• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    【アスタキサンチンの効果】やサプリメントの選び方。

    近年、アスタキサンチンの持つ抗酸化作用に注目が集まっているのには理由があります。 これはアスタキサ...

    ブックマークしたユーザー

    • anicore2018/02/06 anicore
    • life-make2017/08/02 life-make
    • xpipitoto2011/03/25 xpipitoto
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • ストレスから心身を守るラクトフェリンの作用。

      1 userswww.sup-search.com

      ラクトフェリンは脳に効く! ラクトフェリンの多彩な効果の中でも、いま最も注目されているのが、脳や神経系に対する作用です。 脳は体の中でも極めてデリケートな組織である為、その中へ入ることが出来る物質は限られており、不要な物質は「血液脳関門」で除外されてしまいます。 ところが、ラクトフェリンは血液にのって脳の入口へと運ばれ、血液脳関門を通過して脳内へ入っていくとされているのです。 では、下記よりラクトフェリンの脳内での活躍を紹介します。 赤ちゃんラットによる実験から、ラクトフェリンにはストレスに対する抵抗力を高める働きがあることが知れらています。 さらにラクトフェリンは、生化学的な側面からも抗ストレス作用の検証が行なわれています。 通常、人でもラットでも、ストレスが加わると血液中に抗ストレス作用をもつ副腎皮質ホルモン(コルチコステロン)が増えますが、ラクトフェリンを与えてからストレスを加えた赤
    • 【グルコサミンの効果や副作用】

      1 userswww.sup-search.com

      なぜこれほどグルコサミンが必要とされるのか。 それは、関節をスムーズに動かす為に欠かせない成分だからです。 関節と関節の間には軟骨があり、曲げたり伸ばしたりする動作を円滑に行うためのクッションの役割を担っています。 グルコサミンは、軟骨に弾力性と柔軟性を与える「プロテオグリカン」と呼ばれる成分の主材料となっています。 また、グルコサミンには、軟骨細胞に働きかけ、新たな「プロテオグリカン」の生成を促進させる作用もありますので、健全な軟骨生成に欠かせません。 私たちを含む動物には、体内でグルコサミンを生成する能力が備わっています。しかし、加齢や肥満、運動不足などの要因によって、グルコサミン生成能力が衰えると、軟骨の新陳代謝が低下して、関節に障害を起こすようになってしまいます。 多くの方が悩み苦しんでいる関節痛は、その殆どが軟骨の減少によって骨と骨が接触することで起こります。 グルコサミンは、軟
    • 【コンドロイチンの効果や副作用】

      1 userswww.sup-search.com

      「コンドロイチン」という名を私たちが知ったのは、現代人の多くが苦しんでいる関節痛の緩和に効果的だと言われてからではないでしょうか。 実はコンドロイチンは、1930年代に偏頭痛に対する効果が報告されて以来、世界各国の医療施設で、内科・整形外科・皮膚科・眼科・耳鼻科などあらゆる方面の治療に応用され、高い効果をあげているのです。 その中には、ガンや動脈硬化、リウマチ、腎炎などの難治の病気に顕著な効果を示した例も多数あります。 現在では、優れた保水性を持つことから、美容への作用にも注目されており、化粧品成分としても用いられています。 下記よりコンドロイチンの効果等を詳しく解説していますので、ぜひご覧下さい。 下記に、代表的なコンドロイチンの効能を紹介します。 水分をしっかりキープして、肌の潤いを守ります。 コラーゲン繊維を正常に保ち、肌のハリを維持します。 血液をキレイにして、血管を若く保ちます。
    • 【L-カルニチンの効果が全てがわかる。】

      2 userswww.sup-search.com

      最近のダイエットサプリメントには、殆どと言ってよいほどL-カルニチンが含有されています。 これは、ダイエットの対象である余分な脂肪を、生命活動に欠かせないエネルギーに変換する効果を持つ為です。 食事の量を減らしても、運動に励んでもなかなか体重が減らない人は、L-カルニチンの不足が第一に考えられます。 下記に、脂肪燃焼効果を詳しく解説していますので、ぜひご覧いただき、ダイエットにL-カルニチンを役立てて下さい。 筋肉細胞の中に入ってきた脂肪酸をミトコンドリア(エネルギー生産を行なう細胞中の器官)内部へ運搬する重要な役目をL-カルニチンは持っています。 ミトコンドリアとは、二重の膜で覆われた構造をしており、脂肪酸がその膜を通過する為にL-カルニチンの助けが不可欠なのです。 つまり、体内でL-カルニチンが不足すると、脂肪酸を効率良くエネルギーとして利用できなくなり、疲れやすい体になってしまいます

    ペット ミニチュア・ダックスフントのしつけ方 (やさしいしつけシリーズ) [単行本]

    1 users http://happypet.web.fc2.com/

    INTERNET-プレスリリース--サイボウズ、学生クリエイターを対象とした「サイボウズ・ラボユース」創設

    2 users https://internet.watch.impress.co.jp/