• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
sotarok sotarok ありがとうございますっ

2016/05/14 リンク

    関連記事

    Crowi のいいとこ、今後に期待するところ

    まだ使い始めたばかりですが、期待していないところでこれいいな!と思ったところを 記事の公開範囲を指...

    ブックマークしたユーザー

    • sotarok2016/05/14 sotarok
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • Linux で loopback デバイスを増やす

      1 userswww.kunitake.org

      2006-09-06 どんどん ISOイメージを mount していったら、8つ以上できないんだけど……と相談されて調べてみる。 どうやら、default では 8つしか扱えないらしい(/dev/loop0 〜 /dev/loop7) ということで、増やす方法を調べてみると、ずばり書いてあるサイトが Linux.com - Adding Support for More Loop Devices http://www.linux.com/howtos/CDServer-HOWTO/addloops.shtml loop デバイスが module として組み込まれている場合は /etc/modules.conf とかに options loop max_loop=64 とかして上限値を動的に変えられるみたい。module じゃなくてカーネルに組み込まれている場合は boot オプションに b
    • device is busy でも umount する方法

      2 userswww.kunitake.org

      2008-08-22 大抵、自分がカレントディレクトリに入っていることを忘れてることが多いです。 $ su - # mount /dev/dvd /mnt で mount してるときに、他のターミナルから $ cd /mnt $ ls $ .. などと作業していたのに、それを忘れて、root になっているターミナルで # umount /mnt umount: /mnt: device is busy とか言われてしまいます。この場合は、lsof や fuser を使えば、その理由がわかるので、リカバーは簡単です。 # lsof /mnt COMMAND PID USER FD TYPE DEVICE SIZE NODE NAME bash 12756 kunitake cwd DIR 7,0 2048 1536 /mnt # fuser -v /mnt USER PID ACCESS C
    • ssh のポートフォワーディングが動かない……

      1 userswww.kunitake.org

      Ajax (14) Amazon (1) Apache (28) Backup (4) Benchmark (5) Blog (3) Book (22) C (10) CGI (2) CPAN (8) CSS (2) Catalyst (8) CentOS (2) Chalow (11) CheatSheet (3) Computer (2) Crowi (1) DB (8) DBIC (10) DNS (6) Debian (31) Design (5) Django (9) Docker (7) Emacs (22) English (13) Excel (3) FileSystem (3) Firefox (19) Flash (2) Food (25) Framework (3) GTD (4) Gadget (6) Gmail (1) Google (19) HTML (2) H
    • systemd / 戯れ言

      1 userswww.kunitake.org

      ■ systemdによる /tmp, /var/tmp への制限 [systemd] なにかあると疑われるのが SELinux だったりしますが、それに systemdが加わりそう?です。 CGI 書いてると、テンポラリで /tmp や /var/tmp に書き込むタイプもいると思いますが、RHEL7/CentOS7 の systemd では、CGI から /tmp, /var/tmp への書き込みがプロセス毎に分離されているようです。 - /usr/lib/systemd/system/httpd.service にある "PrivateTmp=true" がその設定です。これが true になっていると、 - /tmp/systemd-private-xxxxx/tmp - /var/tmp/systemd-private-yyyyyy/tmp ※xxxxxx, yyyyyyはプロセス

    『MACK TALK SESSIONS at 京都岡崎 蔦屋書店』 京都市国際交流会館 - 全国のイベント情報 : CINRA.NET

    1 users https://www.cinra.net/

    RPubs - R package colortools

    1 users https://rpubs.com/