• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    秋田の名山「鳥海山」と「由利高原鉄道鳥海山ろく線」(曲沢駅付近) - むらごんの思い込みWeblog

    秋田県由利本荘市羽後本荘駅と同市の矢島駅を結ぶ「由利高原鉄道鳥海山ろく線」。鳥海山雄大景色...

    ブックマークしたユーザー

    • muragon2017/05/27 muragon
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • 毛越寺「元朝詣り・浄土庭園ライトアップ」は初詣前の大晦日がおすすめ - むらごんの思い込みWeblog

      1 userswww.muragon.net

      大晦日の夕方から元旦の早朝にかけて、毛越寺(もうつうじ)の浄土庭園ライトアップが行われました。大晦日の夕方に行ってみると、拝観者の人がまばらでゆっくりと見ることができました。ライトアップを見るなら初詣で混雑する前、大晦日の夕方がおすすめです。1年のお礼を申し上げてきました。 毛越寺は嘉祥3年(850)、慈覚大師によって開山されました。奥州藤原氏二代基衡(もとひら)から三代秀衡(ひでひら)の時代に壮大な規模の伽藍が整備されたと伝えられています。往時には堂塔40、僧坊500もの伽藍を有し、中尊寺をしのぐ規模だったそうです。 現在は「大泉が池」を中心にした浄土庭園、平安時代の伽藍遺構が保存されています。国の特別史跡と特別名勝の二重の指定を受けています。現在の本堂は平成元年、平安様式にて建立されました。 ライトアップは12月31日16:00~1月1日5:00という案内でしたが、実質的には日没後の暗
    • 明治記念館「旧岩谷堂共立病院」=楼閣式明治初期建築= - むらごんの思い込みWeblog

      1 userswww.muragon.net

      奥州市江刺区岩谷堂にある明治記念館「旧岩谷堂共立病院」です。明治建築の遺構です。外観は3層ですが、4階建ての建物となります。 ”岩手県指定有形文化財 岩谷堂共立病院 指定年月日 昭和54年(1979)2月27日 位置 江刺市岩谷堂字向山42番地1 所有者 江刺市 岩谷堂共立病院 明治維新を機に、西洋医学の導入と病院建築の機運が高まり、明治2年(1870)以降の伊勢参宮者からの1円づつの献金と、寄付金を合わせ2千円余りの資金で建築が始められ明治7年(1875)7月堂共立病院の完成をみた。 診療の体制は診察方、調剤方と医薬分業による近代的な経営とし、翌8年(1876)1月20日正式開院となったものである。この計画と病院建築の推進に貢献した、ときの水沢県中属で第11大区取締の草津作の功績は大きい。大工棟梁は当時の郡棟梁、鴨沢村(広瀬)の及川東助で、院長は4月東京から招請して白河藩士、横田信行であ
    • 名古屋の老舗喫茶店 昭和レトロな「コンパル大須本店」でモーニング - むらごんの思い込みWeblog

      1 userswww.muragon.net

      昭和22年創業の喫茶店「コンパル」、昭和23年に現大須本店所在地に移転したそうです。今でも昭和レトロな雰囲気を残しています。 2016年7月22日にNHKの「ドキュメント72時間」で『名古屋 レトロ喫茶へようこそ 』として放送されました。 モーニングメニューにはハムエッグトーストがあり、名物はエビフライサンドのようです。今回はコーチン玉子サンドに目が行きました。 アイスコーヒーは、小さめのカップに入ったコーヒーと氷の入ったグラスがきます。苦みの効いたコーヒーをグラスにセルフで移します。 ソースが塗られた厚焼き玉子、シャキシャキのきゅうりがサンドされています。ふわふわの玉子とパン、シャキシャきゅうりの食感、ソースが食欲をそそります。 地元の人に混じって"にわか"名古屋民と老舗の喫茶店食を味わいました。 コンパル 大須本店 (喫茶店 / 上前津駅、大須観音駅、矢場町駅) 昼総合点-
    • 名古屋のレトロでお洒落な「覚王山」散歩(地図付き) - むらごんの思い込みWeblog

      1 userswww.muragon.net

      名古屋のレトロでお洒落な街、「覚王山」の散歩を紹介します(散策コースマップは最後)。名古屋の中心部は近代的な建物が立ち並び、大都会という印象ですが、覚王山(かくおうざん)地区はレトロな雰囲気とお洒落なお店が混在する魅力的な街です。 日本で唯一お釈迦様の遺骨を安置する寺院「日泰寺」が核となり広がった街だと思います。 名古屋は、木曽三川(木曾川・長良川・揖斐川)によって形成された沖積平野である「濃尾平野」のイメージが強く、平坦な街並みだけのように思っていました。覚王山一帯は起伏に富んで坂道が多い場所でした。 日泰寺の参道から西側エリアを進んで行きます。 急な坂道があります。 急な坂道の下には段丘のような地形。 長~い坂道も。 四観音道の案内板 日泰寺参道の一本西側の道は「四観音道」と呼ばれる古道です。 ”四観音道 江戸時代の中期から、名古屋城を囲む尾張四観音(甚目寺、荒子、笠寺、竜泉寺)を巡拝

    XSとXLの洋服が同じ値段なのおかしくない?

    1 users https://anond.hatelabo.jp/

    Top Travel Insurance Companies | Jackobian Forums

    0 users http://www.jackobian.com/