• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    東洋・西洋の古典書籍

    東洋西洋古典書籍では成立が1900年以前の書籍を洋の東西を問わずに集めています東洋のものは四書...

    ブックマークしたユーザー

    • maruyoshi1042014/01/14 maruyoshi104
    • lilikacocone2012/11/16 lilikacocone
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • 圓石を千仞の山に転ずるが如き者(孫子 - 兵勢[5])

      1 userswww.kokin.rr-livelife.net

      孫子-兵勢[5]故に善く戦ふ者は、之を勢に求めて、之を人に責めず。 故に能く人を擇びて、勢に任ず。 勢に任ずる者、其の人を戦はしむるや、木石を転ずるが如し。 木石の性、安ければ則ち静に、危ければ則ち動き、方ならば則ち止まり、圓(えん)ならば則ち行く。 故に善く人を戦はしむるの勢ひ、圓石(えんせき)を千仞(せんじん)の山に転ずるが如き者は、勢なり。 現代語訳・抄訳故に善く戦う者は、勝機を勢に求めて、その多寡に因らず。 故によく適材適所を為して、勢に任ず。 勢に任ずれば、人を勇躍して戦はしむること木石を転ずるが如し。 木石の本性は、平地なれば静となり、傾斜なれば動となり、角なれば止まり、円なれば行く。 故に善く人を戦はしむるを為すの勢い、険しき山に円石を転ずるが如き者は、勢である。 出典・参考・引用山鹿素行注・解「孫子諺義」87-90/183関連タグ孫子孫武古典備考・解説孫子始計篇に曰く「勢は
    • 管子 - 一年の計、十年の計、終身の計(「管子」権修) - 古典の名言

      1 userswww.kokin.rr-livelife.net

      一年の計は穀を樹(う)うるに如(し)くは莫く、十年の計は木を樹うるに如くは莫く、終身の計は人を樹うるに如くは莫し。 一樹一穫なる者は穀なり、一樹十穫なる者は木なり、一樹百穫なる者は人なり。 我れ苟(いやしく)も之れを種(う)う、神の之れを用ふるが如し。 事を挙ぐること神の如き、唯(こ)れ王の門。 一年の計は穀物を植えるに及ぶものはなく、十年の計は木を植えるに及ぶものはなく、終身の計は人を植えるに及ぶものはない。 一を植えて一の収穫があるのは穀物であり、一を植えて十の収穫があるのは木であり、一を植えて百の収穫があるのは人である。 これを的確に植えるは、神がこれを用いるようなものである。 物事を導くこと神の如し、そうであって始めて王者という。
    • 慧春尼とは - 語彙

      1 userswww.kokin.rr-livelife.net

      エピソード慧春尼は三十歳を過ぎた頃、兄の了庵禅師に出家を願ったが許されなかった。 黙って退いた慧春尼は顔を火鉢で縦横に焼き、兄の元に戻って「古人法を求むるに身命を惜しまず。我れ今形骸を枯木にす。請ふ出家を許せ」と再び願った。 兄の了庵はやむなく許したという。 慧春尼は美貌であったとされ、多くの男に付き纏われたが少しも構うことはなかったという。 顔を焼いて出家した慧春尼であったが、それでも若僧から恋焦がれ、寝床に這いこんで来たその僧に泣きながら口説かれたので、慧春尼は「これ易事のみ。我と汝は僧であるから、交わるならば尋常のところはよしましょう。私に考えがありますから、その期に及んでは拒んではいけません」となだめて帰した。 その数日後、了庵上堂の大会の日、慧春尼はわざと性の大事について人々へ法問を向けた。 誰もが、偉そうに構えながら性のことに触れると口しぶる。 そこで慧春尼は、先夜の若僧の名を
    • オーソン・ウェルズ - 時は積もる - 名言・座右の銘

      1 userswww.kokin.rr-livelife.net

      追加ボタンで本項の名言「時は積もる(オーソン・ウェルズ)」が名言リストに追加されます。 詳しくは名言集を作成するを参照してください。

    「ネット生保」の競争激化 楽天が参入、ライフネットは新商品と顧客対応力で対抗 : J-CASTニュース

    5 users http://www.j-cast.com/

    マカロニグラタン レシピ 牧野 哲大さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

    3 users https://www.kyounoryouri.jp/