• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    書籍「図解 数字が上がるコールセンターのつくり方」[書籍・執筆]:市場通信

    電話コミュニケーションスペシャリスト市場通信が、教育研修コンサルティングコールセンターを...

    ブックマークしたユーザー

    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • こんなモニタリング・フィードバック改善事例もあります!?[コールセンターブログ]:市場通信

      1 userswww.shijo24.com

      電話コミュニケーションのスペシャリスト市場通信が、教育・研修・コンサルティングでコールセンターを変える。 モニタリングはコミュニケーターの方のスキルアップやモチベーションの維持に欠かせません。これまでに何度も述べてきたことです。 コールセンターにおいて、モニタリングを継続的に実施することで、個々のコミュニケーターのレベルアップだけでなく、センター全体の品質改善に直結します。 ところが、何度モニタリング・フィードバックを繰り返しても、なかなか改善につながらないケースがあります。今回はここに焦点をあててみました。 あるセンターで、品質管理担当者を中心に継続的にモニタリングを実施したときのことです。何度モニタリングを実施しても、最低ランク付近で低迷しているコミュニケーターがいました。 しかも、いつも指摘される内容は同じで、全く改善の兆しが見られません。このセンターでは、改善のスピードの差こそあれ
    • 誰がする?モニタリングのフィードバック[コールセンターブログ]:市場通信

      1 userswww.shijo24.com

      電話コミュニケーションのスペシャリスト市場通信が、教育・研修・コンサルティングでコールセンターを変える。 モニタリングのフィードバックは誰がするのが良いのか コールセンターにおける品質向上には、実際のオペレーション内容をチェックするモニタリングとフィードバックは欠かせません。しかし、そうした活動は大きな労力を必要とし、かつ多くの費用が投じられています。 残念ながらその効果を最大限に活かせていないケースは意外と多いものです。 体制や計画は組まれているものの、徐々に本質的な活動からはかけ離れてしまい、「管理のための管理」となってしまっているケースは珍しくありません。品質管理の担当者自身も、ルーチンワーク化している業務として、普段は手応えなく遂行しているのです。 一方で、コールセンターの上層担当者はモニタリングとフィードバックが人材育成の最大の手段と認識していることも多いのですが、実際は年に数回
    • コールセンターの応対品質管理は平均値よりも分布!?[コールセンターブログ]:市場通信

      1 userswww.shijo24.com

    • コールセンターの新人教育トレンドに対応したNEW研修プラン[コールセンターブログ]:市場通信

      1 userswww.shijo24.com

    セレブ ワンピ

    1 users http://www.seesawsean82.com/

    タイダイ マキシ ワンピ

    1 users http://www.seesawsean82.com/