• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    マジックナンバー0x10000004の謎 - BSD小僧の日記

    このエントリNetBSD Advent Calendar 2015の8日目です。 結論から言うと、本件はまだ解決していません...

    ブックマークしたユーザー

    • yyamano2015/12/08 yyamano
    • kjw_junichi2015/12/08 kjw_junichi
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • 2015年12月08日 - BSD小僧の日記

      1 userswww.tokuda.net

      このエントリはNetBSD Advent Calendar 2015の8日目です。 結論から言うと、本件はまだ解決していません。 時間切れではなく実力不足ですいません。 ■ きっかけ OSC 2015 Tokyo FallにてUSBシリアル2015, NetBSD/evbmips on Linino ONEでUSBシリアルの話とLinino ONEでNetBSDを動かす話をしました。 Linino ONEという小さなMIPSマシンにNetBSDを移植した話なのですが、このなかで一番最初に実行されるlocore.Sの冒頭でダンマリになってしまう現象に悩まされていました。その際、NetBSD Developerの西村さんからヒントをいただいて、無事に先に進んだという部分があります。まさに、エスパーによるリモートデバッグといえましょう。 先に進んだのは良かったのですが、見よう見まねでステータスレ
    • BSD小僧の日記

      1 userswww.tokuda.net

      さて、第1回から第13回までrpi_start.Sを一通り読むことができました。 まだまだ、わからないところも多いですが、ARMアセンブリ言語も知らず、ARMアーキテクチャもまるで分らない状態からすれば、ずいぶんとやっていることがわかるようになりました。 処理の大まかな内容は次のような感じでしょうか。 割り込みを禁止する L1ページ変換テーブルを0に初期化 最低限のマッピングをL1ページ変換に設定 各種キャッシュをOFF L1ページテーブルをセット コントロールレジスタを調整 MMUをON スタートルーチンへジャンプ ARMのアセンブリ言語に対しては、命令もオペランドも種類が豊富すぎで、けっこう苦労しましたが、WebのARMアセンブリ言語の入門ページを見ながら、なんとか読み進められました。 一方、mcr, mrcによって操作される、ステータスレジスタ等々、CPUアーキテクチャに依存する部分
    • APC8750にNetBSD/evbarmを移植するための記録 2/28 ~ 3/15 - BSD小僧の日記

      2 userswww.tokuda.net

      NetBSDは多くのハードウェアで動作するので、色々なハードウェアを買ってきては動かして楽しんでいましたが、いつかは先人のように新しい機械に移植したいと思いつつ、いつも途中で挫折してきました。 ここ最近のARMアーキテクチャの隆盛をみていると、ほとんど同じだけどちょっと違う、みたいなハードウェアがたくさんあって、ちょっとした修正でNetBSDを移植した感動を味わえるんじゃないかと思い、入手したのがVIAのAPC8750です。 10/24の日記にも書いたとおり、シェルからコマンドを実行できる程度に動いたので、その顛末を記録しておこうと思いました。 実は、移植を始めた当初は記録をまともにつけておらず、ちゃんと記録を付け始めたのは8/24のようです。それまでの作業はTwitterと記憶によって補完したものです。 ということで、8/24まではアッサリ味でいきます。 ■2/28 移植用のARM板を探
    • Raspberry Piのブートプロセスを想像する - BSD小僧の日記

      1 userswww.tokuda.net

      Raspberry PiのLinuxイメージの中身をみて、どういう仕組みでブートしていたのかを想像していたときの記録が出てきたのでメモとして残しておきます。 disklabeはこんな感じ。MSDOSとext2パーティションが見えています。 # size offset fstype [fsize bsize cpg/sgs] d: 32235520 0 unused 0 0 # (Cyl. 0 - 15739) e: 114688 8192 MSDOS # (Cyl. 4 - 59) f: 3665920 122880 Linux Ext2 0 0 # (Cyl. 60 - 1849) MS-DOSパーティションをマウントして中を見てみます。 # ls /mnt arm128_start.elf cmdline.txt kernel_emergency.img arm192_start.el

    Steam Community :: :: #Full show S031E013# - Watch Survivor season 31 Episode 13; Online

    1 users http://steamcommunity.com/

    Steam Community :: :: #Full show S03E010# - Watch The Goldbergs (2013) season 3 Episode 10; Online

    1 users http://steamcommunity.com/