• 人気コメント (5)
  • 新着コメント
  • すべてのブックマーク

  • saizo_s saizo_s いいか悪いかは誰が決めるんだか知らないけど、作品そのものを批判すりゃあいいものを、わざわざ他人が「楽しんだ」という体験を否定しにかかるのは、野暮だなあと思う。
  • myogab myogab 主観的な感想の良否と批評の優劣は別次元。最低の下らない映画で泣ける事もあれば、高尚な優良映画で寝ることもある。
  • otoan52 otoan52 元の話は「アウトか」ではなく「タブーか」だったような。大抵はアウトだけどタブーではないと思う。例えば、タチの悪いヘイトスピーチな映画を無批判に受け入れている人がいたら、自分は論拠をあげて批判すると思う
  • chitosemidori chitosemidori 美味しんぼで山岡士郎がMSユーザーを攻撃する回を思い出します(笑)人格批判は完全に行きすぎ。却って自分自身の狭量さをさらけ出すようなものですもんね。
  • saiusaruzzz saiusaruzzz 書きました。この件については日頃から思うところが多い。逆に「言い方は少しキツいけど、内容への批判だからOKでは?」というのがダメだというのも、それはちょっと…と思う。難しいところ。
  • osappiro osappiro その通り!よし、とりあえずラ・ラ・ランド観てくるかなー。
  • ma-corpus ma-corpus 内容全体にもそうですが、論拠を示した批判はいいけれど、根拠薄弱な主観的な悪口は我慢できないの?という部分にとても共感しました。結論自分の気が空くことを批評と呼ぶのは中々難しいなと思います。
  • hangtime1532 hangtime1532 それでもその手の人って多いですよね。ひと言が余計な人って。。
  • buzama-www_pipipipipi buzama-www_pipipipipi 不特定多数に行う批判であれば、度を超えなければネタになるけれど、個人を限定して行うならば単なる人格攻撃になってしまう。対等関係での争いが出来る相手にならば、喧嘩を売るのはありかもしれないけれど。
  • iwatako iwatako まあ考え方は人それぞれと言うことで・・・しかしなんてちゃんとした文章なんだ。僕とは全然違う。
  • japan-tama japan-tama "論拠のない批判は、批判としての態をなしていないのですが、こと人格批判に関してはよほどの有名人でない限り、論拠の示しようがないと思います。"
  • mocchi_blog mocchi_blog 映画に限らず本当幅広く言える事ですよね。/いつも思いますが、うさるさんの様にしっかりとした意見が言える人になりたいです。納得と感心がつまった記事でした(*´ω`*)
  • ponkotsu1215 ponkotsu1215 好き嫌いもありますよね(〃^∪^〃)
  • quick_past quick_past 例えば漫画は美麗なイラストの羅列ではないし清書して色を塗らないと無意味なんてことはない。スケッチしか残らなかったボツ曲が大きく取り上げられることもあるし、ほどほどのバランスが魅力を倍増させる作品もある
  • ifttt ifttt 「これを褒めてる奴は馬鹿」みたいな言い方って結局借り物の言葉な気が。(みんな、そうだろ?)とか(ってみんな言ってました)が行間に省略されてるような。「これ好きな人とは仲良くしたくありません」位でいい。
  • nagaihksk nagaihksk ちょうどララランドの感想記事書いたところだったからドキっとした←
  • myogab myogab 主観的な感想の良否と批評の優劣は別次元。最低の下らない映画で泣ける事もあれば、高尚な優良映画で寝ることもある。
  • orangehalf orangehalf 作品の良し悪しと好き嫌いは別軸だものね。たとえばB級映画好きだという人に作品のクオリティ低いのにこんなの好きなのセンスないんじゃないって批判してもしょうがないよねって話かと
  • otoan52 otoan52 元の話は「アウトか」ではなく「タブーか」だったような。大抵はアウトだけどタブーではないと思う。例えば、タチの悪いヘイトスピーチな映画を無批判に受け入れている人がいたら、自分は論拠をあげて批判すると思う
  • mionhi mionhi 山岡さんの悪口はそこまでだ。美味しんぼの登場人物はそんなやつばっかだけどな
  • saizo_s saizo_s いいか悪いかは誰が決めるんだか知らないけど、作品そのものを批判すりゃあいいものを、わざわざ他人が「楽しんだ」という体験を否定しにかかるのは、野暮だなあと思う。
  • zetakun zetakun 土俵の外から何かを批判するってのは簡単だよね。何でも言いたいこと言える。批判にも流儀があっていいと思うんだな。その一つがコレよ、たぶん
  • NOV1975 NOV1975 この話だと「頭が悪い」が余計なだけで本物の映画を見たことがない、まではいいんじゃね?いやそんなことないxxは本物の映画だ的な応酬から理解が進むといい
  • REV REV 何を言おうと表現の自由、って人の他人のコメントに対する反応が気になる
  • saiusaruzzz saiusaruzzz 書きました。この件については日頃から思うところが多い。逆に「言い方は少しキツいけど、内容への批判だからOKでは?」というのがダメだというのも、それはちょっと…と思う。難しいところ。
  • chitosemidori chitosemidori 美味しんぼで山岡士郎がMSユーザーを攻撃する回を思い出します(笑)人格批判は完全に行きすぎ。却って自分自身の狭量さをさらけ出すようなものですもんね。
  • butao_o butao_o めっちゃ納得しました。井筒監督に抱いていた不快感のメカニズムが、この記事を呼んではっきり理解できました。井筒監督はある意味あれを芸としてやってる気もしますが、解っていてもやっぱり不快。
▼ ブログで紹介する
最終更新: 2017/03/10 12:37

ユーザーはみんなでブックマークを共有して、効率良く情報収集しています。あなたもはてなブックマークを始めてみませんか?

関連エントリー

関連商品

同じサイトのほかのエントリー