶のほうもかなり曖昧になってきましたので、ここで一つの区切りといたします。2011年のお盆の緊急特別企画ということで楽しんでいただければと思います。 幾分古いことですし、またエンタテインメントとしての性格が強いものですので、文章の表現には誇張や創作があることをお赦しください。また文章中に名前をあげました皆々様には、事前の許可などいただかず誠に申し訳ありませんでしたが、なにとぞご理解とご協力の程をお願いいたします。同時にネタになっていただきありがとうございました。 こういう企画文章を集中的に掲載するのってしんどいですけど面白いですね。特にtwitterを中心にほぼリアルタイムに反応をいただけるのが、執筆を進める上で

    【社会】反日韓国人攻略法…論客「絶対に下手に出ない」「韓国人はウソをつくものだと思う」:黒マッチョニュース

    1 users http://kuromacyo.livedoor.biz/

    森の時計 and 北時計|音楽|夏の北海道 旅ぴゅあ

    1 users http://manabu18.blog.shinobi.jp/