• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
iyamanaoto iyamanaoto イラク戦争の開戦原因が大量破壊兵器の保持であったが、そんなものはなかった事が今では明らかになっている。ありもしない大量破壊兵器のおかげでとんでもない戦争が引き起こされてしまったのだ。そこに切り込んだグ

2010/06/09 リンク

    関連記事

    公開のタイミングを逸した、グリーン・ゾーン:オヤジの映画の見方

    イラク戦争の原因を鋭く指摘した作品 イラク戦争の開戦原因となった、大量破壊兵器存在ウソであった...

    ブックマークしたユーザー

    • iyamanaoto2010/06/09 iyamanaoto
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - エンタメ

    新着記事 - エンタメ

    同じサイトの新着

    • ブートキャンプの実態を描いたONE SHOT ONE KILL:オヤジの映画の見方

      1 userswww.movie.my-sapporo.com

    • どうにも消化不良なプロメテウス:オヤジの映画の見方

      1 userswww.movie.my-sapporo.com

      なぜ人類誕生とエイリアンを無理やり関連付けたのか? エイリアン生みの親のリドリー・スコット監督が、シリーズの原点に迫る作品を撮ったとして相当に期待していたのだが、どうにも途中からつまらない展開になってしまった。 ストーリー展開が飛躍しすぎて、ついていくのに色々と考えてしまい、映画に集中できなかったのだ。 そもそも、エイリアンと人類の起源を関連付けるという肝心な点が非常に分かりにくかった。というより、分からなかった。 この肝心なところがストレートに理解できなかったので、映画という表現形態にそぐわないと感じた。SF小説ならまだしも、次々と場面が進んでいく映画では、鑑賞するテンポが削がれてしまい、楽しめなかったのだ。 もちろん、映像は素晴らしく、おそらくフルCGのマッチョな古代人?のリアルさと、元祖エイリアンとの戦いは、くねくね具合といい、遊星からの物体Xとはちょっと品が違うと感じた。 今回は2
    • グロさNO.1、遊星からの物体Xファースト・コンタクト:オヤジの映画の見方

      1 userswww.movie.my-sapporo.com

      2012年8月13日(月) チラシも前作を踏襲?遊星からの物体Xファーストコンタクト これは期待していた通り、最強のグロさだ。 30年も前の前作の遊星からの物体Xも見たときは相当な衝撃だった。むしろ前作のほうが今よりショッキングな表現と感じた。前作のシェパードシベリアン・ハスキーの変身?シーンは、現代ではいくら本物ではないといえ、動物愛護団体などから確実にクレームが来るだろう。 ストーリーはほぼ前作通りの展開で、妙に安心して見ることができた。もちろん、犬のシェパード?シベリアン・ハスキーも登場する。最後はシェパードになりすましたエイリアンがアメリカの基地に向かい前作とつながるのだ。 改めて前作をLDで見ると、"ファーストコンタクト"の作りの良さがよく分かる。映画ファンの中でも遊星からの物体Xを何回も見る人たちはかなり少ないと思うが、ネタ切れのやたら続編が出る作品より、こちらのほうがはるかに
    • エイリアンの設定が残念:バトルシップ:オヤジの映画の見方

      1 userswww.movie.my-sapporo.com

      ザトウクジラ型宇宙船が弱すぎだ。 アクション、CG、俳優の演技ともなかなか良かったが、この手の宇宙からの侵略ものでいつも思うのは、数光年隔てた宇宙を飛んでくる技術力があれば、地球征服などあっという間に出来るだろうという事だ。 それがどうして地球に来るときに衛星に衝突するのか?全く意味不明だ。 しかもエイリアンがまるで地球人とそっくり。正体が明かされる前までは、もしかしたら宇宙服の中のエイリアンは、実は遥か昔に地球から分化した同じ人類かもしれないと思ったくらいだ。 最近の地球が突然エイリアンに攻め込まれる作品は、最後までエイリアンの目的がはっきりしない場合が多く、このバトルシップもそうだ。 世界侵略:ロサンゼルス大決戦ではタコ型?エイリアンだったが、あのような生命体ではコミニュケーションは困難だろうが、バトルシップのエイリアンはヒューマノイド型だ。 戦いには勝ったのだから、その後としてぜひ侵

    ニューアルバム「JAPANESE POP」9/8発売決定!! : 安藤裕子 : avex network

    1 users http://avexnet.jp/

    営業秘密侵害罪における処罰対象範囲の拡大等改正不正競争防止法が本日7月1日から施行: 知的財産ネタの雑記帳 [HIDEHARU's blog 1]

    1 users http://blog.hideharus.com/