• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    Google +1(プラスワン) ボタンを有効にする方法 - ソーシャルメディアマーケティング(SMM).jp

    Google +1が発表されましたね。facebookgoogleがどう新しい機能を追加していき、お互い差をつけようと...

    ブックマークしたユーザー

    • kinnikum2011/04/04 kinnikum
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - テクノロジー

    新着記事 - テクノロジー

    同じサイトの新着

    • ソーシャルメディアマーケティングおたくになるための海外サイト10選 @tomohiko11 - ソーシャルメディアマーケティング(SMM).jp

      72 userswww.socialmediamarketing.jp

      この記事に共感したので真似してみました。 ネットビジネスおたくになるための海外サイト10選 | Fringe81 blog この手のサイトを読むのが好きで毎日読んでいるのですが、上記の記事で紹介されていた中で知らないサイトがありました。専門サイトを運営している人同士がサイトを紹介しあうのは有意義かもと思ったので、同じように書いてみました。 Web Strategy by Jeremiah Owyang たまに新しいフレームワークを提唱しているブログです。思考を整理して計画を立てるときに役に立つ情報が多数掲載されています。 ときどき出しているレポートもデータが豊富で参考になります。 Inbound Internet Marketing Blog | HubSpot インバウンドマーケティングに関連したブログです。具体的ですぐにでも行動に移せる方法を紹介している記事が多く参考になります。なお、
    • ソーシャルメディアマーケティング実施の流れとタイのソーシャルメディア環境に関するスライド @tomohiko11 - ソーシャルメディアマーケティング(SMM).jp

      1 userswww.socialmediamarketing.jp

      たまにタイで働いていまして、バンコクでIT系の仕事をする人が集まるバンコクITオフ会というイベントに参加させてもらっています。 そこから派生して始まった勉強会にも参加してまして、そこで先日ソーシャルメディアマーケティングについてプレゼンテーションする機会をいただいたので、使ったスライドを公開します。 20120111バンコクitオフ会ソーシャルメディアマーケティング View more presentations from unimon_th 簡単にではありますが、 ソーシャルメディアマーケティングとは何か スマートフォンやSNSの普及状況などタイのソーシャルメディアを取り巻く環境 具体的にどのようなステップで取り組むか について説明しています。 「誰でもできる」とありますが、別にサービスを売るための資料ではありませんので、即効性のある施策についてはあまり触れていません。 スライドには書い
    • Twitterでつぶやくと無料で音楽がダウンロードできるプロモーション - ソーシャルメディアマーケティング(SMM).jp

      1 userswww.socialmediamarketing.jp

      Twitterでつぶやくと無料で音楽をダウンロードできるようになるというプロモーションがあるそうです。 Twitter Marketing: Free Downloads for Your Tweets Mashable メルマガに登録すると無料レポートが読める 友達にメールで紹介するとサイト内のポイントがたまる といったようなプロモーションと似てますね。 サービス立ち上げ直後などに加速したいときや、期間限定のキャンペーンをやるときに向いている気がします。
    • Facebookファンページの制作・運用代行会社まとめ(18社 50音順) - ソーシャルメディアマーケティング(SMM).jp

      32 userswww.socialmediamarketing.jp

      Facebook流行してますね。2011年の第1四半期だけで8,000万人も会員を増やして、現在6.6億人ほどだそうです。 ビジネスでの活用も増えているようで、最近個人的にもFacebookのファンページについて質問される機会が増えてきました。 今後も聞かれる機会は増え続けそうなので、よい会社を紹介できるようになりたい、もし案件によって自前で提供することになるにしても金額感をちゃんと把握しておきたいと考えて、検索しつつ調べてみました。 とりあえず会社サイト内に専用のURLが用意されているか、ファンページを運用しているところだけをまとめてみました。 社名、サービスのURL、ファンページのURL、金額です。 各社のファンページはその会社がどのくらいFacebookを使いこなしているのかを判断する材料になると思います。 価格は数万円から100万円までピンキリです。サービス内容はファンページ初期制

    料金の仕組みとご利用条件 | サービス・機能 | NTTドコモ

    2 users https://www.nttdocomo.co.jp/

    オリオン株式会社

    5 users http://www.orion.co.jp/