• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
daybeforeyesterday daybeforeyesterday うーむ

2016/03/24 リンク

amd64x64 amd64x64 オウム真理教

2016/03/23 リンク

symphonicworks symphonicworks 微弱な電気刺激が脳を活性化する仕組みを解明-ノルアドレナリンを介したアストロサイトの活動が鍵-| 理化学研究所

2016/03/23 リンク

    関連記事

    微弱な電気刺激が脳を活性化する仕組みを解明 | 理化学研究所

    要旨 理化学研究所理研脳科学総合研究センター神経グリア回路研究チームの毛内拡研究員、平瀬肇チー...

    ブックマークしたユーザー

    • k191262017/11/14 k19126
    • coldcup2016/04/23 coldcup
    • daybeforeyesterday2016/03/24 daybeforeyesterday
    • amd64x642016/03/23 amd64x64
    • symphonicworks2016/03/23 symphonicworks
    • repunit2016/03/23 repunit
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • 先天性側弯症と脊椎肋骨異形成症は一連の疾患群である | 理化学研究所

      1 userwww.riken.jp

      理化学研究所(理研)生命医科学研究センター骨関節疾患研究チームの池川志郎チームリーダー、大伴直央大学院生リサーチ・アソシエイト(慶應義塾大学医学部医学科博士課程)らの共同研究グループ※は、先天性側弯症(CS)[1]、脊椎肋骨異形成症(SCDO)[2]におけるTBX6遺伝子[3]の機能喪失の主な機序を同定し、このニつの疾患が一連の疾患群を形成していることを明らかにしました。 本研究成果により、これら難治性疾患の病態の解明が進むと期待できます。 CS、SCDOは、ともに脊椎および肋骨に奇形を生じる疾患です。変形が重度な症例は、呼吸障害を来し、最悪の場合は生命の維持が危ぶまれます。そのため、CS、SCDOは厚生労働省の難治性疾患に登録されています。 今回、共同研究グループは、CS 196例、SCDO 4例の日本人患者において、TBX6遺伝子の変異の検索を行いました。新規および既知のミスセンス変異
    • 昆虫の外骨格にナノサイズの穴が開く仕組み | 理化学研究所

      2 userswww.riken.jp

      理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター形態形成シグナル研究チームの安藤俊哉研究員(研究当時、現 基礎生物学研究所 進化発生研究部門 助教)、林茂生チームリーダー、超微形態研究チームの米村重信チームリーダー、脳神経科学研究センター知覚神経回路機構研究チームの風間北斗チームリーダーらの共同研究グループ※は、ショウジョウバエの嗅覚器官(嗅感覚毛)が持つ微細な穴構造(ナノポア)の形成過程を明らかにし、ナノポア形成に関わる遺伝子を発見しました。 本研究成果は、昆虫の外骨格を形成する「クチクラ[1]」表面で、多彩な機能を発揮する微細構造ができる仕組みと、その起源を解明する端緒となると期待できます。 昆虫の嗅感覚毛を覆うクチクラには多数のナノポアが発達し、体内の水分の漏洩を制限しつつ、空気中の匂い分子を効率的に取り込みます。このような体表面の微細構造には、構造色[2]、撥水性などさまざまな機能を発
    • ミトコンドリアゲノムの欠失阻止機構を解明 | 理化学研究所

      1 userwww.riken.jp

      理化学研究所(理研)環境資源科学研究センターケミカルゲノミクス研究グループの凌楓専任研究員らの研究チーム※は、出芽酵母[1]のミトコンドリアゲノム[2](mtDNA)の欠失を阻止する新たなメカニズムを発見しました。 本研究成果は、ヒトの健康寿命を延ばすことや、遺伝病の一種であるミトコンドリア病[3]対策に貢献すると期待できます。 ミトコンドリア[2]は、酸素呼吸を通して細胞エネルギーを生産する役割を担っており、そのゲノムであるmtDNAは細胞の呼吸機能に不可欠なタンパク質群をコードしています。そのため、mtDNAの一部が欠失する変異が起こると、呼吸機能に欠かせない遺伝子が欠落した小さなmtDNA分子が生成され、生物の呼吸機能に悪影響を及ぼします。ヒトでは、加齢に伴って欠失変異型mtDNAが増加し、細胞内に蓄積していきます。この現象は、パーキンソン病やがん、ミトコンドリア病の発症と密接に関連
    • 均一な構造の抗体-薬物複合体 | 理化学研究所

      1 userwww.riken.jp

      理化学研究所(理研)開拓研究本部伊藤細胞制御化学研究室の眞鍋史乃専任研究員と山口芳樹客員研究員、株式会社伏見製薬所の伏見豊社長、日本ウォーターズ株式会社の廣瀬賢治マネージャー、国立がん研究センターの松村保広分野長らの共同研究グループ※は、抗体の糖鎖構造を改変しつつ糖鎖部分に薬物を結合させた均一な構造の「抗体-薬物複合体(ADC)」を作製する手法を開発しました。 本研究成果は、薬物動態、安全性、再現性に優れたADCの製造に貢献すると期待できます。 抗体医薬[1]の一種であるADCは、抗体の特異性により効果的に薬物をがん組織に運び、酵素依存的または徐々に薬物を放出するため、副作用の少ない医薬品として期待されています。一方、現在使用されているADCは、抗体に結合する薬物の数や位置が異なる複数の化学種から構成されており、薬物動態や再現性などの観点から、均一な構造のADCの合成法が求められていました

    第110回医師国家試験の合格発表について|厚生労働省

    2 users https://www.mhlw.go.jp/

    第109回歯科医師国家試験の合格発表について|厚生労働省

    2 users https://www.mhlw.go.jp/