• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
hitorimisogi hitorimisogi ヤマハのVRとかに使えそうな手袋型のモーションセンサ

2017/03/30 リンク

    関連記事

    Stretchable Strain Sensor | Y2 PROJECT

    ヤマハ(株)は、ゴムのように伸縮する変位センサーを開発しました。センサーテキスタイルに装着して...

    ブックマークしたユーザー

    • hitorimisogi2017/03/30 hitorimisogi
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • HEARTalk™ | Y2 PROJECT

      3 userswww.y2lab.com

      PROJECT HEARTalk™ 心が感じられる音声対話システム HEARTalk™ 『HEARTalk™』って何? 「機械やロボットとはどうして話しにくいんだろう?なぜ、すぐに機械の声と解ってしまうんだろう?」。こんな単純な疑問から生まれたのが自然応答技術『HEARTalk™』です。『HEARTalk™』を使えば、機械がまるで心を持ったかのように自然に相槌を打ってくれるのです。 仕組みはどうなっているの? 元々、人間同士の会話では、うれしそうに話しかけられた時には明るく返し、悲しそうな時には抑えた調子で返事をします。このように、互いの調子を合わせ、共鳴共感を伝え合うことで円滑な意思疎通を図っています。これに対し、機械やロボットはどんな呼び掛けに対しても同じ調子で返答するために不自然になり、すぐに人工音声と分かってしまいます。そこで注目したのが、人の声の強弱、長短、高低、間、抑揚などから
    • Audio Beat Sync | Y2 PROJECT

      1 userswww.y2lab.com

      PROJECT Audio Beat Sync 人の刻むビートを追従する技術 "Audio Beat Sync" 音楽の鼓動であるビート。もし、人が演奏するビートに機械が合わせてくれたなら。たとえば、どんどん情動的に、どんどん速くビートを刻むバンドとシンクロして、ステージを盛り上げる映像や照明。もしくは、子供が陽気に叩くタンバリンに合わせて踊るロボット。そんな、人のきまぐれに一緒に付き合ってくれる機械があれば、音楽の楽しみ方もより増えるはず。 しかし、そのためには演奏される音から、ビートを逐次検出する必要があります。そこで、リアルタイムで演奏される音からビートを検出する技術 Audio Beat Sync を作りました。 もうちょっと詳しく Audio Beat Syncは、パーカッション/ドラム/バンド演奏の音を入力すると、ビートをリアルタイムに検出する技術です。検出されたビートを外部機
    • ViReal™ | Y2 PROJECT

      2 userswww.y2lab.com

      普段何気なく聴いている音は、いろんな方向から聴こえてきます。例えば、鳥の鳴き声は鳥のいる方向から、足音は足下から、傘に当たる雨粒の音は頭上から聴こえます。しかし、この何気ない音の方向性をバーチャルな環境の中で作り出すのは実はとても大変なことです。なぜなら、人が音を知覚する仕組みは非常に複雑で、左右の耳に入るわずかな音の違いを聞き分けて方向を判断しているからです。 ViReal™は、左右の耳に入る音を制御することで、ヘッドフォンで聴いている音を自由自在に動かすことができる技術です。つまり、音を三次元空間のどこにでも配置することができるのです。 ヘッドフォンかイヤフォンで聴いて下さい。 (低解像度での視聴では音声の品質も低下するため、1080p以上の画質設定でのご視聴をおすすめします) *1 仕組みは? 音が発生してから空気中を伝播し耳元に届くまでの音の変化を、忠実に再現しています。ここでポイ
    • REPORT -「人工知能演奏システム」による機械と人間との演奏コラボレーション | Score Alignment | Y2 PROJECT

      2 userswww.y2lab.com

      2016年5月19日(木)に東京藝術大学奏楽堂で開催されたコンサート「音舞の調べ~超越する時間と空間~」において、「人工知能演奏システム」による機械と人間との演奏コラボレーションというAI技術を駆使し芸術性を追求した実験的試みが行われ、無事に終了いたしました。 今回のコンサートの出演者は、蘇った巨匠リヒテルと現代の名演奏家集団ベルリンフィル・シャルーンアンサンブル。披露した曲目は、シューベルト ピアノ五重奏曲イ長調 D667 《鱒》の第4、第5楽章。人工知能演奏システムによるリヒテルと名演奏家のアンサンブルを聴いた観客からは大きな拍手が沸き起こり、シャルーンアンサンブルのメンバーからは喜びの笑みがこぼれました。 相手が過去の巨匠であろうと誰であろうと、お互いの演奏を尊重し合いながら息のぴったり合った演奏を行えるようにすること。世界初とも言える今回の挑戦は未来の楽器のあり方を追求するための着

    【リオ五輪】“安倍マリオ”が世界を魅了 韓国紙「憎らしいほど楽しく平和のメッセージを伝えた」 - 産経ニュース

    1 users https://www.sankei.com/

    30586 Object Pascal Handbook by Marco Cantu - Updated for 10.1 Berlin

    1 users http://cc.embarcadero.com/